FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  NRD-545 >  NRD-545(2)

NRD-545(2)

1f83d.jpg


本日は誕生日休暇で在宅です。

NRD-545の開腹手術でもしようかと思い上カバーと、ついでに下カバーを開けました。下の10/14のBlogで、「基板間は同軸ケーブルで接続されているわけではありませんでした」と書きましたが、写真のように下カバーを開けてビックリ玉手箱、各プラグイン基板のうちRFの信号線のみ1.5Dの同軸ケーブルで基板間の配線がされていました。ちょっとガッカリですが、逆に基板を傷つけないでナロー化するにはいいかもしれません。


しかしながら、IFフィルタを換装しないで追加で入れることになりますので、挿入損失が5~7dBほど発生します。バッファアンプを入れて補償する手もありますが、さてどうしたものですか?


ところでNRD-545の内部を見ていて、かなり空間がありますので、もし仮に骨までしゃぶり倒すのであれば、ルーフィングフィルタ3段切替、外部基準周波数入力、DRM用IF出力など装備できそうです。
スポンサーサイト



[ 2006/10/18 10:35 ] NRD-545 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...