FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  フェライトコア >  フェライトコアのお遊び(7)

フェライトコアのお遊び(7)

2203b.jpg

455kHzでQを稼ぐには、やはり#2材が好適であろうと、いみじくも自分で納得する結果になりました。トロイダルコア活用百科増補版によれば(最新の改訂版ではないです)、420ページにT200-2の最高Q条件という項目があり、そこには製造メーカーであるマイクロメタル社の公開データを基にしたピークQのグラフが出ています。それによれば、T200-2のピークは1.9MHzあたりにあり、約Q=440と読み取れます。同じ#2材のT184-2では若干低域にピークがあり、1.4MHzくらいでQ=440程度のようです。


これは透磁率から見ると、より小径のT184の方が優れているので、納得できるデータだと思います。マイクロメタル社の基になるデータを探しましたがうまく見つけられず、代わりに見つけたデータがあります。その中からFig.4を切り出したのが画像のグラフです。455kHzのラインに青い線を書き入れました。#2材の各サイズにて300μH固定条件ですが、T200-2ではQカーブの下り坂になりますが、#2材ではT200-2が一番Hi-Qのようです。あとは、ただひたすらに242回巻きをするだけです(^^; それともコアを二段重ねにして巻き数を1/√2、つまり171回に、せめてものアガキをしましょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...