FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  受信機 >  IC-R9500 (4)

IC-R9500 (4)

268dd.jpg

IC-R9500 の内部の写真がなかなか出てきません。いつもなら、これみよがしにトロイダルコアとリレーがたくさん並んだ写真とか出てくるのですが、今のところ5個あるルーフィングフィルタやDSPチップの写真くらいですね。買える、買えない、買いたくない、何でもよいのですが、中がどんな構造になっているのか興味があります。


IC-R9500の取扱説明書 を読んでいたら、保守-分解手順のところに略図ではありますが、雰囲気が伝わってくるようなイラストが出ていましたので上に貼りました。ほんどのアマ機、およびHF-1000Aなどの半分業務機でもそうなのですが、受信機の上カバーを外せば、すぐそこに基板が見られる状態が当たり前でした。JRCのアマ機、業務機でもプラグイン基板になっているだけで、やはりカバーの下はそのまんまなのです。ところが、このIC-R9500はこのイラストのように、上カバーの中にシールドケースがあり、それを外さないと基板を拝めない構造になっています。150万とも200万ともいうような受信機、ましてや電波監視業務用などというからにはどんな構造なのかと興味がありましたが、このあたりの段階までは構造もR&Sの香りを感じさせます。
スポンサーサイト



[ 2007/01/19 22:33 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...