わが町 守山区 TOP  >  お寺 >  大森寺(1)

大森寺(1)

大森寺20120917-0
名鉄瀬戸線の大森金城学院前からすぐ近くにある名刹・大森寺さんで本堂、書院の建てなおし
工事が始まっています。このお寺さんの前の道はよく通り抜けますが、7月末日より工事が
始まっていたのは気が付きませんでした。
本日は、ゆったり忍者先生の情報で、大森寺さんをお尋ねしてまいりました。




大森寺20120917-1
山門の両脇には大きな告知が置かれていました。右側に「本堂再建」、左側に「勧進」と
あります。




大森寺20120917-2
大森寺さんは尾張徳川家に由緒があります。
この教育委員会の説明板のように、二代藩主光友公の御生母乾の方様のお墓があります。




大森寺20120917-3
山門を過ぎると空を覆わんばかりの森になります。




大森寺20120917-4
しかしながら、かなり多くの敷地が工事のために地ならしされてしまいました。



大森寺20120917-5
その工事で雑木、雑草が伐採され、かような石像が森の中から白日のもとになったとの
情報が、守山探検隊の「ゆったり忍者」先生のブログ「わが縄張ブラリ散策」に載りました。
守山郷土史研究会の会誌「もりやま」第7号の「守山の石造物(その3)」の大森寺の項には
載っていない石像です。男女二体の双体道祖神で、しかも屋根付き、菊の御紋入りです。
菊の花びらは天皇家の十六菊ではなく、十弁の十菊です。



大森寺20120917-6
かたわらにはお社がありました。
しかしこちらのお社も社名など何も書かれていないので、私にはわかりませんでした。
境内は相当に広大で、現在の本堂の裏には前述の尾張徳川家ゆかりのお墓が建ち並んでいます。
またそこへ行く間には別のお社と石像が確認できました。
石像は役行者ほか一体、お社は社名なしでした。
これについてはまたご報告をいたします。

参考リンク
洋漢堂のブログ 大森寺庭園
スポンサーサイト
[ 2012/09/17 18:36 ] お寺 | TB(0) | コメント(2)
嬉しく楽しく拝見しています!
 地図・写真の見事な活用と記述により理解しやすく、満ち足りた気持ちで拝見しています。わが師として貴ブログをユックリ遡り勉強させていただきます。大森寺のこの可愛いお社と石像に関わる次の情報を楽しみにしております。
 別件:「もりやま」8号P38に「翠松園尊星王」の写真と記述があります。ここに大山祇神社掘り下げのヒントが隠れていそうです。又、同神社が明示された地図に初めて出会いました。昭文社の「スーパーマップル東海道路地図」2007年版です~ご参考まで。
 
[ 2012/09/18 16:36 ] [ 編集 ]
こんばんは
誠にもったいないお言葉に恐縮いたします。
「もりやま」8号P38の「翠松園尊星王」を改めて読んでみました。
この号に石造物(その4)が連載されていたのは完全に私の見落としでした。
今後の調査でも必要な重要文献ですので、早めに気付かせていただき感謝します。
2011年5月の探検隊の時にこの尊星王の石碑の写真をとっておりまして、これについてはどういう性格のものかはわかっておりましたが、「昭和3年11月大山祇命と共に祀ったものである」これはこのお社の重要な手掛かりになりそうです。
近々頭の整理のために、現在までの知見をまとめて掲載させていただきます。
確かにどの地図を見ても書かれていないので不思議に思っておりました。
[ 2012/09/18 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ