FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  自分史 >  自分史探訪(1)

自分史探訪(1)

20120912-1.jpg

守山区ではありませんが、自分史のレポも織り交ぜてゆきましょう。
豊橋市の西光寺さんに、母と叔母の運転手をして来ました。
このお寺には母の実家と、母の親友のお墓があります。
今から10数年前、亡き祖父の墓参に訪れた時、何気なく墓地をふらふらしておりましたら
思いがけず父方の墓石を発見しました。
父方にはすでにここが菩提寺との伝承が失伝していただけに、私の当時の驚きは
筆舌に尽くしがたいものがありました。
そういうのをご先祖様のお導きというのだと、信心などカケラもないくせに感心したものです。

今回は父方の叔母にも是非見てもらいたくて同道願ったわけです。
10数年ぶりのご無沙汰の間に、新しい仏様が増えており、代わりに明治初年の墓石が
無くなっておりました。
墓参のあと豊橋中央図書館の郷土史コーナーで資料探しや、現在の戸主宅を住宅地図で確認したり。

明治末の記憶では、東京からはるばる父と豊橋の実家を訪ね、その当時の家業であった旅館に宿泊。
おねしょをして、お布団と一緒に欄干に干されてしまったと、幼子だった我が祖父の述懐。
昭和30年代に祖父と同居していた叔母が、祖父から聞かされた昔話です。
図書館を出て、住宅地図で確認したその場所に向かうと、現戸主の家と、裏手に地図どおりの
旅館がありました。
旅館で開業をお尋ねしたら明治42年とのこと。
祖父は明治34年の生まれだから、開業時は8歳か。まだおねしょはあったかもしれませんね。

現戸主には100年前の伝承は伝わっているのでしょうか。
今回はアポなしだったので、もう一度、資料、記憶を整理してから連絡をとってみましょう。
普通なら明治11年の分家(他家養子再興)のことなど、失伝しているとは思いますが。
スポンサーサイト



[ 2012/09/14 07:10 ] 自分史 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...