FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  日記 >  小幡通信所

小幡通信所

私の住んでいる名古屋市守山区には、陸上自衛隊守山駐屯地があって、そこには第10師団があり、海外へも度々派遣されている。その第10師団には第10通信大隊と第306基地通信中隊があって、駐屯地の敷地内には短波帯のアンテナも見られる。

実は守山区には、その駐屯地から直線距離にして1,700mほど北東に小幡通信所と呼称される施設と設備があった。名鉄・小幡駅から龍泉寺に向かって街道を北上し、緑ヶ丘と言う地名のところにそれはあった。ごく最近まで赤茶けた鉄塔が3基とワイヤーアンテナが鉄塔間に懸架されていた。それがふと車を運転中に見上げたら撤去されていた。ある意味では、近代歴史遺産だったのに残念なことをした。自宅に車を置き、デジカメを持って現地踏査してみた。

自宅を出てすぐに道端に栗のイガが落ちていた。見上げると栗が今を盛りとたんさん実っていた。
朝出勤して、夜帰宅するサラリーマンではそんなことすら知らなかった。
20081004(1).jpg

初秋の午後、のんびりと散歩がてらの調査だった。
以前はこの角度から鉄塔とワイヤーアンテナが商店や民家の屋根越しに見られたのだが、やはり何も見えない・・・
20081004(2).jpg

間道を入ってみた。途中、写真のゲートでもって進入を阻んでいる。しかしゲートには管理者名はおろか、進入禁止とも書かれていない。
20081004(4).jpg

表道路に戻り、敷地沿いに歩いていたら防衛庁の境界杭が目に付いた。
間違いなくここは旧守山通信所の跡地なのだ。
20081004(5).jpg

敷地は再び表道路から離れて小高い丘へと登っていった。
境界のフェンス越しに、まだ最近のものと思われるような、そこだけ雑草が生えていない場所を見つけた。ここが鉄塔の跡地なのだろうか?
20081004(6).jpg

虚しくなった。
文献から明らかにはできていないが、ここはラジオ放送の黎明期にNHK名古屋放送局の小幡受信所があった場所なのではないかと考えていた。東京放送局、大阪放送局からの電波を受信中継し、福井、金沢を監視するためのウェーブ空中線が張られていたそうだ。
まさに「夏草や兵どもの夢の跡」だ。
ススキの穂が夕日に輝いていた・・・
20081004(7).jpg

隣接している小幡緑地公園だけは、いつもと同じようにひっそりと水をたたえていた。
20081004(8).jpg

Googleで検索すると守山無線通信所という名称でヒットする施設があるが、これは今回調査の自衛隊の施設ではない。大昔に得意先の工場に営業で訪問したときによく眺めたものだ。各種Webマップで順次拡大して行くと、そこだけデータが無くなったり、それ以上の拡大を阻んだりする結界のようなところだ。遠くから見るだけは勝手だし、Webマップで上空からの写真を見るもの勝手だが、調子に乗って業務の妨害とならないよう注意したい。
スポンサーサイト



[ 2008/10/04 22:13 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...