FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  アマチュア無線 >  久しぶりの青空

久しぶりの青空

久しぶりの青空で、移動局も朝から聞こえていた。
感心するのは20年前、6年前にQSOした移動局が、いまだに現役で移動運用されていることだ。私も6m SSBで移動大好きだったが、もうそんなパワーはどこを探してもない。だから、20年以上変わらないそのライフスタイルにはただただ敬服するばかりだ。

過去ログの入力が終わったところで、今度はQSL受領確認を始めた。
実際のQSLカードを見ながら確認の入力をするのだ。なかにはQSOの該当ナシなどというものもある。しかし先方がカードに記入されたデータをみると納得。その多くは当方のモービル運用時のものだったからだ。当時モービル走行中のログは手帳か何かに書き取っていたとは思うが、本ちゃんのログノートには転記を怠っていたようだ。
他にも該当ナシがあった。それにも特徴があって、いわゆる記念局のたぐいだ。
記念局はQSLを一方的にビューローに送りますとアナウンスすることが多く、こちらからの発送を求められないので、ついついログに記入しなかったことがあったようだ。

机の引き出しには、なんと5~6年前の未開封のビューローからのQSLがある。
早めにQSL受取確認を進めないと、当時の方との2nd QSOの時に恥ずかしい思いをすることになる。

ビューローと言えば大昔のBCLブームの時には、BCLビューローがあった。
私は利用した経験が無いが、海外の放送局からはそれを好意的に思われないところもあった。経緯は失念したが、フィリピンのラジオ・ベリタス・アジアの神父さんから頂いた私信で、神父さんが困惑されていたのを思い出した。BCLファンの粗製濫造とも関係していたのだろう。
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...