FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  日記 >  夏休み 4日目

夏休み 4日目

まったく思い付きだったが、神戸まで家族旅行に行ってきた。
往復マイカー運転の日帰り強行軍で、ヘロヘロに疲れたが充実した旅行となった。

朝5時過ぎに起きて交通情報をチェックすると、関ヶ原付近で事故渋滞が20km以上発生していた。そこで名神を諦めて、東名阪+新名神で行ったが、草津から先もとんでもない渋滞の情報が入っていて、下に下りたり、阪神に乗ったり、降りたりで、神戸に着いたのは昼の12時になっていた。

神戸といえば日本三大中華街の一つ南京町だということで、散策しながらお店を決めた。
中央の広場近くの本格的広東料理「楽園」に入った。
注文したのは入り口に大きく写真掲載されていた「限定15食 三色御膳」
大きなエビはプリプリしてて、尻尾の先までカリカリと揚げられてて絶品だった。

20080813(1).jpg

次に向かったのは松尾稲荷神社のビリケンさん。
カーナビが無かったら絶対にわからないような、住宅街と準工業地帯の混ざったところにひっそりと松尾稲荷神社さんはあった。イチロー選手も活躍を祈願されたと言う。これで不肖の息子の受験も成就か!? 左手にお供えされた「おあげ」がとてもユーモラスなビリケンさん。

20080813(2).jpg

次は北野・異人館街に向かった。
目指す先は定番ながら、風見鶏の館(旧トーマス住宅)と、うろこの家。
1995年の阪神・淡路大震災で受けた被害が気になりつつも、なかなか再訪できなかった無念が晴らされた。この風見鶏の館では、屋根上の暖炉の煙突が付け根から折れたらしい。裏庭に旧の煙突が逆さまに展示?されていた。
後で書くが、20年ほど前にE嬢と訪れた際には無かった?エアコンが館内を爽快にしてくれていたのはありがたかった。

20080813(3).jpg

うろこの家も大震災で建物の1/3ほどを失った。
いま隣接して建っているうろこ美術館は、その消失した部分を含めて再現された建物だが、うろこ1枚をとっても、遠目にはわからないけど、雰囲気を似せつつも違うものだ。実は20年ほど前に見たときに、このシンメトリックな建物にすっかり魅了させられ、10ほど前に我が家を新築したときに、密かにイメージさせてもらった。

20080813(4).jpg

次に向かったのはポートタワー。
タワー自体は珍しくもなんとも無いので、すぐ近くにあったKiss FMの看板の写真を撮った。沖縄に旅行したときには、ホテルから電話でアポ入れて、局の番宣ストラップをもらったが、今回はこの写真だけ。

20080813(5).jpg

タワーから降りてきたら17時を回っていたが、六甲山の夜景の時間までには相当ある。
しかし家族の疲労も考えると夜景にこだわるのも得策ではないので、今回は昼間の眺望と山頂の涼感だけ味わうことにした。遠く和歌山県まで望見出来るのは20年前と同じだった。

20080813(6).jpg

20数年年前の秋、私とE嬢は、この日と同じように異人館街で買い物と食事を楽しみ、夕方から六甲山に上がってきた。山頂から見た100万ドルの夜景はまさに絶景だった。アリの行列のように小さく見える電車の明かり、遠く紀伊半島にまでまわりこむ海岸線。少し肌寒かったので二人寄り添い、肩に回した手にぬくもりが感じられた。そのE嬢とは、その後、別々の道を歩んだが、いまだに年賀状の交換はしていて、今回の神戸行きの前日に出したメールにも返信があって、六甲デートのことを覚えてくれていた。そして今度は名古屋で逢いたいとも綴られていた。

こんな想い出にひたりながら神戸を後にした。
帰りは交通量は多かったものの、渋滞はなく、スムーズに帰着できた。
スポンサーサイト



[ 2008/08/13 23:30 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...