FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  NFBアンプ >  NFBアンプの製作(6)

NFBアンプの製作(6)

20080621(1).jpg

NFBアンプの製作(5)を書いたのが4/8だったから、2ヶ月強の間隔があったことになる。
2信号発生器とNFBアンプは、ニワトリと卵の関係か、なにしろこれから作るNFBアンプは2信号発生器に組み込むことになる。そして完成した2信号発生器を使って次のアンプなり受信系を調整することになる。
だから、2信号発生器に組み込むアンプがいい加減なものだと、将来的に問題の切り分けに苦労することが予想される。

そのNFBアンプ(に限らないが)の部品構成で、自分自身が部品から作る必要があり、なおかつ、ゆえにセットのキモとなる部分が入出力の伝送線路トランスとFBトランスである。ここに使うコア材、線材、巻き数、巻き方次第でセットの出来栄えが左右される。

トロ活こと「トロイダル・コア活用百科」110ページの「伝送線路トランスの周波数特性」によると、コアに対する巻き数は、5回巻きでは配線の悪影響を強く受け、10回巻きの方が理想的と述べられている。私の4/8の実験では9回巻きで、-1dBの実測値は175kHzであった。
今回同じコアFT50-#77で10回巻きとし、測定してみたのが上の画像だ。
巻き数が1回増えて、-1dBのポイントが175kHzから157.5kHzに当然のごとく下がった。
ちなみに500kHzでは-0.4dBほどであった。
とくに問題もなさそうなので、NFBアンプの入出力トランスはFT50-#77に10回巻きで行こうと思う。
スポンサーサイト



[ 2008/06/21 17:38 ] NFBアンプ | TB(0) | コメント(1)
すいません。
メールの返事が出来ないためここに書き込みます。
今、仕事が忙しいため休止してます。秋頃には再開したいと思ってますのでよろしくお願いします。
[ 2008/07/01 23:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...