FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  DDS >  2信号発生器(40)

2信号発生器(40)

肩の荷が下りて、ほっとしていたら、ふと消費電流が気になって測定してみた。
今回のセットの電源は、ジャンクの16ポートハブに搭載されていたスイッチング電源ユニットをそのまま流用している関係で、ほしい電圧であまり電流容量がない状態となっている。
電源ユニットから読み取れる電圧、電流は次の通りだ。

3.3V(9A)
5.0V(5A)
12.0V(0.6A)

そして、セットはこの12Vからすべてをまかなっている。
電源分配基板に取り込んだ12Vは二つに別れ、一つはそのまま2連のファンに給電。
他方は3端子レギュレータで10Vに降圧。
そして、この10VからDDS 2セットと、DDSを経由してバックライト付きの液晶表示器に供給される。
それを踏まえたうえで、消費電流を調べてみた。

最初にセット全体の測定をした。
測定ポイントは12V系の頭だ。電源分配基板にはあらかじめ、各電圧系ごとに電流のテストポイントを作ってあるので、電圧値から計算しなくても済む。
それで12Vでは320mAであった。
スイッチング電源の定格からすれば約半分で、まだ余裕だった。

10V系は240mAであった。
このDDSキットの貴田電子さんのHPには消費電流の記載がなく、貴田OMにお尋ねしたところ、200mA程度とのメール回答をもらっていた(4/22)。なかなかイイ線行っていると思う。

ところが私の場合は、まだ今からバッファアンプを2セット分組み込む予定がある。
アンプの消費電流計算までしていないが、ちょっと雲行きが怪しくなってきたかも・・・・
スポンサーサイト



[ 2008/06/12 23:09 ] DDS | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...