FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  日記 >  GP-IB大成功!

GP-IB大成功!

本日なんとか時間を作って、PCのPCIバスにNI社のGP-IBボードを装填し、HPのスペアナと接続。ドライバーソフトはNI社の日本語ページからPCI-GPIBのWin-XP用最終Ver2.2をダウンロード。ボードの認識はあっさりと完了した。

これだけでは、ただ単にPCがGP-IBボードを認識したぜ!って言ってるだけで、なんにもできないので、続いてアジレントが用意しているフリーソフト「Agilent IntuLink Data Capture」をダウンロードしてインストールした。トラジェネの真一文字の輝線をキャプチャしても面白くないので、HARRISのプリ/ポストセレクタ RF-551Aを3.500MHzにセットして±1MHzのスパンで波形をキャプチャしてみた。スペアナの設定はこのソフトからではコントロールできるのか、できないのか知らないが、今回はスペアナ側でお膳立てして、管面に波形が描画されてからキャプチャしてみた。
下の画像がそのキャプチャ。

20080329(1).jpg

これで、今までのようにデジカメを使って波形を撮影しなくてもよくなり、測定の効率が大幅に向上することだろう。
他にも試してみることにした。測定器掲示板で紹介されていたKE5FXのフリーソフト「Spectrum Surveillance」だ。これも使い方がわからないので、先ほどと同じ画面をそのままキャプチャした。同じ波形のほうが比較するのには公平なので、結果的には今回はそれでよいだろう。

20080329(2).jpg

こちらはアジレントのフリーソフトに比べると格段にキレイだが、デフォルトでは測定条件などの情報が画面に現れていないために、測定記録の保存という意味ではアジレントにやや劣るかも。これに関しては使い方を調べてみよう。
次に同じKE5FX提供のフリーソフトである「HP7470A Plotter Emulator」でキャップチャしてみた。

20080329(3).jpg

こちらはデフォルトで測定条件が表示されているので、記録的にも証拠的にも有用かと思う。またバックグラウンドカラーが白なので、jpegファイルでセーブしたときに少しでもファイルサイズが節約できる気がする。
スポンサーサイト



[ 2008/03/29 17:45 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...