FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  BCL日記 >  RAEへアンテナシフト

RAEへアンテナシフト

冬休みまで一週間に迫り、平日はそんな時間には帰宅できるわけがないRAEの日本語放送を聞きたくて、スカイドア・アンテナのバランを11.71MHzにシフトしました。

バランは先日のR.St.Helenaの時に作ったもので、本日クランクダウンさせて、取り外しました。昨日の雨でも内部に浸水が無く、まずまず役目を果たしてくれていました。

まずバランはそのままにして、つまりR.St.Helena用に11.09MHzでベストチューンした状態で、RAEの11.71MHzでのデータを取ると、次のようになりました。

V.SWR 19.2
Rs=950
Xs=+40

これより、リアクタンスを打ち消すにはC=0.6pFと計算され、これは極めて非現実的な数値のため、対策を諦めました。

次いで、先日のバランからトリマを取り外して、16:1のトランスに直接接続しました。その時の出力側でのデータは次の通りです。

V.SWR 7.0
Rs=34
Xs=+91

ここで、出力側(同軸側)で調整することにしました。
トランスの出力側に実測80pFくらいのセラミックコンデンサとMAX120pFくらいのトリマを並列に入れました。この状態でトリマを調整して、V.SWRが3.14、Rs=75、Xs=-70程度になりました。ここから先はちょっと寒さに耐えかねたので、一時中断にしました。

いま(15:30JST)、11.730MHzでキプロス送信のBBCが軽いエコーを伴って、S=2-3程度で入っています。クリアチヤンネルではサイドスプラッシュが無ければ、S=0まで落ちますので、まあこんなものかと思います。ちなみに設計周波数の31mbでは、ALA330Sよりも利得があって、ノイズが少ないです。
スポンサーサイト



[ 2007/12/23 15:38 ] BCL日記 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...