FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  区内の山 >  東谷山登山

東谷山登山

昨日は東谷山に登りました。
中社古墳発掘調査公開ウィークとして市の教育委員会が現地説明会を開いてくれ、
それに参加するのが目的でした。
東谷山フルーツパークの第一駐車場に車を停めて、そこを起点とする登山道から入山。


木漏れ日すら届かないような登山道ですが、よく整備されていて「最初は」軽快に
山に足を踏み入れました。

東谷山20120826-0001

ところどころに大きな岩や垣が崩れたような丸石が見られ、何ら説明板は無いけれども
これも古代のものかと物思いに浸りながら、古墳説明会の開始時間を気にし足早に通過しました。

東谷山20120826-0002

ところどころにある案内板で一休みして呼吸を整えます。

東谷山20120826-0003

ようやく南社まで到着しました。本当はお参りしたかったのですが、登山道から手を合わせて
先を急ぎました。

東谷山20120826-0004

南社を過ぎると登山道はいったん大きく下ります。
そして沢筋のボトムから先を見上げると登山道ははてしなく続き、急ぐ気持ちもくじけそうになります。

東谷山20120826-0005

まさに心臓破りの登山道が終わるころ、人々の声が聞こえてきました。
ようやく中社の古墳発掘現場に到着しました。説明会開始5分前でした。
もう心臓がバクバクで、汗が噴き出ています。

東谷山20120826-0006

現地での説明会は予定の20分間を大きくオーバーし、説明の先生も参加者もとても熱心に
聞き、そして質問をしていました。

東谷山20120826-0007

今回の発掘は墳丘の裾の確定と、その過程で出土する遺物の分類、調査であり、古墳の核心たる
石室発掘までは行わないようです。墳丘の頂きに鎮座する中社の現況写真です。

東谷山20120826-0008

説明会の解散後、私は山頂を目指してさらに登山道を登りました。
中社から山頂まではほんのわずかでした。

東谷山20120826-0009

山頂には3年前の古墳説明会の時に登って以来です。
相変わらず山頂の尾張戸神社さんはきれいに手入れされていらっしゃいます。

東谷山20120826-0010

山頂の傍らにある展望台へも登ってみました。

東谷山20120826-0011

眼下に庄内川の蛇行と尾張平野が一望できます。
カメラの画角はAPSで50mmです。広角ですと手前の樹木で随分視界が遮られてしまいます。

東谷山20120826-0012

古墳の説明会は、まとめのようなものを10月頃されるようです。
季節的にもそのころの方が登りやすいでしょう。楽しみにしております。
スポンサーサイト



[ 2012/08/27 10:49 ] 区内の山 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...