FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  Wellbrook Phased Array >  Wellbrook社 フェイズド・アレイ(8)

Wellbrook社 フェイズド・アレイ(8)

[rec.radio.shortwave]
Grayland, WA DXpedition MW Loggings; Antenna Comments & Recordings 8/25-26
Guy Atkins 8/30
----------------------------------------------------------------
先週末、私はWAのGraylandでDXing仲間ジョン・ブライアントに合流しました。 そのDXペディションはなんと言ってもあるアンテナをテストすることを主題としながらも、それはそれとして8月後半にしては大変DX的に成果がありました。

彼流の事前準備で、ジョンは700フットのビバレージとWellbrookのフェイズドアレイをペディ会場にどう配置すべきかを、図面に落としてました。それは例年と異なり、とても面倒で、印象的なはずではありましたが、私はDXペディの間、この奇妙なワイヤーの数々を人から尋ねられても、思い出せないほどでした。ビバレージ1本とWellbrookのアレイは東洋、北東向け(約315度)、そしてもう1本のビバレージとアレイは西向け(270度)を狙いました。(フェイズドアレイを構成するデルタ型のALA100)ループアンテナ2本の中心から中心までの間隔は40mで、それぞれのアンテナの周囲長は60ft(18m)、1辺あたり20ft(6m)、地面より3ft(90cm)のところに水平に張りました。

ループアレイのヌルは安定していたのが印象的で、MWバンドの上と下とで、最良のヌルになるように時々再調整してやる必要があった程度でした。ジョンと私は昼間のグランドウェーブでポートランドの中波局を使ってテストをしました。これは北西向けのアレイのバックサイドに位置し、ヌルは38-45dB取れることを確認しました(ジョンのG313eのSメータで正確なdBmで測定)。そこから20-30度外れた局はおおむね、フェイザーの"reversal"スイッチを反転させた時に18-25dBダウンでした。

これらのフェイズドアレイは、私がビバレージアンテナでMW DXingをした18年間で出会った中では比較的小型のアンテナで、あらゆるDX状況、受信状態は700フットのビバレージに相当し、時には、スプラッター除去にも寄与してくれました。私はこの9月にももっと長いビバレージと比較することを楽しみにしています。

このDXペディで私はEtonのE1を、そして時々ジョンのE1も借りてパラで使いました。私のSDR-1000は現在ガレージのワークベンチで、改造のために置いてあります。

私はWellbrookのフェイズドアレイの性能を示すために、次の二つのMP3ファイルを録音しました。どちらのファィルも最初の10秒間はE1とWellbrookのフェイズドアレイで、続く10秒間はビバレージ、最後の10秒はWellbrookです。

963 kHz: China Radio Intl. with their Russian language service

891 kHz 4TAB Innisfail, Australia with sports talk

次のファイルはWellbrookのアレイのヌルの能力を示します。最初の10秒は963kHz CRI Russianでビームスイッチは北西、次の10秒がヌル反転、最後の10秒で再び元の指向性に戻しました。

http://www.guyatkins.com/files/8.26.07_CRI_963_nulled_Well_array.mp3

このWellbrookのアンテナに関する情報は、次のサイトにあります。
http://www.wellbrook.uk.com/phasedarray.html
スポンサーサイト



彼らのlogの確認に甘さがあり、「本当かいな?」という部分が有ります。
日本語、朝鮮語、中国語だけが苦手でオセアニア局に関しては大丈夫なのかもしれませんが、極東局に関して毎回2~3の間違いが有ります。
いつもレポートを見ながら「無理しているなー」と思います。
[ 2007/11/17 21:15 ] [ 編集 ]
ははは、そうかも知れませんね。1593kHzで松江第一云々と書かれていましたが、新潟はどうなのよと思いましたもの。成果があったと原文に書かれているので、眉にツバつけながら訳しております。
[ 2007/11/17 22:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...