FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  BCL >  ローテーター設置(4)

ローテーター設置(4)

ローテーター設置(3)を読んでいただき、感謝のお言葉を頂戴しました。
ローテータのコントロールケーブルは結線済み完成品を買えば早いのですが、
長さは各人の都合がありますし、家屋の狭い隙間を通そうとすると、コネクタ付では
無理があります。
それで私の場合は材料を購入して自分でコネクタ結線をしました。

端子(コンタクト)の型番"LLM-41T-P1.3E"はバラ端子の型番です。
自動機で圧着する時に使用する連続端子の型番は、SLM-41T-P1.3Eとなります。
SLM-がサンプルとかで入手できれば、ニッパーやハサミで端子の付け根から切り離せば
ほぼ同様に使うことができます。
厳密には芯線や被覆を圧着するバレルのカーブが少し異なりますが・・・

似たような型番で、末尾のEが無いものが存在しますが、これはMLコネクタ用ですので
選ばないようにして下さい。

またミドルの数字が41Tではなくて、01Tというものがありますが、
これは細線用です。細線は取扱説明書にも書かれていたと思いますが、
長距離を引きまわしますと電圧降下でローテータが動作しませんので、
ご注意願います。

どうでもよいのですが、末尾のP1.3EのPは素材がリン青銅、1.3はφ1.3mmの意味です。
若いころに覚えたことは、スズメ百まで踊り忘れず、の例えどおりです。
最近は覚えようにも覚わりません。
スポンサーサイト
[ 2013/06/04 18:21 ] BCL | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ