FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  Perseus >  ノイズ回避の一つの考え方

ノイズ回避の一つの考え方

昔の無線家は離れの小屋を利用することがありました。
それは母屋に無線キチの居場所がなかっただけのことだったかも知れませんし、
夜の夜中まで「ジャッパ~ン」と大声出してパイルに参加すると家族の迷惑だったり、
買い込んだ機材が見つかりにくいとか、いろいろ諸事情がありました。
まだノイズの少なかった昔ですら、テレビは当然のこと、ここ一番のDXでは
冷蔵庫の電源コードを抜いて女どもからにらまれることがありました。
離れに無線小屋を持つのはこうしたノイズや女どもから逃げる一つの方法でもあったわけです。

SDRの屋外設置
先回のブログでノイズ対策をいくつかまとめてみました。
その中の一つにアンテナ直下型SDRの可能性について言及しましたが、どんな手法にしても
Perseusの要求仕様であるUSB2.0(480Mbps)を安定して接続維持できる方法がネックと
なっています。

それに対しては考え付くのは・・・
・要求仕様の低いSDRにする。
・Perseusをリモートで使用する。
今やれるのはこんなところでしょうか。

現代版の無線小屋
たとえばPerseusをリモートで使うことだけを考えれば、無線小屋とはいうものの
何もオーナーの隠れ家として使えるほどの大きさは必要ないわけです。
最小構成であるPerseus+ノートPCなら小型冷蔵庫程度の大きさもあれば十分でしょう。
それを例えばガレージの片隅に置いたり、隣家との中間点に置いたりするイメージです。
そして同軸ケーブルの代わりにシールドの厳重なLANケーブルで家庭内LANのハブまで
持ってきます。

Perseus+ノートPCはバッテリー駆動とします。
家庭持ちのサラリーマンBCLには自分の時間などほとんどありませんから、
このシステムの稼働は金土日限定になるかもしれません。
自動車用のバッテリーを昼間満充電しておけば、一晩くらいならどうでしょうか。

はたして効果はあるのか
私がこれまでノイズ対策をしてきた中でもっとも効果があったのは、壁コンセントの直下に
絶縁トランスを置いて、シャック中のACをすべて絶縁トランス通しにしたことでした。
それでもノイズフロアーは3dB下がったかどうか、そんなものでした。
ひとくちにノイズと言っても、何が支配的なのか、その検証は容易ではないと思います。
その原因の切り分けのためにも、Perseus+ノートPCのバッテリー駆動は意味があるのでは
ないかと思います。

最後に、ノートPCはできれば専用にシールドボックスに入れたいところです。
つまり小型冷蔵庫の最上段の冷凍庫にPerseusを置き、一番下の野菜室にシールドボックスに
入れたノートPCを置く、そんな感じです。
まぁ間違っても、となりが空地だからといって、空地の真ん中に冷蔵庫など置かないように
願います。その場所、その場所で怪しくないものを置いて下さい(笑)
スポンサーサイト



[ 2013/03/31 17:58 ] Perseus | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...