FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  日記 >  依佐美送信所遺構調査

依佐美送信所遺構調査

本日は愛知県刈谷市に依佐美(よさみ)送信所の遺構調査に行きました。
同行していただいたのは、ISOさん、pyonmizuさん、hamaichiさんです。
私は少し早く現地入りして、すでに取り壊されて記念館に生まれ変わった超長波を見てから
主目的地に向かいました。

短波の局舎は戦後間もなく民間企業に払い下げられ、その企業様のご厚意で本日の見学会ができました。
この局舎が建築後80年ほど経過してなお現存することが奇跡的なのに、その建物に実際に立ち入れる
ことは大変な幸運だと思います。

建物は上空から見るとアルファベットの「Y」の字型をしています。
同行されたpyonmizuさんによれば、黎明期の送信所は「T」の字型が多いそうですが、
Yの字型は珍しいそうです。これは一説によれば、送信所の基本的な形状を踏まえた上で、
依佐美(よさみ)の頭文字のYにしたのではないかとも言われる方もいらっしゃいます。

20111116依佐美2

写真はYの字の股(また)に相当する位置にある池と、その中央に立つ碍子です。
この碍子が、いかにも送信所を象徴するモニュメントなのか、空中線回路上のパーツだったのかは
本日は結論が出ませんでした。

この他にも多くの知見、画像がございます。
おいおいご紹介ができればと思います。
末筆ながら、ご参加いただきました皆様、大変ありがとうございました。
そして不慣れな進行にもかからわず、長時間お付き合いいただきましてお疲れさまでした。
またの機会ができることを、心より願っております。
スポンサーサイト



[ 2011/11/16 23:22 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...