FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  Perseus >  測定環境の整備(1)

測定環境の整備(1)

普段使っているHPのスペアナは随分な年代物で、いつ故障しても不思議でないくらいです。
さりとてより新しい年代のものに交換とか、わんちゃんのSDR式のスペアナにしようとすると
やっぱり15万円くらいは必要だし、どうしようかしらんと考えています。

2信号DUT無し

↑これは、やはり年代物のSGから1000kHzと1100kHzの2信号をスペアナ入力で0dBmインプットした画面です。
NFLは-80dBmくらいで、100kHz間隔で-75dBmほどのスプリアスがつんつんと出ています。
これは特定していませんが、たぶんSGが撒き散らしていると思います。

Perseus2信号特性DUT無し

↑同じものをPerseusに入力してみました。
NFLは-90dBmほどで、例のつんつんのスプリアスはより鮮明に見えるようになりました。
スペアナとしてはちょっと使いにくいところもありますが、私のように限定的な利用ならPerseusで代用するのも
アリなのかなと感じた次第です。

なかなか時間が取れないので、製作本の付録が作れませんが、作ったあかつきにはPerseus+SG+SGでどこまで
調整ができるのかというテーマにも取り組みたいと思います。
スポンサーサイト



[ 2011/09/28 22:13 ] Perseus | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...