FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  日記 >  スキー旅行? キューピー買いあさり?

スキー旅行? キューピー買いあさり?

3連休の初日、かねてからの予定通り八ヶ岳まで家族旅行に行きました。
初日は子供のスキー、八ヶ岳で一泊、二日目は中央道沿線の観光。
ここ10年くらい、ときどきこのパターンで旅行をしています。

朝7時に守山区の自宅を出発。
春日井ICから東名高速に乗って、小牧JCから中央道に折れ、途中恵那峡、諏訪湖SAで休憩・お買い物の後、小淵沢ICで降りました。この間、当然のことながら利用料金は1,000円!!

スキー場は毎回決まって富士見高原です。

富士見高原2010-1-9(1)

子供がまだ幼稚園の頃、ソリ遊びが危なくないところでココを探し当てました。午前中2時間くらいは自由に遊ばせて、お昼ごはんに戻ってきたところで話をしていたらスキー教室に入りたいと言うので、超久しぶりにお教室に入ってもらいました。パラレルを覚えたいので中級にしようか、初級にしようか迷いましたが教室受付で相談したら、初級の一番上にしてくださいとのことでした。

スキー教室は午後から3時間。
ビデオカメラ越しに見ていた限りでは、なんか物足りなそうな仕草をしていました。教室が終わるや、帰ってくるのかと思ったら、いきなり山頂までリフトに乗って、さっそくレッスンの成果を確かめていました。
でも豪快に転んでいましたが・・・

富士見高原2010-1-9(2)

16時ころにスキー場を後にして、道の駅「こぶちざわ」に寄りました。
http://www.ktr.mlit.go.jp/kyoku/road/eki/station/yama_kobuchisawa/index.html
足湯は冬季休業でした。なにしろ寒くて寒くて・・・

ついですぐ近くの「チーズケーキ工房」に寄りました。
http://www.hokuto-town.com/review/hb002974
家族は思い思いの買い物やお土産を見ているのに、私はダルマストーブに貼りつきました。思えばこのころに体調がおかしかったのかも知れません。ですから、奥さんが地域限定「チーズケーキ工房キューピー」をゲットしたのに、私はどことなくウワノソラ。

チーズケーキ工房キューピー

晩ごはんは下調べをしておいた北杜市の鰻「井筒屋」さん。
http://www.itutuya.com/pc/contents23.html
17時開店のところ5分遅れで到着したら、もうすでに開店待ちの列ができていました。ここは戦前に建てられた建物で、元々和菓子屋さんだったとか。黒光りした座敷の柱や、商家の神棚に風格を感じました。私が食べたのは「かめ塩のうなぎ」。「かめ」とは亀ではなくて甕のこと。つまりドンブリの代わりに甕に入って出されるうな丼なんです。画像はネットからのパクリです。

かめ塩のうなぎ

写真の通り、うなぎは蒲焼ではなくて白焼なんですね。
これを天然塩+山椒で食べます。好みによってレモン汁もよいそうです。
家族はうな重など思い思いの料理を選びました。
料理は注文してから30分くらいかかって出されました。
お店に入った時には、まだお腹がすいてなかったのですが、30分待っている間に丁度良くなりました。
しかし、名古屋で鰻を食べている身としては、こちら関東の鰻の料理法、つまり蒸し焼き!これには珍しいを通り越して、勘弁してと言いたくなりました。今度はそこまで下調べしないとね・・・

お店を出るときには駐車場はすでに満車でした。
地元では相当な評判のお店なんだと思います。
この日のホテルは10数年前からの常宿ダイヤモンドリゾート八ヶ岳美術館ソサエティです。
http://www.diamond-s.co.jp/yatsugatake/
会社が法人会員になっているので、この日は無料券で宿泊。
食事無しなので追加料金も無く、本当の無料です。
が、しかしここでハプニング!

スキー場でビデオ撮影に熱心なあまりお腹を冷やしたのか、急にお腹が差し込まれ、温泉にも入れずにトイレとベッドの往復。
挙句の果てには、悪寒のため最強に入れたエアコンに暑気あたりして、せっかく食べた鰻を手放すことに・・・もう最悪。

奥さんが温泉から戻ってからは、窓を開けて温度調節し、濡れタオルを額に当ててくれ、フロントから薬をもらってくれたので朝までには回復しましたが、とんだトホホでした。
スポンサーサイト



[ 2010/01/09 22:19 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...