FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  イベント >  第64回 全国花火大会

第64回 全国花火大会

8/16(日)、岐阜県岐阜市長良川河川敷で行われた「第64回全国花火大会」を見に行きました。
いつものように昼過ぎに家を出発して、途中、妻のリクエストでBOOK OFFに2店舗寄って、臨時駐車場の岐阜県庁北駐車場に16時ころ到着しました。

臨時駐車場からは岐阜バスの会場直行バスが出ていて、大人200円でした。バスの本数はポツリポツリで、市中の渋滞もあって、バスの中で居眠りしていたら、17時ころに到着したようです。

バスを降りて、人ごみにまぎれて歩く途中、競技場横の芝生広場では、場所取りのシートがありました。ここからだと寝ころんで真上に花火を見る角度でしょうか?

私たちは大混雑の堤防道路に出て、晩ごはん代わりに焼きそばとフランクフルトを買って、河川敷に降りました。大きな丸石がゴロゴロしている河川敷ですが、私たちもビニールシートを敷いて、背負ってきたイス付きのリュックサックを広げて腰をおろしました。さっそくフランクフルトを頬張る妻を横目に、私は三脚を組み立ててビデオカメラのセット。

いつも悩むのは、自分の位置から打上花火の全景がビデオカメラに収まりきるか、と言うことです。だいたいの経験と勘でエイッ、やーの判断しか下しようがありません。明るい間は、試し打ちなのでしょうか、散発的に花火が打ち上げられていました。19時半近くになって、会場アナウンスがあった後、華々しく打上花火が始まりました。

それでは打上花火のビデオ動画、是非ご覧くださいませ!


ここの打上花火は、濃尾大花火の20号玉のように大きな花火はありませんが、濃尾大花火が5,000発に対して30,000発と数が多いのが特徴です。ですから見ていると、次から次へとテンポよく繰り出されて、観客を飽きさせない良さがあります。

ビデオの後編は、フィナーレのラスト10分の部分です。
打上花火が私たちの真上で炸裂して、その破片がわらわらと落ちてきました。
ビデオカメラは三脚にセットしているので、真上まではレンズを向けられませんでした。
それでは、どうぞご覧くださいませ。



帰りの臨時バスは、延々の長蛇の列で待ち時間が約1時間、会場を出発したのが22時半くらいでした。
最初からもっと臨時バスを増やすなどして、対処してほしかったです。
帰りのマイカーの中では、打上花火はやっぱり真上に見るのが最高だよねーと、缶ビールを片手に妻が楽しそうに言っていました。
来年は駐車場と、見る場所をさらに考えて、参戦しましょう。
スポンサーサイト



[ 2009/08/16 23:04 ] イベント | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...