FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  雨水タンク >  1000L雨水タンクの配管手直し(2)

1000L雨水タンクの配管手直し(2)

前記事
1000L雨水タンクの配管手直し(1)


雨水取水部
この「雨水取出し継手」を竪樋のどの部分にどうやって設置するのか初めての人には
わかりづらいと思います。(私もそうでした)
カクダイさんではWebカタログに少し掲載がありますが、お世辞にも少しだけなのです。
むしろ「マルトラップ」で検索して、「エコショップ節水村」の丸一オリジナル集水器(雨水タンク
「まる」の特徴
を見たほうがイメージがわきます。両商品とも同じものです。

施工自体はそんなに難しいものではありません。
むしろ一番気を使うのは竪樋をズバッと切断することです。
樋を切断した後で何らかの事情で雨水システムを断念した場合、切ってしまったものは
元には戻りませんから。しかしご安心を!姿かたちは元に戻らなくても、ほんの安いちっぽけな
部品で樋の機能は完全に戻ります。そんなに重大な決心をされなくてもいいです。

私がいう「一番気を使う」ことの本題なのですが、補足すると、竪樋のどの位置で切断して、
この取出し継手を設置すればいいのか、それに一番気を使います。
楽天市場のレビューを見ていると、オーバーフローについてのご不満が多いようです。
オーバーフローとは雨水タンクが満水になって溢れた水を元の雨水枡、下水に逃がして
やることです。放っておくと満水でタンクやホースが破損したり、タンクの下や周囲が
水浸しになってしまいますから。

よくあるのはタンクの上の方にオーバーフロー用の穴とホース取り出し用の口が付いている
タイプです。ここにホースを接続して他方を排水溝に導けば、溢れた水は溝に排水されます。
ところがオーバフローの排水口のないタンクや、仮にあっても使いたくない場合には、
何らかの方法で、もうお腹いっぱいなので雨水をこれ以上送らないでねと
雨水取出し継手に伝えなければなりません。
その方法、考え方が事前にわからなくて導入をためらったり、竪樋のどの位置で切断すれば
それが実現できるのかよくわからない。その結果うまく機能しなかったとのレビューに
つながっているようにお見受けします。

20171216雨水取水部内部1

20171216雨水取水部内部2
雨水取出し継手の内部
フィルター部をがこっと取り外すと内部はこのようになっています。
内部にあるパイプ状のものは下の樋へと繋がっています。雨水タンクが満水になると、
雨水はホースを逆流(のように)して、この内部のパイプから下に排水されます。
これがこの雨水取出し継手のオーバーフローの構造です。
この機能を有効にするために必要な施工のポイントをご説明します。

竪樋の切断位置(密閉されていないタンクの場合)
この画像の内部のパイプが、雨水タンクの天井よりも低いこと。これ重要です!
ホースの途中が一時的にこれよりも高くなってもダメです。
タンクのてっぺんと竪樋を見比べて切断位置を決めます。あまりギリギリ狙いをしないように
少し低くしておくか、少しずつ切り詰めてギリギリを狙うかになります。
タンクが完全に密閉されている場合には、この装置の設置位置は、タンクよりも十分
高ければどこでもOKとなります。

密閉性
ホースや雨水タンクは密閉しておいたほうがオーバーフローは楽に扱えます。
たとえば池に雨水を溜めたい場合は、池は普通は密閉しないものですから、
オーバーフローをさせるには一工夫が必要になります。
それでもオーバーフローを働かせたい場合は、池の満水の水位よりも低い位置に
この雨水取出し継手内部のパイプが来る必要がありますので、そのような位置で
竪樋を切断する必要があります。
さらにその場合、池の水面よりも上から雨水を給水することは無理で、池の底面や側面
などからの給水になります。つまり地下にこの装置を設置して、給水ホースは地下配管!?

池をタンクに言い換えても同じ理屈になります。
タンクの天井に給水口があって、そこから給水したいし、水を溢れさせたくもない場合。
でもタンク上部の給水口は開けっぱなしでホースが突っ込んであるだけ。
そんな場合では、タンクのギリギリ最上部に給水口を作ってやらなければいけません。
つまり現在の給水口は使わないで、それよりも低い位置に給水口を設ける必要があります。
それができなければ、タンクからは雨水が溢れるものと考えるしかありません。

そんな無理無理を考えるよりは、池(タンク)からは水が溢れるものと想定したほうが
自然だと思います。池の一部に切り欠けをつくり、そこから排水ホースなりで溢れそうに
なる水を逃がしたほうが考え方としては楽ではないでしょうか?
大切なメダカや金魚が流されないように台所の流し用のゴミ受けネットでも張っておけば
よいでしょう。

また雨水タンクでは洗濯機用のパンの上に乗せて設置し、パンに対して排水を考えれば
雨水を垂れ流しても全然問題ありません。ただし池の場合でも、天頂部解放のタンクの
場合でも、ボウフラは湧きます。屋根の上の雨樋で産卵された卵が雨水タンクに流れ落ちて
そこでボウフラが成長するからです。できることなら、ボウフラが羽化しても外に出られない
ようなタンクが望ましいと思います。


20171216雨水取水部オーバーフローライン
わが家でのオーバーフローライン
私はタンクから水を溢れさせたくなかったので、タンクの最上部狙いで竪樋を切断しました。
それでも1000Lの水位線よりも上になりましたので、あまり欲張らなくても目標を達成
できると思います。

つづく
スポンサーサイト



[ 2017/12/17 16:34 ] 雨水タンク | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...