FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  名所 >  ランドルフ記念講堂(鐘塔)(3)

ランドルフ記念講堂(鐘塔)(3)

前記事
ランドルフ記念講堂(鐘塔)(2)
ランドルフ記念講堂(鐘塔)

普段の生活の中では、陽が短くなったとか、長くなったとかは、一週間程度では
そうそう変化に気が付かないのですが、土日早朝限定で日の出の写真を撮りにゆくと、
前の週とは随分日の出の位置が違うことに驚かされます。

20171216ランドルフ鐘塔の日の出

日の出の位置の調べ方は前回ご紹介しましたが、実際のところさまざまな要因で誤差が
けっこうあります。カメラを構える場所が広場でしたら、自分が南北に移動することで
鐘塔の右側や左側、あるいは中心に日の出を合せることができますが、普通の住宅街の
中ですと、家陰になったり、電線が写り込んだりでおいそれとは場所の変更もままなりません。
そんなときには、その撮影場所で、希望の位置に太陽が昇る日を予測するしかありません。
幸いなことに冬至を過ぎれば、南に行きすぎた日の出が北にまた戻ってきますので、
自分が移動したのと同じことになります。
まあ、来週、再来週が晴れとは限りませんが・・・

上の写真は今朝の日の出です。
デジタルカメラは寒さに弱くて、こんな時間の温度ですと動きが変なことがあります。
それでもぎゅーっとカメラを服の中で温めればそのうちに正常に戻りますが、
10数年前に真冬の八ヶ岳山麓で、富士山の日の出の写真を撮ろうとしたら
電源が入らなくて随分あせったことがありました。

さて今年の冬至は12/22(金)です。
上の写真の撮影ポイントでは、太陽はさらに南に離れますので、私はほんの少し北で
撮影が出来るところを探しに行きます。
でもそんなところがあるのかな?
スポンサーサイト



[ 2017/12/16 17:12 ] 名所 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...