FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  戦跡 >  戦争展2017(3)

戦争展2017(3)

戦争展6
守山の戦跡
「平和のための戦争展守山」さんによる展示パネルを拝見しました。




戦争展7
ガスタンク(新守山)
展示パネルの中から一つですが、ガスタンクを取り上げさせていただきます。
大変大きな構造物ですので、比較的遠くからでも見ることができますが、場所としては
アピタ新守山店の向かい、南側になります。
この巨大なガスタンクが旧陸軍造兵廠鳥居松製造所にガスを供給していたとは知りませんでした。
また、戦争展当日、ご説明係としていらした旧知の岡田先生によれば、その当時は球形ではなくて
円筒形であることもご説明いただきました。



勝川今昔ものがたりガスタンク
勝川今昔ものがたり より
春日井市勝川の著者・長谷川さんが「昭和20年の春」、「南西の空にB29の編隊が見られ」、
「日本の高射砲が迎撃」と書かれているページです。
このページの左下に円筒形の構造物が描かれています。
亡き小島さんとこのカットを見ていたときに、小島さんは即座にガスタンクだと仰いましたが
これがそうなのか・・・



守山市史ガスタンク
守山市史 より
国鉄・新守山駅建設の様子を撮影した写真
盛り土をして線路の地盤を作り、架道橋をかけて往来ができるようにしてあります。
このトンネルのように見られる橋の名称が守山第三架道橋で、もしかしたら現在の
アピタ新守山店のすぐ東側の橋かも知れません。
この写真に円筒形の構造物が写っています。これがガスタンクなのでしょうね。

守山第三架道橋についてはまた後日ということで・・・

戦争展2017についての記事は以上です。
スポンサーサイト



[ 2017/08/19 10:20 ] 戦跡 | TB(0) | コメント(2)
こんばんわ。
守山の戦跡、ここに居られた方はお知り合いでしたか。地図上に地下壕跡と書かれた赤丸を見つけ、(ビックリ!)その場所を御尋ねしたのです。ご年配の方も紹介して頂き、ご親切に対応して頂きましたが・・・当時を知る人も稀となり、その上、自然災害、風化等、あれから72年は長すぎますよね。
[ 2017/08/20 23:00 ] [ 編集 ]
こんばんは
先生には実際に戦跡を現地でご指導いただいたり、メールでも教えをいただいております。地下壕については仰るとおりで、「崩落したと聞いた」と間接的な形ではありますが、お教えをいただきました。次の冬こそは自分の目で現状確認したいと思っています。
[ 2017/08/20 23:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...