FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >   >  シンテッポウユリ

シンテッポウユリ

わが家の庭20170812(1)
ヤブランの花が終わって、ユリの蕾が頭をもたげてきました。
長塚さんから、このあたりで白い花を咲かせるユリは、むかしはテッポウユリだったけど
最近は台湾から入ってきたタカサゴユリですよと教えていただきました。
山崎造園さんによれば、テッポウユリは6月頃に開花して、タカサゴユリは8月の開花とか。
タカサゴユリの外見的な特徴は花筒の側面に赤っぽいラインが入ることと書かれています。



シンテッポウユリ20170812(3)
わが家のユリはどっち?
わが家のユリの写真は本日の撮影です。
ですから6月に咲くテッポウユリではありません。では赤いラインの入るタカサゴユリなのか?
ところが写真の通り、至近距離にある両者でラインの有り無しが分かれてしまいました。
実はこのラインがないユリをシンテッポウユリと言うのだそうです。
早い話が日本の在来種であるテッポウユリと、台湾からの帰化植物であるタカサゴユリの
交雑種なんだとか。
わが家ではこの赤いラインの程度がかなりバラつきがあります。
交雑種としてまだ特徴が定着していないのでしょうか?



長久手 うな幸
晩ご飯は長久手の「うな幸」さんで「ひつまぶし」を食べました。
このお店のひつまぶしは面白くて、大きな器に3~4人前の「まぶし」が入ったメニューが
あります。親子3人で食べきれるか心配でしたが、お昼ご飯を抜いて参戦した息子が
最後まで食べつくしてくれました。
息子はとある公的採用試験の一次試験の合格通知を本日受け取ったので、
気を良くしていたし、祝い膳にもなったようです。



長久手 うな幸2
これが名物「大まぶし」
大まぶしには並、上、特の3種類があって、これは並。
違いはそのボリューム。並は3~4人前なので親子3人にはちょうどよいサイズとなりました。
お味のほうは美味しい!これは間違いの無いところですが、あえて他店との違いを
書き留めると、たれは蓬莱系に較べると薄め、少なめです。少な目というよりは
掛けムラがあるというべきかもしれませんが。
タレが薄めと感じたのは事実ですが、量をたくさんいただくと、終わりの方でくどくなりますので、
薄いくらいで丁度よいとも言えそうです。
焼き加減はやはり蓬莱系の表面パリパリに較べると、ミディアムに近いです。
これは好みの問題ですが、私は関東系のたらたらの焼き加減はなじめませんが、ここのは
そんなことは全くありませんし、蓬莱が名古屋の基準でもないと思いますので、これはこれで
よいと思います。
ちなみに上は4~5人前分、特は5~6人前分が盛られています。
予約もしていただけますので、休日の会食にはそのほうが安心ですね。
スポンサーサイト



[ 2017/08/12 15:58 ] | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ