わが町 守山区 TOP  >  お寺 >  龍泉寺多宝塔の遷移(1/3)にほんブログ村 人気ブログランキング

龍泉寺多宝塔の遷移(1/3)

龍泉寺山門、多宝塔20160219
龍泉寺山門前にて
表参道の坂道あるいは、脇参道の階段道、どちらから来てもしばし見事な景観に見とれて、
運動不足で高鳴った動悸をこの場所で整えてから山門に向かいます。
幟旗の中央に仁王門があり、それに重なって背後に本堂、左に多宝塔が見られます。
今回のお話はこの多宝塔の遷移について考える、です。




多宝塔外観20120908
多宝塔を正面から
たぶんお客様をご案内して「たほうとう」と言ったところで、建物を目の前にして言えば「たほう塔」
くらいには意味が通じても、もしかしたら「たほう棟」と脳内変換される方もいらっしゃるかも。
お客様へのご説明にはひと工夫要りそうです。
石積みの上に建てられているのは、いくら山の上と入っても雨は降りますので、高温多湿な
環境から木造建築物を守る昔からの知恵なのでありましょうか。さらには、参拝客の目線が
間違っても如来様を見下ろすことのないよう、気をつかっているということもありましょう。




多宝塔内部20120908
阿弥陀如来像
いつもは扉が閉まっていることが多いのですが、何十年に一度の御開帳みたいな出し惜しみは
されていなくて、ときどきこうして如来様のご尊顔を拝する事ができます。そんな日に出会えたら
「ラッキー!」と思ってください。
スポンサーサイト
[ 2017/04/26 20:02 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

最新トラックバック