わが町 守山区 TOP  >  スポンサー広告 >  鉄道 >  アサヒビール引込線跡(3/3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アサヒビール引込線跡(3/3)

アサヒビール角を曲がると
御用水巡りの散策が、アサヒビール引込線の遺構調査にすっかり変わってしまった感が
ありますが、歩みだけは確実に御用水の水路に沿って進めております。
写真のアサヒビールの境界壁沿いにアスファルトとは色調の異なるコンクリートが
続いておりますが、これが御用水の水路の一つです。
散策の歩みも御用水の水路もここで向きを変えて南進します。
(中央本線で行く手を阻まれています)



トンネルが二つあった
アサヒビールの北西角を曲がって南進すること約50mで写真のトンネル前に出ます。
堤防道路を走ってきた自動車は中央本線のため、いったんこの場所まで迂回して
線路の下をくぐってから、再び堤防道路へと上って行きます。
ところが、ごく至近距離にもう一つトンネルがあります。
しかも普通、トンネルは線路というか並走する側道というかに直角になっていることが
圧倒的に多いのに、この至近距離にある二番目のトンネルは斜めに横切っています。



稲荷川橋梁
最初のトンネルに戻って銘板を撮影しました。
トンネルの名前は「稲荷川橋りょう」とあります。
「橋りょう」は橋梁のことなのでいいとして、「稲荷川」とは・・・?
御用水の用途や流路変遷の歴史の中で、この辺りでは御用水のことを稲荷川と
呼称していたのか、いまのところ謎です。



朝日橋梁
そして中央本線を斜めに貫くトンネル、これには「朝日橋りょう」の銘板が貼られていました。
これまた、守山市の過去に遡っても「朝日」という小字はなかったはず・・・?
地名由来の橋梁名ではないのかもとも思います。

ここで拙ブログ「アサヒビール引込線跡(2/3)」に戻っていただき、引込線が
描かれている基本図をご覧いただきたいと思います。
この至近距離に並んでいる斜めのトンネルは、実はアサヒビール引込線の
線路が通っていたトンネルだったのです。
現在、このトンネルの写真側はゴミの不法投棄で荒れていて、トンネル裏側は民間の
会社のトラック駐車場になっています。

ここから先、新守山駅までは貨物ターミナルとして開発された歴史があり、いまなお
線路跡、トンネルなどに名残が認められます。それらはまた稿を改めてご紹介
できればと思います。
スポンサーサイト
[ 2017/04/23 20:51 ] 鉄道 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。