FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  お寺 >  法輪寺(5)

法輪寺(5)

瀬戸電気鉄道発行の「蓬莱七福神御案内」という観光パンフレットには、
法輪寺さんの説明(縁起、由緒)は次のように書かれています。

仏日山と号し本尊は釈迦如来なり。貞観二年、大森の城主尾関氏天台宗の
一草庵を創建し之を正宗庵と称せしが、文治年間陸奥の人佐藤庄司の室
其子嗣信、忠信追福の為め京都に出て諸仏閣を参拝せんとす。
偶正宗庵の尼僧に縁ありしければ此処に留まり庵主謀って堂宇を建立し
天文年間、雲興寺の大雲和尚修理を加え曹洞宗となし、今の山号に改め
天正年間長久手の役、兵火に罹り荒廃せしを寛文年間澄然和尚新に
堂宇を建て此処に移せり。境内には座禅堂あり薬師如来を安置し、
佐藤兄弟の肖像は地蔵菩薩の脇立とし掌善掌悪の二童子に擬へて
兄を吉祥院八過嗣信、弟を清光院剣勝忠信と法号し尚お後日堂宇修理の
資として黄金を地下に埋め置く旨を本尊の蓮台に書残せり。
(寺宝)釈迦如来木像、文殊菩薩、普賢菩薩、地蔵菩薩は何れも運慶作にして、
他に大般若写本600巻、行基菩薩作薬師如来、弁慶の手簡一幅、嗣信・忠信の
木像其他種々あり。

編註:新字体への置き換え、句読点の追加など適宜しております。

スポンサーサイト



[ 2016/09/14 22:44 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...