FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  絵はがき >  吉根の古い絵はがき(5)

吉根の古い絵はがき(5)

関連記事
2016.6.23 吉根の古い絵はがき(4)
2016.6.20 吉根の古い絵はがき(3)
2016.6.19 吉根の古い絵はがき(2)
2016.6.18 吉根の古い絵はがき(1)

これまでの考察から私の脳裏には一つのキーワードが生まれました。
「兵隊郡道」あるいは「兵隊道」と・・・
このブログの右上に「ブログ内検索」という窓があります。
ここで「兵隊郡道」と入力すると、この言葉だけが検索されて、
2012.7.8のブログ で私がこの言葉を使ったことがわかります。

この「兵隊郡道」という言葉は、郷土史におけるわが師と敬愛する
徳田百合子さんの論文で始めて目にしました。
徳田さんの文章を引用させていただきます。

守山郷土史研究会会報「もりやま」第9号 1990年
吉根ムラ散歩の記(8)
-兵隊郡道をたずねて-

(途中略)

工兵第三大隊のつくった道
この道(註:正式には県道篠木・尾張旭線とよぶ)について、
吉根のお年寄りたちは兵隊郡道とよんでいる。
吉根の故小林鈴太郎氏(明治34年生)は『思い出』と書かれた手記に
次のように記しておられる。

大正3年7月吉根地内太鼓ケ根山間地帯道路改修工事の測量す。
名古屋第三師団工兵第三大隊第二中隊の吉野精一中尉を始として、
川本特務曹長殿以下拾名以上の兵隊さんが測量に来る。
夜は青年会員の者が厳重に馬や銃の番を交代致してなす。
大正3年9月名古屋第三師団工兵第三大隊隊長以下全員吉根に
出動致し、吉根地内の太鼓ケ根山間地帯に新道改築改修工事を致す。
この工事は三日間にて成功致す。この道路を工兵軍道又は工兵道路
人は名付ける。この道路は吉根より旭村の印場へ至る道路である。
志段味村村長 野田実殿
吉根区長小林勘三郎殿、長谷川宗三郎殿

続く
スポンサーサイト



[ 2016/06/26 17:47 ] 絵はがき | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...