FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  用水路 >  八ヶ村用水の取水口を考える(3)

八ヶ村用水の取水口を考える(3)

取水口CA-144
▲ 米軍空中写真 1946/05/28(昭21)
八ヶ村用水を青色、古道を赤色で着色しました。
赤色で示した古道は、ほぼ現在の愛知霊園の中の園路と重なるものと思います。
それに対して青色の八ヶ村用水は現在よりも随分庄内川寄りにあって、しかも現在の堰堤よりも
325mほど下流で取水していたことがわかります。
青色の用水取水口近くにある堰堤は、現在の中切の堰堤とは異なります。


取水口USA-R1595-1
▲ 米軍空中写真 1948/07/27(昭23)
青色で示した八ヶ村用水の取水口は、おそらく豊富な水量の安定需給を求めて
かなり上流へと移動しております。


取水口USA-R1595-1部分拡大
▲ 取水口付近を拡大すると・・・
青い矢印で示したように、庄内川の川筋に段差ができています。
これはおそらく伝統的な堰堤である「蛇籠」を沈めて、庄内川より取水口に水を
効率よく導入しているのではないかと思います。
また赤い矢印線で示したところに、何やら線が確認できます。
この線は陸地(川砂の堆積した洲)にも及んでいることから、もしかしたら渡し舟用か
渡河用のロープであるかも知れません。
下津尾の渡しでは(渡し舟誘導用の)針金は使っていなかったと記述されていますが、
川筋に対してキレイに直角がでていますので、なんらかの人造的な造作物のような
気がします。
スポンサーサイト



[ 2016/03/03 22:13 ] 用水路 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...