FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  古道 >  渡し舟からの裏参道を考える(3)

渡し舟からの裏参道を考える(3)

明治時代の地形図裏参道
▲ ②の南向きルートを考える

前記事
休日ウォーキング 下津尾の渡し跡(2)

前記事より引用
守山郷土史研究会会報「もりやま」第9号(1990年)
東春日井郡川村の郷(上)-大正時代の年中行事・生活点描- 滝本庄吾氏
---------------------------------------------------------------------------
庄内川を渡ったあと、川村山と龍泉寺山の境を上って龍泉寺にお参りしていた。
---------------------------------------------------------------------------

さて、河岸段丘の窪みが、「V字谷状」になった山すそのことであるならば、
V字の東側が龍泉寺山で、西側を川村山と比定することは難しくないと思います。


南ルート④
▲ 南側の参詣ルートか?
明らかに霊園の域外にのびる坂道が続いています。坂の先を見上げると竹林の
向こう側に車道のガードレールが見えます。


南ルート20160227(1)
▲ 竹林の中へと坂道は続いています
道は竹林の奥で突き当たりになり、右に折れています。


南ルート20160227(2)
▲ 竹林の中の坂道はさらに上へと登り、道なりに左に曲がります
このあたりの竹は大変手入れが行き届いていて、とてもすがすがしい道になっています。


南ルート20160227(3)
▲ 竹林から出て、先が開けてきました


南ルート20160227(4)
▲ 見覚えのある場所に出ました!
ここは昔の道の集散地で、写真中央の八十八か所の仏様のところを画面奥に向かって3本の道、
画面左右にも道、そして私がいままでご紹介した坂道、この6本が現存しています。


名古屋市都市計画図S39-S43 20160227
▲ 名古屋市都市計画情報提供サービスより、S39-S43の地図
赤い矢印を付した場所が、上の写真の場所です。
渡し舟からの参詣ルートはこれで間違いはないでしょう。
ただ現況とは随分違ってきていますが。

下津尾の渡しの舟着場から、渡し舟のルート、そして龍泉寺さんへの参詣ルートを
シリーズで考察してみました。このシリーズはひとまずこれで終わりとします。

ところで上の都市計画図で八ヶ村用水の取水口が現在と異なっている事に
お気づきになられましたでしょうか?

いずれまた稿を改めて検討してみたいと思います。
スポンサーサイト



[ 2016/02/22 20:57 ] 古道 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...