FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  資料・文献 >  リヴィン春日井 古書即売会

リヴィン春日井 古書即売会

上野の郷土史

リヴィン春日井 古書即売会
が1月23日(木)から1月26日(日)まで開催されています。
木曜日も金曜日も会社の帰りに立ち寄り、おのおの1時間くらい郷土史本探しを
してきました。
いつもの古書会館での開催よりも品数が豊富で、かつ尾張、東濃地方の関係本も
期待できます。

今回の買物の中でナンバー1の古書は写真の「上野の郷土史」です。
パッと見には、伊賀上野とか東京の上野をイメージされるかも知れませんが、
これは実は鍋屋上野の郷土史なのです。
鍋屋上野は千種区の古くからある地名で、当時は出来町のあたりを西に、東は名東区との
境界である富士見台学区にまでおよぶ広大なエリアでした。

守山区の郷土史をやっておりますと、守山区を囲む市区町村の影響や関係が
とても重要なことに思い知らされます。
文化や風習、習慣、信仰がどのようにして伝搬してきたのか、あるいはそれらの原型は
どちらの市区町村に色濃く残っているかなど興味は尽きません。
古書市にはそうしたお宝が埋もれていのを発見する楽しみがあり、
今回のように運よく見つけた時には思わずガッツポーズをしたくなるものです。

この本は昭和53年に非売品で出版され、県下では愛知県図書館や市立鶴舞図書館にも
蔵書され、一般に閲覧することが可能です。
スポンサーサイト



[ 2014/01/25 08:49 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...