FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  資料・文献 >  「庄内川のわたし舟」

「庄内川のわたし舟」

庄内川のわたし舟
「庄内川のわたし舟」
とあるインターネットオークションでこの本の出品を見つけた。
出品者による説明文には、「1991年 私家版?。初版。頒価800円。93p。17×11㎝。
表紙カバーにわずかにムレ、小口にわずかに汚れがあります。中身に問題ありません。」とあった。

早速詳細を調査するために、インターネットで検索してみたが、図書館蔵書情報以外には
出品情報を補足するものは得られなかった。
商品は無事落札でき、本日郵便で届いたのが上の写真。

現物は文庫本程度の大きさ。
内容は大きく三部に分かれ、表題の小説が8割程度、残りが「庄内川のわたし舟によせて」と
「渡し舟によせて」となっている。
小説は後回しにして巻末の「渡し船によせて」から読み始めて驚いた。

筆者の田中実氏はかって守山区の白沢小学校の教諭で、その当時の教え子が歴史クラブで
書いた作文「庄内川の渡し船」が出版のきっかけとなった由。
1991年の出版に対して、その思い出話を「十数年前」と表現しているから、
1970年代後半の白沢小学校教師とその教え子(小6)の関係が想像される。

守山郷土史研究会の会報「もりやま」には次の関連記事が見える。
 昭和58(1983)年「庄内川の渡し場について」、久野冴子さん
 昭和59(1984)年「再び庄内川の渡し跡をたずねて」、久野冴子さん
また「渡し」という文字がタイトルには含まれていないが、文中に言及されている記事は次の通り。
 平成2(1990)年「東春日井郡川村の郷(上)」、滝本庄吾氏
まだ大小いくらかの記事があるが省略。
ちなみに肝心の「白沢のながれ」で渡し船について言及が無いのは残念である。
他には対岸の春日井市側で、同様に郷土史研究会が調査研究をされた成果が
インターネット上で見られる。

最後に当時の川船の写真を掲載する。
これらは渡し船ではなく荷役用で、その多くは亜炭や石を運んだと言われている。
2枚を比較すると、同じアングルから時間差あるいは、日を改めて撮影したことが推定される。

庄内川より龍泉寺を見る1

庄内川より龍泉寺を見る2


スポンサーサイト



[ 2014/01/05 22:08 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...