FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  民俗 >  疫病除け(猪子石)

疫病除け(猪子石)

吉根ムラから見ると南の方角に、大森ムラを間にはさんで猪子石のムラがあります。
現在の名東区です。この名東区の旧猪子石地区で香流川地域センターの方々が編纂した
「猪子石今昔」という文献があります。
その中から、吉根の疫病除けのお札に類する記述をご紹介します。

新屋敷では現在、7月1日に「高〆」を行う。
これはしめ縄に御幣をつけたものを背の高い二本の竹の間に張り、
これを部落への入口の道路にわたして立てた。
四、五か所に立てて28日までおくが、トラックが通るようになって
邪魔だというので、戦後は片側だけ立てるようになった。
新田は7月11日に立てたが、整理事業後はやらなくなった。

以上「猪子石今昔」、昭和59年10月20日より

先日このブログで引用した次の文章が、今回の猪子石の文献で理解できました。
「ムラ境4ヶ所(→ムラの霊・神)に立てる。」
立てる位置は同じですが、猪子石の文献の表現「部落への入口」これが重要です。
部落外から入ってこようとする疫病を、入口で防ごうという目的が明確に
読み取れるからです。

「今は笹竹を道路の片側に寄せてあるが、もとは両側に笹竹を立てシメ縄を渡していた。」
これも両側から片側になった経緯がよく理解できます。
元々はバリケードのようにしていたのが、進入禁止の交通標識のようになったわけです。

時代とともに習俗も変化する面白い例です。
吉根、猪子石に限らず、広くこの風習が行われていたと思われます。
また他の地区の文献や実物を見つけたら、このブログでご紹介します。

猪子石1

猪子石2
スポンサーサイト



[ 2012/07/10 22:48 ] 民俗 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...