FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  守山探検隊 >  守山探検隊2013年度コース下見会の下見(笑)

守山探検隊2013年度コース下見会の下見(笑)

6月4日(火)守山探検隊 下見会 の下見(笑)
2013年度の「まちあるきイベント」コース策定のため、来る6月4日(火)に守山探検隊では
コース下見会を開催します。
今回は瀬古・幸心地区が候補にあがっています。
すでに色々な散策会や印刷物、インターネットで紹介されている地区なので
ある意味見どころが決まってきますし、独自色を打ち出すのに苦労します。
今回は下見会に先だって、問題点や、私的な見どころ紹介のため、下見会の下見に
訪れてみました。


DSC06645-2.jpg DSC06648-2.jpg
集合場所はJR新守山駅
これは参加しやすさや、定刻出発までの人だまりを考えると妥当なところでしょうか。
ほぼ駅前に30分100円の駐車場もありますので、スタッフだと2時間の行程±前後30分で
3時間程度の駐車で600円になります。名古屋市バスは往復で400円ですから、ちょっと
微妙ですが、バスは本数が少ないので、どうしたものやら・・・
で、線路下を通り抜ける歩道は、道路の南側にのみあります。まず、これ重要です!


DSC06681-2.jpg DSC06676-2.jpg
常雲寺さんにて
今回の50周年記念イベントでもそうでしたが、お寺さんや、お社でのガイド説明は
いつの創建で、開祖が誰それで、本尊や御神体は何々でなんて説明が延々と続きます。
これは仕方が無い説明かも知れませんが、たいていの人はあまり聞いてくれて
いませんし、だいいちそんなことはどこにだって書いてあります。
限られた時間を有効に使うのでしたら、山門前でたらたらと説明しないで、
ずばりこの庚申堂の前で「見ざる、言わざる、聞かざる」の説明でしょうね。
それとお寺の中にある異質な空間(写真右)、これは御嶽山信仰の築山ですが、
こうした民間信仰の歴史を織り交ぜると、一味違ったガイドになるでしょう。


DSC06685-2.jpg DSC06722-2.jpg
間黒神社の旧神明橋の残骸
この旧い欄干がどうして社の裏手にあるのか、もちろんこれは戦時中B-29が墜落して
欄干を壊してくれたものだから、新しい欄干にした時に、古い欄干をここに置いて
いるわけですが、これを「お宝」(極めてダークですが)と言わずして何とすると
言いたいです。会長には先回りしていただき、来る班ごとにここで解説してほしいと
思います。ここの社には幸心村の様々な歴史的遺物がありますので説明は長めでも
よいでしょう。
石山寺さんの隣ですが
こんなところにも御嶽山の築山がありました。
これは知りませんでした。草ぼうぼうですから、今ではお世話されている方も
途絶えているのかも知れませんね。これは私のお宝発見だけで、ガイドの時には
ここは素通りで良いでしょう。


DSC06723-2.jpg DSC06727-2.jpg
水屋ですが・・・
たぶんですが、1軒を除いて全滅の様相です。
その現存するたった1軒とは、守山区唯一の造り酒屋「東春酒造」さんの蔵です。
現在こちらの水屋には何も入っていないそうです。
また散策会のコースとして、ここの見学をすることは事前に申し込めば準備して
していただけるそうです。
ここもまさしく守山区の宝です。ぜひ水屋の内部見学をコースに組み入れたいと思います。
スポンサーサイト



[ 2013/05/26 17:32 ] 守山探検隊 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ