FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  古道 >  ほっぽ山の里道

ほっぽ山の里道

現在の地形図に重ね合わせ
ほっぽ山の里道
ほっぽ山を縦断して、吉根から大森に通じる昔の里道が、現在の踏査ルートに微妙に
合致しないのがよくわからなくて、いろいろと検討を重ねています。

うまく合致しないのは、地図の精度が悪いのか、それとも私のパソコン操作が悪いのか、
なかなか糸口がつかめません。

もう一度「今昔マップ」を眺めてみました。
現在の地図に、今昔マップで得た昭和13年の里道を重ね合わせたのが、上に表示した地図です。
今昔マップではこの昭和13年以外に、明治24年測図の地図から見ることができます。
順番に里道の変遷に注意しながら見て行ったところ、明治24年から昭和22年までの
里道はまったく同じでしたが、次の昭和34年以降はゴルフ場ができたためか、里道そのものが
書かれなくなっていました。今昔マップからだけでは解決のヒントが得られませんでした。

それで手持ちの「明治24年測図」と「昭和35年発行版」を注意深く見てみました。
イメージスキャナで無意味かも知れませんが1200dpiでパソコンに取り込み、慎重に里道を
着色し重ね合わせたのが下の地図です。



明治24年昭和35年-2
印刷原稿でトンボを打つような、決定的な位置合わせの目印がないために、両者の地図で
適度な妥協をもって重ね合わせております。

その結果は大きくは違いが見出せませんが、里道の中間地点で、
変に迂回していた箇所が真っすぐになっていました。
もう一度、昭和35年版を思いっきり拡大して検討しました。

昭和35年5万分の1部分拡大

その結果わかったことは、青く着色した里道は、赤い矢印線で示した「尾根道」を
通らず、不自然にも沢筋を下って吉根の集落に向かっています。
今回、踏査してみて痛切に感じましたが、同じ山の中を歩くにも、沢筋よりも
尾根筋を歩いた方がはるかに楽でした。

また、「ほっぽ山」から見る遠望が大層素晴らしかったと言われるからには、
尾根道でないととつじつまが合いません。
従いまして、本来の里道は青く着色した地図表記の位置ではなく、私が赤く示した
尾根上の道であると推論するものです。
そしてその道は、もしかしたら、古い時代は下の地図で「左から2番目」で、比較的
新しい時代は「右から2番目」のルートだったかも知れません。
明治時代の県有地の境界杭を「右から2番目」のルートの、ゴルフ場との境界付近で
発見していますので、「右から2番目」ルート説がやや強いかも知れませんが・・・


google-住宅地図-山道-ルート-赤線
スポンサーサイト



[ 2013/03/05 22:55 ] 古道 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...