FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  区内の山 >  ほっぽ山 山歩き(1)

ほっぽ山 山歩き(1)

ほっぽ山20130106-1
冬が待ち遠しかった
なんて言う人は、一昔前ならスキーヤーとか、冬山登山愛好者くらいしかいなかったと
思いますが、この半年くらいは本当に「冬が待ち遠しく」感じられました。
それほど「ほっぽ山」は雑木、雑草が生い茂り、スズメバチやマムシなどの
有害生物が怖かったからです。



ほっぽ山20130106-3
満を持して
って大げさですが、笹ヶ根1丁目から山に入りました。
住宅地から昔の里道の名残のような階段道を登ると、夏の間生い茂っていた雑草が
刈られた山道に出ます。昔は段々畑にしていたような段差のある土地が続いていました。
今ではすっかり竹林になっていています。
参考

7月8日の日記



ほっぽ山20130106-4
これを道と言うか
竹林の外れからは、道が次第に不確かになり、行く手を阻む倒木もたくさんありました。
しかし前方は確実に登り勾配になっているし、下から見上げても尾根のように
明るく見えるので、明るく開けた方へと歩を進めました。
と、やはり尾根道に出ました。




ほっぽ山20130106-6
尾根伝いに歩いて行くと
前方に倒れたコンクリート柱が見えました。直感的に境界杭だと思いました。
倒れている杭が2本と、立っている杭が1本ありました。
ゴルフ場沿いの山道と、私が登ってきた尾根道とのT字路になっていました。
前方からは木立の中にグリーンや給水塔が見られました。
ゴルフ場沿いの山道を少し入りましたが、ますます踏み跡が感じられず、
これまでとしました。




ほっぽ山20130106-7
T字路からの遠景
ここらの眺望は木立が深くてまともには見えません。
ただ尾根道の途中に少し開けた場所が何ヶ所かあり、木立がこれほどなかった昔には
さぞかし眺めが良かったのだろうなと思いました。

「ほっぽ山」のことを半年考えている中で、「ほっぽ山」とは吉根の山地の総称であって、
特定のピークを指していたのではなかったのかも知れないとの思いが強くなってきました。
吉根の人にとっては西のピークや尾根から伊吹山や白山がみえる場所が「ほっぽ山」で、
下志段味や長廻間の人にとっては同様に東のピークや尾根が「ほっぽ山」だったのでは
ないでしょうか?
スポンサーサイト



[ 2013/01/08 22:14 ] 区内の山 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...