FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  神社 >  八剱神社(森孝新田)その4

八剱神社(森孝新田)その4

八剱神社(森孝新田)の由緒
村社の境内によくある由緒書きは、残念ながら、こちらの八剱神社(森孝新田)様には
ございません。町内会長さんに案内していただいて氏子総代さんをお訪ねしましたが、
やはり由緒書きは伝わっていないとのことでした。

一般に村社を含めて神社は、明治4年5月14日(1871年7月1日)に太政官布告
「官社以下定額・神官職制等規則」により社格が制定されました。近代社格制度 - Wikipediaより

この前後に各神社が役場に提出した「明細」の中に、若干の由緒書きがありますので
ご紹介します。
守山郷土史研究会会報「もりやま」第5号より「守山町神社明細帳」より
=======================================================
愛知県管下尾張国春日井郡森孝新田字乙百番
村社
八剱神社
祭神 倭建命、須佐之男命
由緒 文政9年丙戌5月26日勧請と申伝う
社殿 竪2尺7寸、横2尺1寸
拝殿 竪1間4尺5寸、横1間1尺7寸
境内坪数 303坪、民有地第2種
境内神社 1社
     御嶽社 祭神 大名持命、少彦名命
     由緒 天保4年癸巳の頃創立と申伝う
     建物 竪1尺2寸、横1尺
氏子戸数 55戸
管轄庁迄距離 3里8丁
右之通相違無御座候也
明治12年10月
右祠官 安藤正義
同祠掌 高松信彦
同氏子惣代 肥後平蔵
      梅村金蔵

春日井郡長 吉田禄在殿
前書通相違無御座候也
右村戸長 酒井慶蔵
=======================================================

他の文献にも掲載はありますが、おおむねこのとおりです。
例えば・・・・・
東春日井郡誌:祭日10月17日とある他は、上記からの抜粋引用です。
守山市史もまた東春日井郡誌と同文(丸写し)のようです。

他方、これとは違う記載もあります。矢田川物語、小林元著、昭和55年
「森孝新田の八剱神社の創建は天保9年(1826)のことで新しく、
大森の八剱神社から分祀したもので、祭神に天火明命は祭られていません。」

これを「違い」と読むか、文政にしても天保にしても9年なのだから、小林先生の
転記ミスかも知れないという可能性もあるかも。
(中学の時の)恩師を疑っちゃいけないのですが・・・・・
先生からの私信では、ご高齢で体調がすぐれないので郷土史の仕事からは手を引くと
書かれておりましたので、この件のご確認は難しそうです。

もうひとつ、小林先生がご指摘の「祭神に天火明命は祭られていません」の件。
これは両社の祭神を見較べればそのとおりです。
では、その天火明命とはいかなる神様かと申せば、天火明命 - Wikipediaによれば
「尾張氏(尾張連)、海部氏など多くの氏族の祖神であり」「名前の「天照国照」「火明」から
わかるように太陽の光や熱を神格化した神」とのことです。
ただし「天照」の名があるが「天照大神」とは別の神である、とも書かれています。
この神様がなぜお祀りされていらっしゃらないかは、現在のところ、私の見解はまとめきれて
おりませんが、尾張の各八剱神社さんには神様は三柱のところも二柱のところもアリなので
とりあえずはスルーしておきます。可能性としては大森の八剱神社さんから、森孝新田に
御霊を分けて頂いた時のカクカクシカジカかと・・・

さらに、もうひとつ
今度は先の神社明細からです。
境内神社 1社 御嶽社」の記述です。八剱神社(森孝新田)その2で書きましたように、
本殿の両側に小祠が一社ずつあり、いま一つ境内にありましたので、合計三社の小祠の
神様が不明でしたが、どうやらそのうちの一社は御嶽社さまの可能性が出てきました。
先ほどの明細では、御嶽社さまは「建物 竪1尺2寸、横1尺」とのことです。
御嶽社さまの社殿が、明治初期の報告ままとは到底思えませんが、もしかしてお社を
新調するときにサイズにこだわりがあったのなら、このサイズに近いのは、本殿両脇の
小祠よりはむしろ、境内にあって町内会長さんより「津島さんでは」と教えていただいた
小祠こそ御嶽社さまなのかも知れません。

すると本殿の両脇に控える左右同サイズの小祠は何かとなります。
私はこれを両社とも津島さん(お天王社さん)だと見ます。
守山区のあちらこちらの町内に天王社さんが分布しておりますが、なかには村社の
境内に遷座したお社もあります。神社の統廃合とか区画整理とか、戦災とかですね。
ところが森孝新田には天王社さまが見つかりません。←ここ重要です!!
ちょっと気になるお堂は四軒家の西方にありますが・・・・・
もしかしたら、もともと森孝新田の町角にあったお天王社さんが、村社である八剱神社さまの
境内に合祀させられたということは、そんなに無理なお話ではありません。
事実、大森の八剱神社さんには近在のお天王社さんが集められておりますから。

以上、大変お世話になった町内会長の高木様に、私なりの私見をもちまして
お答えさせていただきました。
スポンサーサイト
[ 2012/11/23 06:32 ] 神社 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ