FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  戦跡 >  元補(3)守山分廠関係綴

元補(3)守山分廠関係綴

守山分廠関係綴原簿表紙

【元陸軍兵器補給廠守山分廠関係綴】

 2014年7月21日、守山探検隊の当時会長だった故小島さんのお供で、名古屋
市政資料館の中にある名古屋市の公文書館を訪れました。小島さんはご執心
だった戦時中のB29の墜落について、墜落した場所の特定のために大区、小区の
資料を探されていました。私は守山探検隊の森孝コースの参考にと、元補すなわち
元陸軍兵器補給廠の資料を、二人別々に探しておりました。

 公文書館の収蔵品の検索PCで守山区に関連する資料を片っ端に調べていた時、
なんと補給廠そのものの簿冊を発見しました。書庫から出していただいたその資料を
見て飛び上がらないばかりに驚いて、私たち以外に閲覧者がいないことをいいことに
大きな声で小島さんに声を掛けてしまいました。

 それが上の画像の簿冊です。昭和21年1月起と書かれていますから、終戦後わずか
半年足らずでの起案文書になります。ページをめくると、補給廠跡地積調から始まって
幾度となく各種の払い下げ申請が国(東海財務局)と県になされた草案や下書きが
累々と続いていました。

 かって、[ 2014/08/28 10:51 ] 守山に存在したか?陸軍気球隊 と題して書いた
のもこの簿冊の中に綴られていました。名古屋市の他の区の場合、この手の資料は
とうの昔に廃棄されたか、外部の開かずの倉庫に放り込まれて二度と日の目を
見ないような扱いになっているかも知れないのに、よくぞ守山区!とひとしきりそんな
会話を公文書館の職員さんと交わしました。職員さんが仰るには、名守合併の時に
たまたま守山町にこの簿冊が残っていて、それを後日公文書館が引き取ったのだろう
とのことでした。

 小島さんは「どうだね、これで論文が書けるかね?」と声をかけてくださいました。
不肖の弟子はいまだに何ら行動を起こしておりませんが、その間には小島さんが
天国に旅立たれ、この件に関する私の記憶も薄らいでいることを危惧して、とりとめも
なく、この記録を展開することにしました。
スポンサーサイト



[ 2020/11/19 21:00 ] 戦跡 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...