FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >   >  至来川(3)

至来川(3)

前記事
至来川(1) [2012/06/10]
至来川(2) [2012/06/12]

久しぶりに至来川近くの話題を書きます。
至来川は吉根の山を水源に、庄内川に落ち込む長さ1キロにも満たない
水路です。「吉根階子田」に梯子(はしご)をかけて行き来するような
段々畑や棚田があったころには、農業用水として使われていたのかも
知れませんが、もはやその痕跡を探すのも困難になりました。

至来川とはすこし風変わりな名称です。
私の郷土史の大先輩である徳田百合子さんは、至来川の名称の
由来はもしかしたら蓬莱からの転訛ではないかと仮説を立てられました。
蓬莱とは「ひつまぶし」の老舗・熱田蓬莱をすぐに思い出してしまいますが、
もちろんWikiでいうところの「古代中国で東の海上(海中)にある仙人が
住むといわれていた仙境の1つ」なわけです。
また、「熊野、熱田などの霊山や仙境を蓬莱と呼ぶ」ともWikiに
書かれています。

渡来系の人々が熱田の浜に上陸して、熱田の地に大規模なクニを
作ったであろうことは巨大な古墳の数々が物語っておりましょうし、
東谷山山頂の尾張部神社が熱田さんの奥の院であり、熱田さんと
守山が強いつながりがあったことも事実です。

したがって蓬莱が訛って至来になったとする説には一定の強さが
あると思います。しかし上記Wikiによる「熊野、熱田などの霊山や仙境を
蓬莱と呼ぶ」に着目すると熊野が例示されていることに驚きます。
かって至来の集落は竜泉寺街道の西側(庄内川側)を西至来、東側
(吉根の山側)を東至来とよんでいました。その竜泉寺街道・東至来の
際に熊野神社参道入り口の石柱が現存しています。

もしかしたら、この地は古来より熊野信仰に関連しての蓬莱、そして
転訛して至来を地名としていたのかも知れません。

スポンサーサイト



[ 2019/08/13 10:01 ] | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...