FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  アンテナ >  FMアンテナの設置(1)

FMアンテナの設置(1)

F-F8D取扱説明書1
設置するFMアンテナの取扱説明書

 拙宅が20年以上前に引越しをした動機は、名東区の旧家が手狭になったからなのですが、
旧地で建て直しをしなかったのは土地が狭くて、必要な部屋数の確保が難しかったからです。
どうせ旧地を離れるのなら、勤務先への通勤に少しでも近くでと守山区を考えました。
私はアマチュア無線の開局以来ずっと50MHZが好きで、とりわけ9エリアとのQSOが
好きでした。それで宅地分譲地を探すときには、FM福井の周波数76.1MHzにカーラジオを
セットして、よく聞こえる場所を同時に調べた結果、当地に落ち着くことになったわけです。

 ところが当地は県域放送の巨大タワーが目視できる位置にあって、しかもそのときには
予想すらできなかった補間放送が三国山から送信される事態となり、WellbrookのALA-1530に
代表されるアクティブループアンテナではFM放送の遠距離受信は難しいものになってしまいました。
 今回重い腰を上げて、FM用アンテナを設置しましたので、その経過を自分の記憶のために
ブログに残しておきます。

 上の画像は購入したアンテナの取扱説明書です。
アンテナは八木アンテナのF-F8Dという型式で8エレメント(8素子)のタイプです。
取扱説明書の右下に小さな文字で「G-1458」とあります。
何年のものなのか即座には解読不明ですが、2014年ということはないと思います。
「G-1458」を逆から読んで1985年ならステレオセットの写真ともあいまって
そんなものかなとも思います。そんな古いものですが、未開封品が破格の2,000円で
手にはいったのも、何を今さらのFMアンテナ設置につながりました。

 昔はエアチェックという合言葉のもと、若者たちは音質の良いFM放送をこぞってカセットテープに
録音して、気に入った音楽や、番組のコレクションをしたものです。まだレンタルレコードなんて
なかった時代です。残しておきたい音楽番組が昼間の放送の場合には大げさなタイマーを
使って留守録までしました。今ではインターネットやスマホでFM放送が聞かれる時代に
なりました。それでもコミュニティFMや、サービスエリア外の放送局のネットラジオは
別のアプリを入れないと聞かれなかったり、あるいは有料になったりします。
だったら昔なつかしいスタイルで、アンテナ立てて聞こうかなのです。

続く
スポンサーサイト



[ 2018/11/11 17:21 ] アンテナ | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...