わが町 守山区 TOP  >  2017年08月

アメリカ村(補遺) ③

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2017/08/27 12:57 ] 町並 | TB(-) | CM(-)

アメリカ村(補遺) ②

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2017/08/27 11:31 ] 町並 | TB(-) | CM(-)

アメリカ村(補遺) ①

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2017/08/26 10:32 ] 町並 | TB(-) | CM(-)

プレミアムフライデー

プレミアムフライデー
政府と経済界が推進している、毎月末金曜日に出来るだけ仕事の休みをとって
消費拡大に貢献してねという趣旨に賛同して、本日は有給休暇をとりました。
午前中は庭仕事を少ししては、暑ちーっと言って家に引きこもる繰り返しで、
午後からは鶴舞図書館と名古屋市公文書館に行ってきました。




ネコノヒゲ20170825
ネコノヒゲ
猫の髭とは言いえて妙なネーミングではありませんか!
ホームセンターでは流通していないのか、販売の期間が終わったあとなのか知りませんが、
普段は見た記憶がありません。先週、三好の三貴フラワーセンターで見つけて買った苗です。
これがシソ科というのもわからないではありませんが、ヒガンバナの仲間とでも言いたくなる
ような立派なお髭ですね。



エーゲ海20170825
アジサイ・エーゲ海
季節はずれのアジサイの開花です。いまこのエーゲ海の大鉢では、こんなのが二輪、二房て
言うのかわかりませんが二つ咲いています。今年鉢の中から伸び出てきた新しい枝の先に
咲いています。



クレロデンドルムブルーウィング20170825
クレロデンドルムブルーウィング
ポット苗についていたネームプレートにはこう書かれていましたけど、舌を噛みそうな名前です。
ブルーウィングだけでもよいと思います。花びらは1枚多いのですが、その姿かたちは青い
シジミチョウを思い出させます。



名古屋市市政資料館20170825

名古屋市市政資料館20170825(2)
名古屋市市政資料館(公文書館)
今日は結婚式をされていたカップルがありました。
20年くらい前に、子供の幼稚園の先生がここでお式を挙げられて、子供をつれてお祝いに
来たことを思い出しました。
ここの2階の一室が公文書館になっていて、私にとってはお宝の山みたいなところです。
本日の成果は「アメリカ村・Smith Towm(補遺)」として作成する予定です。
最近のブログとしてタイトルは載るかもしれませんが、一般公開はしないで、
パスワードがわかる方のみの限定公開です。申し訳ありません。
[ 2017/08/25 20:30 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

戦争展2017(3)

戦争展6
守山の戦跡
「平和のための戦争展守山」さんによる展示パネルを拝見しました。




戦争展7
ガスタンク(新守山)
展示パネルの中から一つですが、ガスタンクを取り上げさせていただきます。
大変大きな構造物ですので、比較的遠くからでも見ることができますが、場所としては
アピタ新守山店の向かい、南側になります。
この巨大なガスタンクが旧陸軍造兵廠鳥居松製造所にガスを供給していたとは知りませんでした。
また、戦争展当日、ご説明係としていらした旧知の岡田先生によれば、その当時は球形ではなくて
円筒形であることもご説明いただきました。



勝川今昔ものがたりガスタンク
勝川今昔ものがたり より
春日井市勝川の著者・長谷川さんが「昭和20年の春」、「南西の空にB29の編隊が見られ」、
「日本の高射砲が迎撃」と書かれているページです。
このページの左下に円筒形の構造物が描かれています。
亡き小島さんとこのカットを見ていたときに、小島さんは即座にガスタンクだと仰いましたが
これがそうなのか・・・



守山市史ガスタンク
守山市史 より
国鉄・新守山駅建設の様子を撮影した写真
盛り土をして線路の地盤を作り、架道橋をかけて往来ができるようにしてあります。
このトンネルのように見られる橋の名称が守山第三架道橋で、もしかしたら現在の
アピタ新守山店のすぐ東側の橋かも知れません。
この写真に円筒形の構造物が写っています。これがガスタンクなのでしょうね。

守山第三架道橋についてはまた後日ということで・・・

戦争展2017についての記事は以上です。
[ 2017/08/19 10:20 ] 戦跡 | TB(0) | コメント(2)

戦争展2017(2)

戦争遺跡研究会20170813(1)
戦争遺跡研究会のブース
行った日時が悪かったのか、どなたもいらっしゃいませんでした。
清水先生がいらっしゃったらご挨拶をと思っておりましたが、アポなしではいけませんね。
昔は軍人像が千種区の平和公園にたくさんあって、小学校の低学年のときにセミ取りに行き、
おびただしい軍人像にまるで取り囲まれたような恐怖感から、早々に帰宅した記憶があります。
これらの像の多くは平和公園から撤去されて、現在は知多のお寺に移設されたと聞いています。



戦争遺跡研究会20170813(2)

戦争遺跡研究会20170813(3)
[ 2017/08/15 16:04 ] 戦跡 | TB(0) | コメント(0)

アメリカ村(SMITH TOWN) ③

 スミスタウン関係の文書類は愛知県公文書館に収蔵されています。
他に多くの駐留軍住宅があったにもかかわらず、その記録は一切なく、スミスタウンのみが
文書保管されてきたのには理由があります。

 その理由を文書から拾い読みすると、昭和31年1月、スミスタウンの建築請負業者と
発注者(駐留軍、愛知県ではなく、民間業者)との間の「住宅建築工事代金支払いに関して
契約不履行についての嘆願書が県に提出された」ことによります。
それについて県が第5空軍の住宅課に問い合わせを入れ、第5空軍より軍は関知せずの
回答がありました。その経緯として保管されるに至ったものと思います。

 人名、会社名は当ブログ記事には何ら必要事項ではありませんので、ここでは非公開に
しておきます。また契約不履行の内容につきましても題意ではありませんので省略します。

 これらの文書の中で記されている文言から、はからずも史実として明確になった
ことがらがいくつかあります。

 まず「スミスタウン」の呼称ですが、第5空軍に宛てた照会の返信中に記されている英名は
"Smith Town, Dependent Housing area for Security Forces at Moriyama" となっています。
つまり拙訳ですが、スミスタウン:在守山 (米空軍)通信隊家族住宅街区でしょうか。
文書の日付は1956年1月27日で、米陸軍第5航空隊所属第1通信隊が大府へ移駐する
段階かつ、第5空軍の本部が入る前、しかし編成上は陸軍から空軍が独立したあと、という
時期かと思います。

 次にスミスタウンの建設時期ですが、「嘆願書」によれば昭和30年8月から建築となっています。
「嘆願書」から読み取れる経緯としては、昭和29年に駐留軍住宅建設の話が「発注者」からあり、
同年猪高村(現在の名東区)にモデルハウスを作って観覧に供したところ好評で、
「発注者」は猪高村付近に150戸の建設を企画しましたが土地の入手が困難で、
守山市牛牧字ハナレ松に土地を確保しました。

 昭和30年8月2日付けで、第5空軍住宅課より約200戸の駐留軍用住宅建築の通知が
あり、まず44戸がスミスタウンとして建築されることになりました。(その内の1戸は監理事務所)
スミスタウンは昭和30年10月1日に10戸、10月16日に16戸が竣工し、他には嘆願書作成時点で
工事完成が2戸、未完成1戸、未着手15戸となっていて、嘆願書訴えの経過にもよっては
未着手15戸はそのまま作られなかった可能性もあり、空中写真で白沢川の北側に
住宅が写っていなかった理由がそれかも知れないと考えれば合点がゆくというものです。

 3回に分けて掲載のスミスタウンに関しては以上で終了です。

おわり 
[ 2017/08/15 11:58 ] 町並 | TB(0) | コメント(2)

アメリカ村(SMITH TOWN) ②

スミスタウン配置図部分拡大
配置図の部分拡大
 先の「SMITH TOWN 配置図」の左上に、このスミスタウンの立地図がラフに書かれています。
これを拡大したのが上の画像です。文字情報としてそこに記されているのは「竜泉橋」、「白沢
バス停留所」、そして「水路」の三つです。

 橋の名前が変わるのはままあることで、もしかしたら現在の「白沢橋」をむかしは、と言っても
昭和30年頃は「竜泉橋」といったのかも知れませんが、今のところは未確認です。
余談ですが、上の部分拡大図で白沢バス停留所から左に折れて、スミスタウンと白沢川を
横断する道路があります。ここに架かる橋は、現在は見返橋となっていますが、ここも
むかしは小坂橋といったそうです。小坂町の町名消失とともに見返橋に変わったものと
思います。

 次に「白沢」バス停留所ですが、現在は図示の位置と思しきところには、名古屋市バスの
「緑ヶ丘住宅」バス停があります。時代は少し新しくなりますが、旧守山市発行の広報誌
「もりやま」名守合併記念1963年版によれば、この位置にあった国鉄のバス停は
「白沢口緑地公園前」になっています。

 三つ目の「水路」は白沢川のことで間違いはないでしょう。



スミスタウン航空写真19590525(昭34)
昭和34(1959)年の空中写真
中央に不規則な湖岸のような形の白沢川が見られます。
ボートが浮かべられ、プールとしても使われていた頃でしょうか。
その貯水地の右側にスミスタウンが細長く連なっているのが見られます。
しかし昭和32年の第5空軍の撤退から2年が経過し、白沢川を挟んで北側の街区が消滅して
何やら整地されているようにも見られます。
(空中写真は国土地理院の国土変遷アーカイブスより)

つづく

[ 2017/08/15 09:52 ] 町並 | TB(0) | コメント(0)

アメリカ村(SMITH TOWN) ①

終戦後の 昭和20(1945)年10月、守山の連隊にはアメリカ陸軍第25歩兵師団がやってきました。
彼らが昭和21(1946)年2月に大阪に移駐したあと、米陸軍第5航空隊所属第1通信隊が昭和21(1946)年6月より
無線テレタイプ通信の業務を開始しました。

昭和29(1954)年から翌昭和30(1955)年にかけて、名古屋の都心にあった第5空軍本部や他の部局が入る
新しい建物を守山に作るために、駐屯地にあった多くの古い建物を取り壊し、通信隊の無線通信機や
アンテナは大府の通信所に新たに再構築されました。

昭和31(1956)年、第5空軍本部は名古屋から守山に移駐しましたが、移駐まもなく昭和32(1957)年9月には、
再び東京の府中へと移って行きました。
ここまでは ‘Moriyama Compound Today’, 14 February 2004 より抄訳して引用しました。
本日の話題は、この第5空軍が守山にやってきた昭和31年頃のお話です。


アメリカ村
終戦後、進駐してきたアメリカの軍人、軍属が居住した地区を、当時の日本人はアメリカ村などと
呼んでいました。そして、ここ守山でも同じようにアメリカ村と呼んでいました。

その話題はしばらく私の中でもネタとして温存していたら、使うのをすっかり忘れておりました。
先日赤井さんとの会話の中で、「陸軍の境界標柱を思わぬところで見つけて、近くで魚釣りをしていた
おじいさんとそのことを話していたら、この近くにアメリカ村があってねと聞きましたよ」、とのことでした。

私はとっさにスミスタウンのことだと直感し、ブログネタとして記憶の中に仕舞っぱなしにしていたことを
思い出して、本日は記憶を整理して、他の資料で補完しながらブログにまとめています。


スミスタウン
今からご紹介する守山区におけるアメリカ村のことを、正式にはスミスタウンと呼称したのか
そこまではよくわかりませんが、以下スミスタウンと書きます。

第5空軍の本部が守山に来ると決まって昭和30(1955)年5月13日に守山地区日米地方連絡
協議会が設立されました。そうした中でおそらく愛知県から米軍居住用の住宅用地確保と
住宅建設の指示が守山市にあったのかと思います。


スミスタウン
スミスタウンの配置図
小幡緑地公園本園に県道に面して見返池(通称しゃぼ池)があります。
今では名進研小学校の北西側で、白沢川の水源池と言ったほうがわかりがよいかも知れませんが。
その県道と、見返池から流れ落ちた白沢川の交差する位置の橋が「白沢橋」で、その橋から下流に向かって、
白沢川の両側に44軒の住宅が作られました。
上の配置図のタイトルは「SMITH TOWN U.S」となっていて、おそらくこれが正式名称だと
思われます。
竹元さんによれば、このアメリカ村には米軍の将校が住んでいたとのことです。

つづく
[ 2017/08/14 20:21 ] 町並 | TB(0) | コメント(5)

戦争展2017(1)

戦争展1
2017あいち平和のための戦争展
今年はいつもの鶴舞公会堂が工事のために使えないので、名古屋ドーム近くの、市民
ギャラリー矢田で開催されました。2階に連絡通路があり、イオン、名古屋ドームと
繋がっていますので、とても便利です。



戦争展2
戦争展のポスター
いわさきちひろ風のほんわかとしたデザインでセピア調なのがイイですね。



戦争展3
名古屋・学童疎開を記録する会
亡き小島さんの関係された会で、こちらの展示を手伝いさせていただいたこともありました。
中央に展示されている紙芝居のカットは小島さんの直筆を縮小したものです。



戦争展4
小島さんの紙芝居
こうした絵を苦も無く作られる小島さんにはいつも感心させられました。
私のノートパソコンにはこの紙芝居が入れてあって、小島さんが戦争展やピースあいちで
紙芝居講演をされるときにスクリーンへの投影のお手伝いをさせていただきました。
この展示を見て、よき師との思い出がよみがえりました。



戦争展5
取材を受ける晩年の小島さん
たしか読売新聞だったか、「どこで聞いたのか知らんが、取材にみえてね」とお話に
なられていました。またそのご縁だったと思いましたが、ピースあいちでの紙芝居
講演のときにも取材してくださり、新聞に載せて下さりました。

つづく
[ 2017/08/14 10:04 ] 戦跡 | TB(0) | コメント(2)

8月13日

ツマグロヒョウモン20170813
ツマグロヒョウモン
本日のわが家で出会ったチョウ、ツマグロヒョウモンの♀
ツマグロヒョウモンは褄黒豹紋と表記するそうです。褄は着物などの端のことだそうで、
褄が黒い豹柄の紋がある蝶の意味になるのでしょうね。前翅が少し欠けているのが
お気の毒さまではありますが・・・



シモツケ20170813
シモツケ
老母を吉根のイオン守山店まで送り、敷地内に咲いている花を探索しました。
これは季節遅れのシモツケですね。大部分は花柄になっていましたが、このように
ポツリと花をつけている株が少しだけありました。
アジサイの花も枯れていましたが、中にはガクアジサイで、色はピンクだなと判別できる
程度に残っているところもありました。



ドアラ神社20170813
ドアラ神社
家で昼食後に、2017あいち平和のための戦争展に出かけました。
車と嫁さんをイオン名古屋ドーム店に置いて、戦争展が行われている市民ギャラリー矢田に
向かう途中でドアラ神社を撮影。球団の勝ち星と同じで、どこか寂しげでした。
戦争展についてはまたあらためて。
[ 2017/08/13 21:37 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

シンテッポウユリ

わが家の庭20170812(1)
ヤブランの花が終わって、ユリの蕾が頭をもたげてきました。
長塚さんから、このあたりで白い花を咲かせるユリは、むかしはテッポウユリだったけど
最近は台湾から入ってきたタカサゴユリですよと教えていただきました。
山崎造園さんによれば、テッポウユリは6月頃に開花して、タカサゴユリは8月の開花とか。
タカサゴユリの外見的な特徴は花筒の側面に赤っぽいラインが入ることと書かれています。



シンテッポウユリ20170812(3)
わが家のユリはどっち?
わが家のユリの写真は本日の撮影です。
ですから6月に咲くテッポウユリではありません。では赤いラインの入るタカサゴユリなのか?
ところが写真の通り、至近距離にある両者でラインの有り無しが分かれてしまいました。
実はこのラインがないユリをシンテッポウユリと言うのだそうです。
早い話が日本の在来種であるテッポウユリと、台湾からの帰化植物であるタカサゴユリの
交雑種なんだとか。
わが家ではこの赤いラインの程度がかなりバラつきがあります。
交雑種としてまだ特徴が定着していないのでしょうか?



長久手 うな幸
晩ご飯は長久手の「うな幸」さんで「ひつまぶし」を食べました。
このお店のひつまぶしは面白くて、大きな器に3~4人前の「まぶし」が入ったメニューが
あります。親子3人で食べきれるか心配でしたが、お昼ご飯を抜いて参戦した息子が
最後まで食べつくしてくれました。
息子はとある公的採用試験の一次試験の合格通知を本日受け取ったので、
気を良くしていたし、祝い膳にもなったようです。



長久手 うな幸2
これが名物「大まぶし」
大まぶしには並、上、特の3種類があって、これは並。
違いはそのボリューム。並は3~4人前なので親子3人にはちょうどよいサイズとなりました。
お味のほうは美味しい!これは間違いの無いところですが、あえて他店との違いを
書き留めると、たれは蓬莱系に較べると薄め、少なめです。少な目というよりは
掛けムラがあるというべきかもしれませんが。
タレが薄めと感じたのは事実ですが、量をたくさんいただくと、終わりの方でくどくなりますので、
薄いくらいで丁度よいとも言えそうです。
焼き加減はやはり蓬莱系の表面パリパリに較べると、ミディアムに近いです。
これは好みの問題ですが、私は関東系のたらたらの焼き加減はなじめませんが、ここのは
そんなことは全くありませんし、蓬莱が名古屋の基準でもないと思いますので、これはこれで
よいと思います。
ちなみに上は4~5人前分、特は5~6人前分が盛られています。
予約もしていただけますので、休日の会食にはそのほうが安心ですね。
[ 2017/08/12 15:58 ] | TB(0) | コメント(0)

本日から夏季休暇

8/11(金)、本日から仕事は夏季休暇です。
今年は長期間の休暇になり、8/20(日)までの10連休です。
確実にボケるし、もう二度と会社に行きたくなくなると思います(笑)

本日の雷雨には困りました。
普通はサッと降って、パッと止む雷雨なのですが、少し時間をあけてまた次の雷雨が
波状攻撃のように繰り返され、庭仕事にしても、お出かけにしてもやりづらかったです。

ブログは「アメリカ村~スミスタウン~」を途中まで入力しました。
ずっと温めていたというか、忘れていただけなのですが、ひょんなことから
赤井さんから話題があって、竹元さんとも会話して、また忘れてしまう前に
書き留めておこうと思いました。
もう少し見直しをしてから掲載させていただきます。

蝶がよく集まる草木としてブッドレアという低木を知りまして、先に1本鉢植えしていました。
園芸店では咲いていた花が日にちとともに枯れて、その花がらを摘んでおいたところ
また次の花芽が出てきて、解説どおりの生命力を感じました。
それに気をよくして、色違いの苗を物色していたところ、カインズの小牧店で見切り
処分品を見つけて、4パックとも買ってきました。1色はダブリましたけど(笑)

そういえば戦争展が今年も始まりました。
今年は(来年も)鶴舞の公会堂ではなくて、矢田で開催なんですね。
いつもお世話になっている清水先生や岡田先生も出展されるので
ぜひご挨拶に行きたいです。
小島師匠がご健在なら、また紙芝居講演のお手伝いをさせていただいたのですが、
天国から平和を見守っていただきたいと思います。
[ 2017/08/11 21:02 ] 日記 | TB(0) | コメント(2)

台風5号通過しました

台風5号通過後の貯水タンク

迷走台風5号もようやく過ぎ去ってくれました。
列島縦断コースだったため、各地に被害をもらたし、被災された方々にお見舞い申し上げます。

わが家では日曜日のうちに、植木鉢を避難させて、本日はもともとお休みを取っていたので
朝から原状復帰に汗を流しました。

わが家の1000Lタンクは3台ともほぼ満水に回復し、今後の雨にもよりますが、たぶんひと夏を
乗り越えられるのではないかと思います。写真は2番と3番タンク。

老母を整形まで車で送ったあとでホームセンターに立ち寄ったあたりから、急に台風通過後の
吹き戻しが強くなって、園芸コーナーの鉢物が見ている目の前で転げ落ちるに至っては
お邪魔にならないうちに帰宅しました。


ヒオウギ倒壊20170808
倒伏したヒオウギ
わが家でも台風の被害はいろいろあって、ヒオウギが何本も倒れてしまいました。
地際で折れてしまったので、支柱添えとかは諦めて処分することにしました。



ランタナ、千日紅20170808
ランタナ、千日紅をいつもの雛壇に戻しました。
たまたま休みを取っていたからよかったです。この炎天下ですから、台風からの
避難先に何日も放置していたら危ないところでした。



オニユリのムカゴ20170808

ヒガンバナ植え付け20170808
オニユリのムカゴとヒガンバナの球根を鉢植えしました。
ムカゴはナメクジに食べられないように、水皿に少し水を張って、更に片方には台所の
ゴミ水切りネットを逆さまにかぶせておきました。
[ 2017/08/08 09:53 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ