わが町 守山区 TOP  >  2017年04月にほんブログ村 人気ブログランキング

龍泉寺多宝塔の遷移(3/3)

名古屋市都市計画基本図S44-S47
名古屋市都市計画基本図S44-S47
 昭和31年の仁王門修理工事から、時代が十数年も新しくなった昭和45年頃の「名古屋市
都市計画基本図」に着目しました。インターネットで公開されている基本図を最大倍率で
拡大してもまだ判別しずらいので、電子的に拡大させたのが丸囲みの中です。
 これを見る限り、仁王門の右側に多宝塔の文字とともに四角に点のシンボルが
描かれています。つまり昭和40年代半ばには、まだ多宝塔は現在とは反対側にあったのです。



名古屋市都市計画基本図S48-S52
名古屋市都市計画基本図S48-S52
 多宝塔のシンボルマークは右側にありますが、左側にも四角のマークが見て取れます。
解釈に窮しますが、多宝塔遷移の過渡期的な状況とも思えます。



名古屋市都市計画基本図S53-S57
名古屋市都市計画基本図S53-S57
 多宝塔は完全に左側(西側)に描かれています。
過渡期的なところは不明確としても、昭和40年代後半から50年代初めには遷移があったものと
考えるのが無難でしょう。



龍泉寺多宝塔19760708
国土地理院空中写真 1976.7.8撮影
 更に範囲を狭めてゆきましょう。
上の写真は国土地理院の昭和51年7月8日撮影の空中写真です。
ちょっとわかりづらいかも知れませんが、多宝塔は左側に写って(移って)います。



龍泉寺多宝塔19740616
国土地理院空中写真 1974.6.16撮影
 上の写真は国土地理院の昭和49年6月16日撮影の空中写真です。
これまた判別が難しいのですが、右側にあるように見えます。



龍泉寺多宝塔19710516
国土地理院空中写真 1971.5.16撮影
 上の写真は国土地理院の昭和46年5月16日撮影の空中写真です。
これはハッキリとしています。まだ右側にありますね。
従いまして、昭和49(1974)年以降、昭和51(1976)年までの間に、多宝塔は仁王門に向かって
右側(東側)から左側(西側)へと遷移したものと考えます。

 最後にひとつ郷土史の先輩のエッセイを引用させていただきます。
守山郷土史研究会会報「もりやま」第3号 昭和59年月7日発行
「目を向けよう、守山の古建築」 松本政男さん

 ところで筆者は、以前から伽藍の配置が変わってきていることに数年前から気がついていました。
それは、多宝塔が仁王門の北東側にあったことを覚えています。(後略)
スポンサーサイト
[ 2017/04/28 21:06 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

龍泉寺多宝塔の遷移(2/3)

龍泉寺山門、多宝塔20160219
現在の龍泉寺さん
多宝塔は山門に向かって左側にあります。




多宝塔写真昭和31年
昭和31年の龍泉寺さん
龍泉寺さんの仁王門は慶長年間の造立以来、小規模な修理はあったものの、建替などの
解体修理は一度も行われていなくて、そうとう痛んでいたそうです。それを昭和30年、国、県、
市(守山市)の負担で完全な解体修理を行いました。この写真は、修理後の仁王門です。
前置きが長くなりましたが、写真の右側に注目してください。多宝塔が向かって右側に
あります。現在の書院のあたりでしょか。さて、いつの間に、多宝塔は現在の位置に遷移
したのか、次回はそれを考えてみたいと思います。




多宝塔写真昭和初め
昭和初期の龍泉寺さん
昭和の大修理のはるか前の仁王門と、右後方に多宝塔が見られます。
多宝塔の前に植えられている桜の木の成長に注目してください。
随分違っていますよね。この絵はがきはまた後日あらためて龍泉寺さんの近代史をひもとく時に
掲載するかも知れません。
そうそう、昭和31年の改修工事完成写真と、この昭和初期の絵はがきを較べると、仁王門の
屋根の鯱ほこがあるのと、無いのに気がつかれましたか?
今回の題意は多宝塔なので、鯱ほこなど仁王門のことはまた後日ということで・・・
[ 2017/04/27 11:59 ] お寺 | TB(0) | コメント(2)

龍泉寺多宝塔の遷移(1/3)

龍泉寺山門、多宝塔20160219
龍泉寺山門前にて
表参道の坂道あるいは、脇参道の階段道、どちらから来てもしばし見事な景観に見とれて、
運動不足で高鳴った動悸をこの場所で整えてから山門に向かいます。
幟旗の中央に仁王門があり、それに重なって背後に本堂、左に多宝塔が見られます。
今回のお話はこの多宝塔の遷移について考える、です。




多宝塔外観20120908
多宝塔を正面から
たぶんお客様をご案内して「たほうとう」と言ったところで、建物を目の前にして言えば「たほう塔」
くらいには意味が通じても、もしかしたら「たほう棟」と脳内変換される方もいらっしゃるかも。
お客様へのご説明にはひと工夫要りそうです。
石積みの上に建てられているのは、いくら山の上と入っても雨は降りますので、高温多湿な
環境から木造建築物を守る昔からの知恵なのでありましょうか。さらには、参拝客の目線が
間違っても如来様を見下ろすことのないよう、気をつかっているということもありましょう。




多宝塔内部20120908
阿弥陀如来像
いつもは扉が閉まっていることが多いのですが、何十年に一度の御開帳みたいな出し惜しみは
されていなくて、ときどきこうして如来様のご尊顔を拝する事ができます。そんな日に出会えたら
「ラッキー!」と思ってください。
[ 2017/04/26 20:02 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

きょうのわが家

自家製キュウリポット苗 自家製キュウリ苗の植付け
ビニールハウスの中で発芽させた、キュウリの自家製ポット苗が大きくなったので、畑に
定植しました。この夏はタイムシフト式にキュウリ苗を作って、収穫期間を長くする試みを
してみます。しかし、毎年毎年ウリハムシの多いこと。基本的に農薬は使わないので、
害虫天国ですわ。



ソラマメ収穫 レタス晩期
ソラマメが大きくなったので収穫しました。98円分くらいはありましょう
レタスがそろそろ収穫晩期です。冬の間からよく長続きしてくれました。塔立ちの気配が
見えたら採種するわけではないので、土に返してあげようと思います。



キウイのつぼみ20170423 ブドウ藤稔20170423
キウィの蕾がハッキリと目立ってきました。オスの受粉樹と開花がうまく揃いますか。
ブドウ藤稔にも若葉が萌え出しました。わが家の庭が1年で一番私の好きな季節になりました。



ナミアゲハ20170423 ドウダンツツジ20170423
ナミアゲハがツツジの花に吸蜜に訪れました。柑橘系が2本植えてあるので、そのうちに
卵の産み付けが見られます。毎年毎年、たとえばサルトリイバラとか植えてルリタテハを
呼ぼうとか考えていますが、なかなか実行ができません。まあたいていの食草、食樹は
家庭の庭には似つかわしくないので、家族との共存が図れるのかがポイントではありますが。
右側は普通のドウダンツツジです。
[ 2017/04/24 12:54 ] 日記 | TB(0) | コメント(4)

アサヒビール引込線跡(3/3)

アサヒビール角を曲がると
御用水巡りの散策が、アサヒビール引込線の遺構調査にすっかり変わってしまった感が
ありますが、歩みだけは確実に御用水の水路に沿って進めております。
写真のアサヒビールの境界壁沿いにアスファルトとは色調の異なるコンクリートが
続いておりますが、これが御用水の水路の一つです。
散策の歩みも御用水の水路もここで向きを変えて南進します。
(中央本線で行く手を阻まれています)



トンネルが二つあった
アサヒビールの北西角を曲がって南進すること約50mで写真のトンネル前に出ます。
堤防道路を走ってきた自動車は中央本線のため、いったんこの場所まで迂回して
線路の下をくぐってから、再び堤防道路へと上って行きます。
ところが、ごく至近距離にもう一つトンネルがあります。
しかも普通、トンネルは線路というか並走する側道というかに直角になっていることが
圧倒的に多いのに、この至近距離にある二番目のトンネルは斜めに横切っています。



稲荷川橋梁
最初のトンネルに戻って銘板を撮影しました。
トンネルの名前は「稲荷川橋りょう」とあります。
「橋りょう」は橋梁のことなのでいいとして、「稲荷川」とは・・・?
御用水の用途や流路変遷の歴史の中で、この辺りでは御用水のことを稲荷川と
呼称していたのか、いまのところ謎です。



朝日橋梁
そして中央本線を斜めに貫くトンネル、これには「朝日橋りょう」の銘板が貼られていました。
これまた、守山市の過去に遡っても「朝日」という小字はなかったはず・・・?
地名由来の橋梁名ではないのかもとも思います。

ここで拙ブログ「アサヒビール引込線跡(2/3)」に戻っていただき、引込線が
描かれている基本図をご覧いただきたいと思います。
この至近距離に並んでいる斜めのトンネルは、実はアサヒビール引込線の
線路が通っていたトンネルだったのです。
現在、このトンネルの写真側はゴミの不法投棄で荒れていて、トンネル裏側は民間の
会社のトラック駐車場になっています。

ここから先、新守山駅までは貨物ターミナルとして開発された歴史があり、いまなお
線路跡、トンネルなどに名残が認められます。それらはまた稿を改めてご紹介
できればと思います。
[ 2017/04/23 20:51 ] 鉄道 | TB(0) | コメント(0)

アサヒビール引込線跡(2/3)

アサヒビール引込線S39-S43 基本図 アサヒビール引込線S44-S47 基本図
左:S39-S43 基本図、右:S44-S47 基本図
名古屋市都市計画情報提供サービスで公開されている都市計画基本図情報で、守山区の
もっとも古い基本図は上記左のS39-S43 基本図なのですが、これには引込線はおろか
アサヒビールの敷地も描かれていません。
上記右はS44-S47 基本図で、基本図に引込線が現れるのはこれが最初となります。
アサヒビールは建設用地として描かれています。アサヒビール名古屋工場の操業開始は
1973年とのことですから、上の基本図とは合致しています。




アサヒビール引込線H7-H8 基本図 アサヒビール引込線H27-H28 基本図
左:H7-H8 基本図、右:H27-H28 基本図
基本図に引込線が描かれていた最後は上の左H7-H8 基本図です。
しかしながら4/14付け拙ブログ「アサヒビール引込線跡(1/3)」で引用したS48-S52 基本図では
引込線は庄内川に沿って、工場の奥まで延びていたのに対して、上左図は中央本線の下を
くぐり抜けてすぐに途絶えております。
上右図は都市計画基本図として公開されている最新版です。こちらでは引込線はすでに何ら
描かれてはいません。

つづく
[ 2017/04/22 10:57 ] 鉄道 | TB(0) | コメント(0)

小幡緑地~龍泉寺散策(2/2)

龍泉寺山門20170416 龍泉寺書院20170416
日曜日の夕方ともなると、人気もなくひっそりとする龍泉寺。
野良猫どもは思い思いの場所で、昼間の余熱でお昼寝。



龍泉寺の桜20170416 龍泉寺フジエアライン20170416
霊園にもところどころに桜が咲いていました。
ジェット音に気がついて見上げると、フジドリームエアラインの機体が通過。
[ 2017/04/18 23:09 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

小幡緑地~龍泉寺散策(1/2)

まめなし20170416(1) まめなし20170416(2)
守山スポーツセンターの裏道に立つ「まめなし」の大木が満開になっています。
桜に似た優しい白い花です。今日は日曜日ですが、ちょっと休日出勤をこなして
16時半頃に帰宅して、大慌てで撮影に出かけました。


モチツツジ20170416 ウツギ検索中20170416
モチツツジの仲間でしょうか。咲き始めたばかりですね。今度の土日くらいが見ごろでしょうか。
まだ開花していないツツジはミツバ系だったかな・・・
右の写真はウツギの仲間でしょうか?植物は全然わかりません。


龍泉寺のシダレザクラ20170416 龍泉寺のシダレザクラ20170416(2)
県道を渡って龍泉寺さんへ。
名物のシダレザクラが満開です。


御嶽神社入り口で工事(1) 御嶽神社入り口で工事(2)
御嶽神社の参道分かれ道のお宅が取り壊されています。
道路わきにある社名碑にも土砂が押し寄せていてどうなることやら・・・


不動明王(1) 不動明王(2)
お不動様の石碑が転がされていました。
場所は御嶽神社参道をはさんでお庫裏さんのお宅と隣なのに、この工事のありさまは
ナンとしたことでしょうか!?
たしか、こちらのお宅様は取り壊される前は、御嶽さんの社名碑の上のほうに、敷地内ですが
八十八か所の小堂があったような気もします。
この工事はどうなるのでしょうか・・・
[ 2017/04/16 23:27 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

きょうのわが家

20170415こごみ 20170415こごみ(2)
左:昨年植えた「こごみ」、右:この冬に植えた「こごみ」
左の写真の「こごみ」は、赤い矢印のところの株が消滅しかかっています。
地下茎で生きていて、どこか近くで芽出ししてくれるとよいのですが・・・
右の写真は1個のポット苗に二株入っていて、それぞれで発芽したばかりです。
「こごみ」の苗を植えつけたすぐ横に、ブラックベリーの赤い発芽が現われています。
こいつの繁殖力は超強力ですが、ヨーグルトソースを作るための食材ですから、
まあ大目に見てはおります。


20170415タラノメ 20170415こしあぶら
左側:タラノメ、右側:コシアブラ
タラノメは元々20年位前は畑の中に苗木を植え付けたのですが、本体が枯れたあと、
庭のあちらこちらに出るようになりました。しかも元々がトゲなしだったのが、
野生化してトゲありに変わっているので、不用意に剪定しようと触ると結構痛いです。
コシアブラはこの冬に植えたばかりです。前に枯らしたことがあって、育てるのが難しいです。


20170415キュウリ発芽苗 20170415ブラックベリー
今年の夏野菜は種から育てています。その第一番目はキュウリ。
ビニールハウス内に置いていますが、これは霜よけ、雨のハネよけのためです。
ブラックベリーの新芽が一斉に出てきました。ブラックベリーはお行儀の悪い木ですので、
ネットにまめに誘引しないと、めちゃくちゃになってしまいます。


20170415フリージア 20170415ドウダンツツジピンクシャンデリア
食べるばかりでもアレなんで、キレイどころを少しだけ・・・
左側:フリージア。香りがすばらしいです。右側:常緑性ドウダンツツジ「ピンクシャンデリア」
その奥に写っているピンクの花はハナモモです。
[ 2017/04/15 21:50 ] | TB(0) | コメント(2)

アサヒビール引込線跡(1/3)

架線橋
アサヒビール沿いの用水路
八ヶ村用水の用水路をめぐりながら西進していると、道はやがてアサヒビール名古屋工場の
裏(北側)に至ります。はるか遠くには中央本線を走る列車も見えてきました。
覗き込む価値もないような用水路を追いかけていた視線をふと上にあげると、アサヒビールの
構内にいかにも「架線柱」のような鉄骨が見えます。



架線橋3
堤防道路から見下ろすと
「架線柱」の左側に続く平屋の建物に何やら柵のようなものと、構内道路面との高低差が
認められます。なんて言うか、まるで鉄道の駅のような感じですね。
むかし、まだ大量輸送の手段が鉄道だった頃、ここアサヒビール名古屋工場には、最寄の
JR新守山駅から引込線が入っていました。その遺構として、こうした架線柱が別の目的で
使用されているにしても、いまだに残っているのは感慨深いものです。



架線橋3地図
地図で検討しましょう!
参照したのは名古屋市都市計画情報提供サービスのS48-S52 基本図です。
これに架線柱の位置と撮影方向を示しました。
基本図によれば、架線柱の位置では引込線は複線になっていたようです。



角がカットされた建物 角がカットされた建物地図
おやっ、建物の角がカットされている!?
いま現在は引込線の線路は撤去されて存在しませんが、当時からあったであろう建物によって、
引込線の線路の名残を感じさせてくれます。

続きます・・・
[ 2017/04/14 01:16 ] 鉄道 | TB(0) | コメント(0)

川北ポンプ所

川北ポンプ所位置
川北ポンプ所
名古屋市上下水道局の川北ポンプ所運転状況というページに、所在地は守山区川北町115番地と
あります。 総排水能力は毎分1180立方メートルと書かれていますが、これがどれだけすごいのか
ピンときませんね。
同じく名古屋市上下水道局の雨水ポンプ所一覧にここがリストされていることから、このポンプ所は
集中豪雨などで自然排水が出来なくなった雨水を河川に放水するための施設であることが
わかります。



川北ポンプ所外観
川北ポンプ所の外観
庄内川の堤防道路を散策するとこんな感じで見えてきます。
外壁は優しく淡いグリーンで、水と緑の守山区にふさわしいカラーだと思います。
写真に白いガードレールが写っています。この内側に用水路が流れています。
かっての御用水の水路跡といわれる八ヶ村用水の流れの一つです。
用水路の流れはポンプ所の北東角で分かれて南進するコースもありますので、
このポンプ所は二つの用水路にはさまれて立地しているとも言えましょう。
しかし、この階段はなんのためにあるのでしょうか・・・




川北排水樋管
川北排水樋官
実は川北ポンプ所から階段をとことこっと登ってくると、堤防道路をはさんでこの「ひ管水門」が
あります。ポンプ所と一体で運用されている設備なんですね、階段があるということは。
で、この構造物の屋上に3本のポールがあります。よーく見ると、それぞれにハンドルがついていて
どうやら水門の開閉をこのハンドルで操作するようです。



川北排水樋管銘板
「川北排水樋管」と書かれています。

川北排水樋管銘板2
「門数 3門」というのがすごいですね。
まるで高射砲か軍艦みたいな言葉の響きです。


川北排水樋管2
注意書きがあった!
河川敷に降りて水門を下から見上げたら「注意」書きがありました。
「黄ランプが点灯しサイレンが鳴ると放流口より水が放流されます。危険ですから
近寄らないでください。」と書いてあります。
黄ランプってどこにあるの?ってきょろきょろしたら、こんなところにありましたよ、ええ。
愛知県の、水防上重要な工作物を調べたら、ここ川北ポンプ所の構造は「手動捲掦3門」と
書かれていました。やはり構造体の上に立っているハンドルは3門独立開閉のハンドル
だったのですね。しかし「手動」ですか~、厳しい。


全体
上空から見たところ
上空からこのあたりを観察すると、水門から庄内川の流れに向けて、妙に整地された
グリーンが続いています。そのグリーンの先にはなにやらまた他の構造体が写っていますね。



川北排水口
部分拡大しました
何かよくわかりませんが、ここから先が水になっていますから、ここに放流口があるのでしょうね。
毎分1180立方メートルってことは、1トンタンクが毎分1180個も流れてくるわけなので、
そんなのに飲み込まれたら相当危険なわけです。
ちなみに普通の25mプールの水量は500トンくらいだそうです。プールの倍の水が
たった1分で放水されるのですから、それは大変なものです。
(ポンプ所の排水能力としてです。フルパワー操業なんてそうそうあったら困りますが・・・)

いつか見学したいです。
広報とか注意して見ていないと!
[ 2017/04/11 19:39 ] 用水路 | TB(0) | コメント(2)

桜はまだかいな~

20170401瀬古西コース検討会(6)
桜の名所 瀬古庄内用水
たしかに開花はしているけれど満開にはほど遠く、小雨の中、わざわざお花見をする人もなし。
守山探検隊の新年度のコース候補を一つずつ歩いています。
産業遺産というテーマを与えるとしたら、このコース以外にはないでしょうね。


20170401ハヤトミツバツツジ
満開のハヤトミツバ
わが家の庭でもっとも早咲きのツツジは、ハヤトミツバツツジです。
落葉性のミツバツツジで、早春に葉が出る前に咲きます。
普通のミツバツツジの方が日当たりの良いところに植えてあるにもかかわらず、
こちらが早く咲きます。


20170401クリスマスローズスイセン
新旧競演
クリスマスローズと黄色水仙


20170401ジョウビタキメス
ジョウビタキのメス
庭仕事をしているとよくやってきます。
私が畑を耕したり、雑草を抜いたりしたところに降りて、虫などのエサを食べます。
[ 2017/04/01 21:21 ] 桜の名所 | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

最新トラックバック