わが町 守山区 TOP  >  2015年08月にほんブログ村 人気ブログランキング
月別アーカイブ  [ 2015年08月 ] 

七曲の坂

龍泉寺街道 の、竜泉寺の湯あたりが、昔はくねくねした坂道だったことから
七曲の坂と呼ばれていたそうです。今では片側2車線ずつで合計4車線の立派な道になって、
往時の面影もありませんが、ふと思い立って、旧道の痕跡を捜してみました。


名古屋市都市計画S39-S43基本図
<名古屋市都市計画基本図 S39-S43>

昭和30年代の名古屋市都市計画図に、この県道を赤色でトレースしてみました。
たしかに地図の中央部で道路がW型になっています。
名古屋で一番長い坂道であり標高差が大きいので、道を蛇行させないと当時の自動車や
もっと昔の荷車が通れなかったのでしょうね。

そんな様子を伝える写真が残されております。

七曲坂を登るバス20150815修正
<守山市広報誌「もりやま」1961>より、「竜泉寺附近を走る名古屋-多治見間の快速バス」

たしかに見事なS字カーブになっています。
もちろん舗装なんてされていません。
この写真がどのあたりなのか? そんなところを考えてみました。


名古屋市都市計画H22案内図
<名古屋市都市計画基本図H22年版>
はじめは竜泉寺の湯の敷地に入ってすぐを、旧プールの方へ下る坂道が怪しいかなと
思っておりましたが、先の昭和30年代の地図を慎重に重ね合せたのが次の地図です。


名古屋市都市計画H22基本図
少し予想とは違っておりました。
中央の曲線部のみを航空写真から切り出して、旧道を描いてみました↓


七曲坂の今昔重ね合せ
旧道は竜泉寺の湯から旧プールの方には降りないで、高木産業さんの保養施設をくるっと
回りこんで、そのあとW型に曲がりくねっております。

また、吉根方面から坂を上がってきますと、峠の少し手前に自動車の退避場所がありますが、
どうやらそれも旧道の一部のように見受けられます。

上で掲載のバスの写真は、S字道路が庄内川の流路や、遠く美濃の山々と直線上に
なっていますので、おそらくW型の右端のS字、つまり現在の自動車退避場所あたりからの
撮影ではなかろうかと思いました。

スポンサーサイト
[ 2015/08/15 14:33 ] 道路 | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

最新トラックバック