わが町 守山区 TOP  >  2014年12月にほんブログ村 人気ブログランキング

戦災・空襲記録づくり 第30回東海交流会

20141214(1).jpg
戦災・空襲記録づくり 第30回東海交流会

師事する小島さんの代理で行ってきました。
朝10時から16時まで、長かった・・・
戦争遺跡の清水先生にお会いできました。
金子 力先生のご尊顔を拝することもできました。
名城大学の先生方とも名刺交換できました。
閉じこもっていちゃーダメよ~ダメダメってやつですね。
スポンサーサイト
[ 2014/12/14 21:32 ] 戦跡 | TB(0) | コメント(0)

名古屋今池界隈

名古屋今池界隈

「名古屋・今池界隈」 1989年、林 礼子著

例によって古書会館で見つけた本です。
先日の、ひげおやじの本と合わせて読んでみたくて、内容も確認しないで買いました。

内容としてはたぶん私小説の短編集という感じです。
その短編の一つ二つに今池が舞台になっています。
で、どこまでが本当の描写で、どこからがフィクションなのかよくわかりませんが、
昭和20年代くらいからの今池を描いているのかなと思います。
インターネットで検索しても、この本の寸評がいくらか拾えるだけで、林 礼子さんの
ことはよくわかりません。

しかし、林礼子さんと野溝七生子 (ですぺら掲示板2.0)によればお亡くなりに
なっているようです。

途中で読むのを放り出していたら気がつかなかったのですが、なんと守山についての
描写がありましたのでご紹介します。

「放浪記」

その頃守山に、米軍の440部隊が駐屯いたしておりました。
その中に店を構えた洗濯屋の受付で、片言の英語を話しながら
月に3000円ばかりの金を受けとりました。
ワン、ツー、スリーと、汚れた下着を指先でつまみあげて
数えながら稼いだ金でした。
兵舎の周辺では、いつも濃いルージュの女たちのものほしげな
姿を見ました。米兵にぶらさがるようにして歩いている女たちの姿を見ました。
田舎から大学受験のために出てきた従兄が同居いたしました。
やがて近所の若者たちが集まるようになると、一町ほど先の派出所の巡査から、
桃色遊戯の嫌疑でとり調べを受けました。
それからは、その派出所の前を通り抜けるたびに、みんなが並んでスキップして
通りました。

林さんの生前にこれを読んでいたら、いろいろと教えていただきたいことも
ありましたが、今となってはご冥福を祈るばかりです。
[ 2014/12/10 22:36 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

最新トラックバック