わが町 守山区 TOP  >  2013年02月にほんブログ村 人気ブログランキング

ほっぽ山 やまある記(5)

ぽっぽ山探査ルート20130224
山歩きも5回目となりました
簡単なルートから順番にこなして、5回目ともなると相当なハードルの高さだと思いつつ、
度胸良くなのか、無謀にもなのか突入してきました。
例によって、10mくらい歩いてはハンディカムの静止画モードでデジカメ撮影し、
その場所のGPS位置情報を同時に記録します。それを帰宅後に地図上に自動で
落とし込んでもらい、はい、本日の歩行ルートができあがり、となります。
先日も書きましたが、ちょうど中間地点くらいでルートに迷ったように見えるのは
往路と復路を意図的にコース変更したためです。
少し飛び出したように見える赤い点が、住宅地図に描かれた山道を意識して歩いた
コースです。



ぽっぽ山探査ルート20130224-2
ほっぽ山への入り口の階段です
いつもここから山に入ります。
参考 7月8日 の「わが町 守山区」
この7月8日にお近くの長谷川さんに教えていただいたのですが、この道は単に山に入るための
山道ではなく、昔むかし吉根から大森に行くための里道の一つでした。
国土地理院の地形図では点線で描かれ、法務局では自治体が有する公道として赤色で公図に
描かれた「赤線」だったとのことです。



ぽっぽ山探査ルート20130224-3
こんなところから山に入ります
一見山道のようにも見えますが、これ実は雨が降った時の沢筋だと思います。
住宅地図だとこのあたりのように見えますが、何しろなにも目印のない山の中ですし、
だいいち住宅地図の精度や根拠も考慮しないといけませんし。
しばらく進んでダメだったら引き返す、そんな覚悟の山歩きです。



ぽっぽ山探査ルート20130224-4
尾根道に通じていました!
ひとたび尾根道に出てしまえば、もう大丈夫です。
いつもは倒木や雑木の繁茂に行く手を遮られますが、今回の尾根道は随分よく踏み固められて
いました。



ぽっぽ山探査ルート20130224-5
広場のようなピークに出ました
毎度のことながら、樹木が生い茂っていなかったら、よい眺めだと思います。


ぽっぽ山探査ルート20130224-6
西方向が開けていました
ほっぽ山に登っていて、西方向がよく見えた印象がありませんでしたが、
今回は名古屋駅前の高層ビル群がよく見えました。西と言うよりは西南西くらいでしょうか。



ぽっぽ山探査ルート20130224-7
林の中にコンクリート柱が!!
広場を通り過ぎ、山道は一度標高を下げ、もう一度登りきった林の中に背の高い
コンクリート柱が見えました。これが何と、明治時代の愛知県の境界杭で、これよりも
南は県有地と刻まれていました。これは随分とお宝なコンクリート柱だと思います。



ぽっぽ山探査ルート20130224-8
ゴルフ場に出ました
たまたまプレー中のお客様が見えなかったので、しばらくここで休憩しました。
本来はゴルフ場の外周に沿って山道があるのですが、この5回とも山道の痕跡を
見つけられずに終わっております。

次回はこの5回の山歩きの総集編として記事を書く予定です。
スポンサーサイト
[ 2013/02/28 21:41 ] 区内の山 | TB(0) | コメント(0)

2月24日(日)

ぽっぽ山探査ルート20130224
ホッポ山 登りおさめ?
ゴルフ場との境界まで登ること5回目となりました。
この五つのルートを踏査したことで、今年のホッポ山は登りおさめかと思います。
上の地図で赤い点が、登山ルートになります。途中でルートを外れたような点がありますが、
これは行きと帰りを意図的にルートを変えたためです。
今回のルートは入山口がわからない難しいルートだと思っていましたが、
ひとたび尾根に出ると山道はしっかりと踏み固められていました。



黒体龍神20130224-1
黒体龍神
水分橋の南西の堤防にあります。
おそらくこの社が、守山郷土史研究会で森友先生が私にご教示下さった社だと思います。
たしかに謎めいています。龍神様ですから、河川の氾濫、干ばつを防ぐことをお祈り
されるのだと思います。立派な鳥居や、垣があり、国会議員の先生方のお名前が
刻まれております。現在も河川敷の占有許可を更新されておられますし、
掃除道具もありました。サカキもきれいでした。きちんとお世話がされていらっしゃる神社です。



樋門20130224-1
堀川(庄内用水)の樋門
庄内川の清流を堀川に導水する樋門です。
守山区にあって、明治時代を代表する産業遺産ですね。
桜の古木が並木になっていましたので、4月早々に再び訪ねたいところです。



名鉄小牧線20130224-1
名鉄小牧線の線路跡
線路が撤去されたあとの土塁はまだ残っています。
県道をまたぐ橋もありませんが、橋の基部コンクリートは往時のままです。
[ 2013/02/24 17:43 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

ほっぽ山 山歩き(4)

日記ほっぽ山散策ルート
ほっぽ山へも4回目となりました
実はこのルート、一番最初に挑戦したものの、山道が非常に不確かで断念していました。
今回は衛星電波を使ったGPSを取りいれての挑戦です。
上の写真で赤い点は私が撮影を行い、同時にカメラが撮影位置を記録したものを
帰宅後に地図上に並べたものです。それは私の足取りに他ならず、道なき道を
歩んだ記録そのものです。



ほっぽ山20130217-1
ビデオカメラの画面です
私の使っているソニーのハンディカムには、撮影場所をGPSデータとして記録する機能が
搭載されています。それは上の説明の通りです。今回は山の中で、自分の現在地を常に
把握する目的で、同じビデオカメラの中の現在地表示機能を使いました。
道なき道とはいっても、ゴルフ上のグリーンと、吉根の道路との間の空間なので、
現在地の画面を見れば「今どこにいるのか」「どちらの方向に進めばよいのか」が
大雑把には把握できました。



ほっぽ山20130217-2
道なき道とは言ってみても
実際にはそんな優しいものではありません。
倒木あり、踏み跡を見失う場面あり、見通しが効かないところは数知れず。
本当にこれで良いのか、無事に帰ることができるのか、不安の連続でした。



ほっぽ山20130217-3
尾根上の広場に出ました!
尾根伝いに歩いていたら視界が開け、広場のような空間に出ました。
しばらくここに留まって呼吸を整え、落ち着いたところで遠望を試みました。
木々が視界を遮ってはいましたが、遠くがよく見えました。
しかも!東から西まで。いままで踏査したルートのピークでは一番の視野角だと思います。
今から80年前くらいまで、吉根の子供たちは、ほっぽ山に登って日の出待ちをしたと言います。
ここのピークにたたずむと、だぼだぼの半ズボンにランニング姿の子供たちが、ここで
おにぎりを食べているような光景が脳裡をよぎります。



ほっぽ山20130217-4
高蔵寺方面を望む
この日はあいにく遠くの山岳は見えませんでしたが、感覚的には相当遠くまで
見られそうです。



ほっぽ山20130217-5
ゴルフ場が見えました
尾根道のピークを過ぎ、さらに道なき道を進むと、人の声が聞こえてきました。
そうです、ゴルフ場に出ました。
あと一、二歩踏み分けると、顔を出せる寸前で自粛しておきました。
こんなところでお客様にご迷惑をおかけしたら大変です。

ほっぽ山の踏査はあと1回、未確認のルートに挑戦したいのですが、今回以上に道が怪しいです。
これにはもっと入念な下準備をしてからの挑戦になるでしょう。
[ 2013/02/20 23:55 ] 区内の山 | TB(0) | コメント(0)

中志段味交差点道路工事

道路20130112-2
中志段味の県道拡幅工事と題して書いた1/19のブログの写真がこれ。



道路20130217-1
定点観察じゃないけど
昨日2/17、同じようなアングルの写真がこちら。
なんか変な角度の歩道がつきましたね。車道に誘導するのはどうよと言う気もしますが、
これでお年寄りの自転車がふらふらと車道にはみ出して、交通事故でも発生したら
どうするんでしょうね。



道路20130217-2
交差点らしくなってきました
中志段味の交差点は、今よりも少し東に移動して、直交ではなくなるんですね。
なんか工事をしているみたいです。遠くに黄色の重機が見えます。



道路20130217-3
おやっ、迂回路ですか



道路20130217-4
なるほどー、旧道の工事に備えて迂回路を作ったんですね




道路20130217-5
排水路の新設工事
重機で掘り下げていたのは、排水路の工事だったんですね
近くにはヒューム管(土管のことね)がたくさん積み上げてありました。
新しい道路を作る前に、地下設備の埋設工事を先行して行っているわけです。
そして、例によって発注者は「土地区画整理組合」さんと書かれております。
[ 2013/02/18 23:06 ] 道路 | TB(0) | コメント(0)

2月17日(日)

日記20130217-1
クリスマスローズ
今年も蕾が大きくふくらんできました。
きれいに咲いたら、皆さんに見ていただけるように、門の脇に移しましょう。



日記20130217-2
河津桜
だいぶ芽がふくらんできました。
ソメイヨシノよりも随分早く咲きます。



日記ほっぽ山散策ルート
ホッポ山の散策に出かけました
これまで踏査していなかったルートですが、無事にゴルフ場まで到達しました。
赤い点は撮影したポイントです。ルートの記録の代わりに、写真を撮りまくって、
GPSデータを取得しました。



日記20130217-3
ルリビタキさん
小幡緑地公園でご親切な野鳥ファンの方が教えて下さいました。



日記20130217-4
野辺の弘法さま
小幡緑地公園の御花弘法様から、龍泉寺さんにかけては、おびただしい数の弘法さまが
並んでいます。いまも新年をお迎えするにあたって、お帽子や、よどかけを変えて
お世話をされていらっしゃいます。

本日は、あおなみ線のSLを見に行こうと思っておりましたが、テレビで存分に見られたし、
一日つぶれてしまってもったいなかったので、庭仕事と、フィールドワークを優先させました。
[ 2013/02/17 17:16 ] 日記 | TB(0) | コメント(2)

守山探検隊の草創期

守山探検隊
守山区には「歴史」や「ウォーキング」を目的とした会がいくつかあります。
その中で、いわゆる行政と、民間人であるボランティアが密接に会の運営を行っているのが
この「守山探検隊」です。
いままで「まちあるきイベント」で歩いたコースは「守山探検隊まちあるきマップ」として
印刷され、広く区内外の人々に活用されております。

守山探検隊が現在のような行政との協業体制になったのは平成19年度のことですが、
その結成は平成11年にさかのぼるそうです。

今回私がウォーキングの調べをしておりましたら、ひょんなところから結成当時の
話題が拾えましたので転載させていただきます。

守山土木だより 守山土木事務所/平成11年9月16日/第8号
(以下転載)
ながらくご愛読いただきました「守山知る区ロード」は、今年(註:平成11年)2月区役所において
「守山探検隊」が編成され、”区内の街道や名所等を探検して歩こう。”を合言葉に様々な
イベントが催されているので、前号でもって終了させていただきます。

(転載ここまで)

このあたりのエピソードは、またこんど会長さんをはじめ、草創期の先輩メンバーさんに
お聞きして記録しておきましょう。
[ 2013/02/12 22:10 ] 守山探検隊 | TB(0) | コメント(0)

守山のルーツと城跡・寺社めぐり

守山区制50周年記念・史跡散策会
「守山のルーツと城跡・寺社めぐり」


2013年2月10日(日)、守山区制50周年記念事業の一環として、守山生涯学習センターと
ええとこ守山案内人の協業として散策会があり、参加してまいりました。

ルート図

↑ これがいただいた散策マップ
実際にはご覧の通りルートが示されていませんので、後日歩いた順序を思い出せるように
主な見どころの写真を添えて記録に残すことにします。




ええとこ守山20130210-1

↑ 朝10時、守山図書館を出発
いただいたマップでは「守山市役所跡」と書かれたところです。
往時の市役所建屋は現存しませんが、県道に面して記念碑があります。
募集30名に対して37名の参加となり、20名+17名の2班構成となりました。
男女比は6:4か7:3で女性が多かったように思います。




ええとこ守山20130210-2

↑ 守山城址にて
石碑のある丘に登りました。
いつのまにやら、登りやすいように伐採木で階段が作られていました。
ええとこ守山案内人によるガイドボランティアさんは各班に4人同行し、
女性スタッフもこのとおり、ご説明をしてくださいました。




ええとこ守山20130210-3

↑ 白山神社(市場)
ここでも別の女性ボランティアさんがご説明をしてくださいました。




ええとこ守山20130210-4

↑ 誓願寺さんにて
元禄の頃の伊藤次郎左衛門さんによる、釈迦尊涅槃図のご説明に聞き入る参加者たち。



ええとこ守山20130210-5

↑ すいどうみち緑道
椿の花がとてもきれいでした。




ええとこ守山20130210-6

↑ 瓢箪山古墳にて
またまたご説明のガイドさんがチェンジです。
すべて先頭のチーフが説明をするのではなく、こうして分担するのも、スタッフさんたちの
緊張感を保つためには良いことかも知れませんね。




ええとこ守山20130210-7

↑ 利海寺さんは山門のみでUターン
もともとそういう設定だったのか、時間短縮のためだったのかわかりませんが、
本日は宝勝寺さんも道路から見上げただけでした。




ええとこ守山20130210-8

↑ 浄土院さんにて
こちらでは中まで入り、樹齢400年のサザンカの古木を観賞しました。

このあと小幡城跡の高台に行き、ご説明をいただいた後に現地解散となりました。

ええとこ守山案内人のスタッフの皆様、生涯学習センターのスタッフの皆様、
本日はいっぱい勉強をさせていただきありがとうございました。
[ 2013/02/10 22:21 ] ウォーキング | TB(0) | コメント(0)

2月3日(日)

2月3日(日)
暖かく気持ちの良い天気でした。
朝からお昼まで、庭仕事をしておりました。

20130203-1.jpg
本日の庭仕事は6番畑の開墾の続き。
我が家の庭は粘土質で、そのままでは畑に適していないので、土壌改良をしながらの
開墾となります。6番の手前は約1メートル掘り下げてあります。6番の向う側と7番の
土砂は掘り上げた土砂です。


20130203-2.jpg
自作の土ふるい
掘り上げた土砂はここで「ふるい」にかけます。
ホームセンターで売っている丸い「ふるい」では効率が悪いので、
自分で適当に作りました。網はバーベキュー用のものを2枚並べてあります。


20130203-3.jpg
石を戻します
約1メートル掘り下げたところに、下から40センチくらいまで「ふるい」にかけた
石を投下します。掘り下げた面を見るとピンク色の粘土層があり、その下は山砂層になっています。
底に投入した石は水はけを良くしてくれるものと期待しております。
このような作業は春から秋までの季節では、汗ぽたぽたの重労働で、この冬の間にしか
やれません。本日くらいの陽気ではやはり汗をかいてしまいました。

龍泉寺さんへお参り
節分のお参りに行きました。
今年は恵方ではありませんが、それでも結構な人出でした。駐車場は満車で警備員に
追い払われて、あふれた車は龍泉寺の湯へと流れておりました。

古書会館の即売会
本日の購入品は次の通りです。
・国土地理院5万分の1地形図「瀬戸」昭和35年
 守山区は「守山市」と表示され、尾張旭市は「東春日井郡」になっています。
・上志段味誌
・春日井市史 資料編3
・春日井市史 資料編4
・名古屋街かど歴史散歩
・昭和区の歴史
[ 2013/02/03 20:26 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

最新トラックバック