FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  2008年10月

10月31日(金)

朝USPSのトラッキング情報を見たら、INRADのVHFフィルタは、すでに日本の税関に入った模様。それで今日中に税関が吐きだしてくれれば、3連休に間に合うかも知れない。それで何を聞くのって、特には考えてないが(^^; どこかの周波数で効果確認する予定。

会社から帰宅後にチェックしたら、日本の税関を通過したようす。
もしかしたら、明日配達の目があるかも。
スポンサーサイト

リグ-PC接続

先日ヤフオクで落札した、アイコムのリグとパソコンを接続するためのケーブルが本日届いた。
リグ側がミニプラグでパソコン側がD-Sub9ピンとなっている品物だ。
パソコンのRS-232Cポートは使っていないので、そのまま接続してもよいのだが、長さが足りなかった。前にWatkinsの受信機で同じように使っていた時、バッファロのUSB-Serial変換ケーブルを併用していたのが残っていたので、今回はそれを使って延長と変換をしてみた。

インターネットでバッファロのサイトから BHC-US01/GP のドライバーソフトをダウンロードしてインストール。TurboHAM LOGを立ち上げて、環境設定、入力設定を入れて、ハムログ再立ち上げで無事動作確認完了。

つまずいたのはパソコン側のCOMポート番号。RS-232Cは一つも使っていないので、何も考えずにCOM1とハムログで設定を入れたら通信NG。PCのデバイスマネージャで見たらCOM9になっていて、やっと間違いに気が付いた。
もう一つ間違えたのは設定後にハムログを再立ち上げしないと有効にならないこと。これでリグから周波数、モードのデータを取得でき、逆にハムログ側からVFOのメイン/サブ切替指示、周波数指示ができるようになった。めでたし(^o^)y

10月29日(水)

今日USPSのトラッキングを見たら、INRADのVHFフィルタは米国を飛び立ったようだ。
でも、日本で通関があるし、今週末からの3連休には間に合いそうも無いかも。

株安、円高とも反転した。
INRADのフィルタはUS$200なので、円が変動してもたかが知れているが、密かにペルセウスを狙う身としては対ユーロも気になる。前にナカトヨさんで見積もってもらったら、約128Kだった。ナカトヨさんだとカード決済にして、カードのポイントをもらうことができないので、海外でPayPalが使えるところを探しているが、これと言うところが見つからない。

と、ここまで書いて WoodBoxRadio のページを見ていたら、日本までの送料込みで1ユーロ=125で計算すると100Kを切ることがわかった、しかもPayPal決済ができる!
AORがいつまでも近日発売のまま放置しているけど、98Kなんてプライスで出すことがアリなら待つけど、多分無理だろうなぁ・・・
WoodBoxでポチッとしてこようかな・・・

と、書いてから、とうとうポチッとしてしまった。
まっ、このタイミングならカード決済はボーナス後だろうから、その後の生活が苦しくなるが、なんとかなるだろう。

10/30 追記:
いまWoodBoxRadioのページを見ていたら、昨夜は全然気が付かなかったが、販売中止になっていた。しかも説明文の中に、ハイライトで各国の代理店に注文するようにともかいてある。しかしストアというかカートは生きている。それを理由に注文が応諾されないのなら、すこしあった後悔の念が為せた結末かも知れない。
[ 2008/10/29 21:46 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

INRADを発送

さきほどUS Yahoo!のWebメイルを覗いてきたら、PayPalとINRADからメールが届いていて、本日付けでINRADのルーフィングフィルタにUSPSの送り状番号が取得されたそうだ。

早ければ今週末にも配達が得られるかも知れない。
これから毎晩、USPSのトラッキングページを見るのが楽しみになった。

インターネット上には実に様々なストリーミングが配信されている。
それを使って不明局のパラチェックをすることもあるし、個人的なコレクションとして保存することもある。その手のフリーソフトや有料ダウンロードソフトもあるのだが、使い手のスキルの問題で(^^;上手にストリーミングを落とせないことがある。しかし記録には残したい・・・
そこでPCが2台あるのをよいことに、片方のPCでストリーミングを再生し背面のスピーカ端子から出力し、他方のPCでオーディオ入力したら大変うまく保存ができた。著作権の問題などもあろうから、そのままWebに掲載することは避けるが、フェーディング、混信無しの録音だ。

そのストリーミング放送の波形を見て驚いた。
音声スペクトラムの高域が実に8000Hzまで出ているのだ。短波放送だと、そんなのは逆立ちしても無理だし、だいいち短波送信時にもっとカットされて送出されるだろう。アクセスが集中するとトラブルも発生して、パーフェクトには録音できなくなるかも知れないが、こんなもの誰が聞くのかという安心感もある番組なのでありがたいことだ。

10月26日(日)

朝から小雨の降る生憎の天気。
しかしこんな日にも移動局があるので50MHzをざっと流す。
奈良県北葛城郡移動の局をHAMLOGで仮入力したら、なんと86年と87年にQSOして以来だった。
86年の1st QSOの時は、私がまだ移動運用に燃えていた頃で、私が岐阜県土岐郡移動だった。
先方もPCログを持参されていたようで、瞬時に過去ログをご覧になったようだった。
二十年ぶりのQSOがポンポン飛び出す面白い世界だ。

昼はラーメン屋「ラの壱」へ行った。
ラーメンは最近はトンコツばかりに行くようになった。特に生ニンニクをたっぷりと入れるのが大好きで、食後のことを考えずにニンニクを入れてしまう。

私は過去にいくつかのBLOGを立ち上げては削除したり、中断したりしているが、少し違った企画をやりたくて、また一つBLOGを確保した。就職をしてからリタイアをするまでの37年を400m走に例えると、早くも最後の100mにかかってしまった。どんどん薄れ行く記憶を思い出して、記録に書き留めておきたくなったのだ。かといって、このブログからトンズラすることはないので、しばらくは並走、定期的に巡回して下さっている方は、引き続きご愛顧願いたい。
[ 2008/10/26 16:17 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

INRAD FIL発注

昨今の円高を逆に利用しない手は無いが、さりとてペルセウスは無理なので、IC-756PROⅡ用にINRADのルーフィングフィルタを発注した。発注した商品は、IC-756Pro2 Roofing Filter Modで、トランシーバの第1中間周波数64.455MHzに使うVHF帯クリスタルフィルタだ。
商品の外観はメーカーのホームページに次の写真として掲載されている。

Mid-756ProII.jpg

このフィルタモジュール単体での性能はすさまじいものがあって、同じくメーカーのホームページには次の測定データが掲載されている。この改造をすることでSSB/CWは相当な改善が期待されるが、AM-Wide/FMはまったくNGになってしまう。AMはUSB/LSBを使い分けて、手動式の側波帯選択の同期検波もどきをやっているのでよいとして、FMは海外テレビくらいしか出番はないので、実質的なDXスタイルには何ら影響はないと思っている。

proII-II.jpg

最大のリスクは、大切な756を改造することだ。
NRD545のフィルタ交換ほど力技を要求されないが、少しの「キズ」が入ってしまう。
INRADの発送は早いそうだから、そのうちに続報を上げることができるかも知れない。

メモ用のリンク
アマチュア無線 by JI1ANI:756Proシリーズ用ルーフィングフィルター

10月24日(金)

本日は休暇で、OM師匠に貸してもらっている無線機IC-756PROⅡの調整をしてみた。
50MHzで運用していると、相手局にゼロインしているつもりが、周波数表示が決まって数十ヘルツ高くなってしまうことが気になっていた。むかし少し遊んだように、放送局の精密周波数測定をまたぞろ行うつもりはないのだが、やはり周波数はキチッと合っていないと気持ちが悪い。

最初は10MHzの外国の標準電波を受信し、IC-756PROⅡの取扱説明書にある調整方法で、モードUSB、周波数1kHzダウン、内蔵マーカーONでトーンが1000Hzになるように調整。この段階で30Hzの誤差が既にあることをハケーン。

外国からの電波は、例え標準電波であろうとドップラ効果で、周波数はジャストでは無いという話もあるが、その議論は横においておき、GPS受信機Z3801Aが暖まってGPSにロックされたので10MHzの基準周波数をZ3801Aに換えて再度Wavespectraで観察してみた。結果は放送波を使ったときとまったく変わらなかった。

一般的に周波数の誤差調整は、低い周波数で調整してもなお誤差を残していて、高い周波数で運用するとアレっ(!?)てことになることが多い。そこで周波数を50MHzにしてもう一度調整をやりなおした。Z3801Aの出力はなんの問題も無く(?)5倍波を吐き出してくれた(^^;
すると、あれほど魂を込めて調整した周波数がなお2Hzもずれているのがわかった。これをジャストにあわせて、なおかつ内蔵のマーカーに切り換えても変化がないことを確認して調整終了。
下のキャプチャはその時のWavespectraの画面。

IC756PRO2(1).jpg
[ 2008/10/24 09:59 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

強巴林

家の近くには「強巴林」という名のチベット寺院がある。
一度行って見たいと気になっていたのだが、先日の春日井まつりの帰りに立ち寄った。
日本で最初のチベット寺院であるとか、法主は日本人女性で初めてチベットで受戒を授けられたとか、ニュース性はあるものの、観光バスで観光客が押し寄せるという、そういう感じでもないところだ。道路入り口から見上げる全景はこんなかんじ。

強巴林1

幹線道路に面してチベットの土産物屋があるのだが、土曜日の午後だというのに閉まっていた。いつも閉まっているのか、偶然なのかはよくわからない。

強巴林2

寺院への階段脇にこんなかんじで水が出ている。
このドラゴンさんは手に水晶玉を持っていない?そんなのはマンガの中の話なのか、チベット・ドラゴンは持っていないのか、これまた謎・・・

強巴林3

寺院への階段を上りきったところで幹線道路側を撮影。
よく見えないかも知れないが、幹線道路は県道で通称・龍泉寺街道、その向こうに一級河川・庄内川、川の向こう岸は春日井市となる。我が家から見た遠景もこんな感じだ。

強巴林4

残念ながら、寺院の中は撮影禁止なので、関連するWeb pageでご覧いただきたい。
[ 2008/10/22 22:52 ] 日記 | TB(0) | コメント(2)

春日井まつり 2日目

今日は春日井まつりの二日目、パレードにあわせて家を出発した。
市役所北の清水屋さんの駐車場に車を停めて、徒歩で市役所まで移動。市役所南側の日陰になる場所に11時過ぎから場所取りをした。パレードの先頭がもう間もなくですとのアナウンスに続いて、春日井市長を先頭にパレードが見えてきた。写真は市長さんと一緒に来たLady of the Lakeのミス・ケローナ。市長さんの写真無しでゴメン(^^;

春日井まつり1

下の写真は春日井市秋田県人会による「なまはげ」
例の、悪い子はいねぇえかぁ~、と言いながら子供に近づく、あのなまはげだ。写真左下に見える手は、なまはげが配っていたキャラメルをねだる愚妻の手である。

春日井まつり2

パレード最大の目玉「道風平安朝行列」が始まった!
平安の三蹟と呼ばれた賢人が、藤原行成、小野道風、藤原佐理の順に現れた。写真は続いて小野小町まで4枚連続で掲載。

春日井まつり3
春日井まつり4
春日井まつり5
春日井まつり6

そして、春日井市を代表するアマ球界の雄「王子製紙」野球部の準優勝パレードがあった。
新聞やネットニュースで見て知っていたが、初めて「実物」を見た。なにやら選手たちが盛んにこちらを見ては帽子を脱いでお辞儀をしていた。振り返ったら、体格の良い男性が声援を送っていた。前監督か先輩か!?

春日井まつり7

続いての写真は、そのまんま知事さんの東海宮崎県人会による「日向ひょっとこ踊り」。
みなさん、少しずつ違った面で、お亀、ひょっとこを演じてみえた。中にはフンドシが垂れて、キワドイおじさんもいたぞ!

春日井まつり8

さて、少し、さわやかなお色気写真をご披露!

春日井まつり9
春日井まつり10

各幼稚園、各小学校のバトンや鼓笛隊の写真も多く撮っていますが、ご父兄の方で見られたい方は、コメント欄からどうぞ。メールアドレス入りで、管理人だけに通知扱いでコメントされれば、写真をメール添付ファイルでお送りします。
[ 2008/10/19 20:11 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

春日井まつり

名古屋まつりと一週間ずらしで春日井まつりが行われた。
もともと春日井市も生活圏であるし、勤務先も春日井市にあるので先週からのお祭り続きで出かけてみた。
いやぁ~驚いた!中央公園の角から市役所の向こうまで、約500mにわたって道路の両側に屋台の列、列、列・・・ イカ焼き、お好み焼き、タコ焼き、水風船、金魚すくい、輪投げ、射撃、お面、トウモロコシ、ポテト、焼き鳥、こんなに多くの屋台を見たのは久しぶりだ。

市役所のステージに向かう阿波踊りの一行に会った。
この人たちは中部徳島県人会の「鯱ほこ連」の方々のようだ。いやぁ~、いいものを見せていただいた。

20081018(1).jpg

市役所の敷地内での地方出展でこんなところをハケーン!
いまやすっかり全国区の知事さんとなった、そのまんま知事さんの県ですな。

20081018(2).jpg

マンゴープリンの詰め合わせに心惹かれたが、その前にお昼ご飯がまだだったのが、知事には逆風となった。それでウロウロとお昼ご飯になりそうなものを探したら、「松茸釜めし」を見つけたので家族全員それを食べた。これはどこの名産だろうかって?「まるすぎ」って書かれていたから、たぶんジモの「まるすぎ」さんだと思う。

20081018(4).jpg

お腹もよくなったので、さらにふらふらしていたら、アキバ調のメイド服を見つけたのでカメラを向けたら、「撮るなら合図して!」と野太い声が返ってきた。お客のお子たちはハスキー声のオネエと思っていたんだろうな。うーん、オネエには違いないか(^^;

20081018(5).jpg

この日楽しみにしていたのは、市役所ステージで行われた【かすがいオペラ小野道風「しずく柳」】
愛地球博でも上演された創作オペラのスモール版といったところか。

20081018(6).jpg

この「春日井まつり」は明日もあり、12時からのパレードを見に行くつもり。
[ 2008/10/18 21:29 ] 日記 | TB(0) | コメント(2)

10月16日(木)

本日は年次有給休暇で会社をお休み。

日頃できないことをイロイロとがんばった。
午前中、夏野菜のトマトを畑から抜き取り、畑を粗起ししておいた。
トマトを細かく裁断しておいたので、これと家庭の生ゴミを生めてひと冬寝かせようと思う。

昼は大曽根から国道19号線を北上したところにある回転寿司「すし市場 匠」でランチ。
680円で、にぎり、ミニうどん、好みによりセルフサービスで味噌汁、コーヒーが付く。
海鮮丼も人気メニューでこちらは580円。

帰宅後に支度をしてから、QSLカードを島根ビューローに発送。宝くじの末等を換金、ジャパン・ネットバンクの引き出しをセブンイレブンのATMで初めて操作!
[ 2008/10/16 19:10 ] 日記 | TB(0) | コメント(2)

大須大道町人祭

昨日は矢場町から上前津にかけて、名古屋祭り・英傑行列を見終わった後で、大須の大道町人祭の方にまわってみた。お目当ては「おいらん道中」だ!次の道中出発までに時間があったので、スタート地点である「おいらん宿」がある新天地通入り口のロータリーで演じられている大道芸を見ることにした。
その時行われていた大道芸は桜小路富士丸似顔絵エンターティメントだった。

20081012(3).jpg

ギターの伴奏にのせて軽快に踊り、歌う桜小路、そして極めつけの似顔絵ショーだ。
軽妙なトークに引きつけられて、時間はあっという間に過ぎ、「おいらん道中」の開始10分前に終わった。あと10分待つのかなと思っていたら、次の芸人さんが現れた。ほんのショートの芸かと思ったら、けっこう演目が続き、「おいらん道中」が心配になってきた。

20081012(4).jpg

その時、ロータリーの外周を人ごみをかきわけて出発する「おいらん」を妻が見つけた!
下げにかかっていた大道芸の石原耕には申し訳なかったが、多くの人が「おいらん」を取り囲むように移動を始めた。石原は最後の「集金」を取りっぱぐれてしまった格好になった。

20081012(5).jpg

おいらん道中は、3人の「おいらん」がそれぞれに「かむろ」、「傘持ち」などを従えて高下駄で練り歩くもので、写真はその3人目の「おいらん」である。「おいらん」に扮しているのは一般公募の女性とのことで、独特の歩行などはなかった。
息子に言わせると伊勢戦国時代村で見た「おいらん」の方がよかったとか。
そりゃそうだ、あちらは全国の時代村を巡回しているプロだからねぇ・・・
[ 2008/10/13 09:45 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

名古屋まつり

昨日行けなかった名古屋祭りに家族全員の後押しで行ってみた。
市の中心部は交通規制で動けないので、少し大回りをして、終点の上前津狙いにした。
狙い通り駐車場もすぐに確保でき、比較的見やすい場所にも入れた。
信長、秀吉、家康の英傑行列は珍しくないし、他のブログでも掲載されることだろうから、今年の大河ドラマ・篤姫の写真を載せてみる。
デジカメはバッテリーを意図的に空っぽにして、再度充電を開始したばかりで役に立たないので、携帯の写メで撮った。

20081012(1).jpg

場所は矢場町交差点だ。篤姫が目線をくれている!!
父君の島津斉彬候が後ろに立っている。
この大名行列には200名からの自衛隊員が守山駐屯地から派遣され、行列に加わっているとのことである。

20081012(2).jpg

どの人が自衛隊員なのかわからないが、比較的身につけているものが重く、体格が良く、精悍な人なら間違いなかろうと思い撮ったのがこの写真だ。この行列は徳川の鉄砲隊だ。

この英傑行列は15時15分頃終わり、せっかくなので引き続き大須の花魁道中を見に行った。《明日に続く》
[ 2008/10/12 22:32 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

10月11日(土)

休みの日はやっぱり早く目が覚める。
寝ぼけ眼のまま、パジャマから着替えもせずに外に出たら小雨が降っていた。
これでは移動局は少ないなと思いながらタワーをフルアップさせてから、いつもの日課の冬野菜の害虫駆除。やっぱり毎日取っていてもキリがないので、とうとう重い腰を上げて、農薬というか駆除薬品の世話になることにした。ペットボトルに水を入れて、粉薬を注ぎ込み、さらに定着液を入れてからかきまぜてセット完了。ペットボトルの口に噴霧用のノズルをつけて、一株ずつ葉の表と裏にシュコシュコと吹いて回った。

シャックに戻って50MHzをワッチ。
QSOした移動局から、このまま今夜のコンテストまで突入するとの話があって、ようやく全市全郡があることを思い出した。昔からバンドが騒がしくなるだけのコンテストはあまり好きではなくて、求められてコンテストナンバーを交換する程度しかやっていなかったが、それはいまだに抜けてない。

昼近くまでぐーたらしてから家族で外出。
途中多司でおにぎりを買って車中でほおばる。いつものジャンボ串カツが無くて残念だった。
そのあと久しぶりに母校を見たくなって昭和区桜山へ向かった。今回ノーベル物理学賞を受賞された一人の益川さんが母校の先輩だと新聞で知って、日頃愛校心など微塵も無いくせに、ちょっと見たくなった。久しぶりの母校に驚いた。当時の建物がたったの一棟もなかった。そりゃそうだ、卒業してから30年以上にもなるから当然だ。当時の校舎は昭和初期の建築で、屋上には高射砲の基部が残っていた。窓は観音開き、さしずめ現在なら近代建築遺産ものだったろう。
その後、大須で花魁道中を見ようと思っていたのだが、交通渋滞と駐車場満車にめげて帰宅した。
[ 2008/10/11 23:25 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

守山駐屯地式典 最終回

なんてったって無線屋だから、鉄塔やアンテナには自然に目が行ってしまう。
そして一般人がカメラを向けないような被写体を写していると、こちらを向いている視線に気が付く。いくら平和ボケした自衛隊でも、されど自衛隊である。あまりまわりの空気から浮かない程度に写させてもらった。

1009(2).jpg

グラウンドから見た短波アンテナは、こんなふうに張られていた。
2本の平行線と言ってもT2FDアンテナではない。いわゆるダイポールアンテナが全部で3面張られていた。上段はダイポールアンテナを懸架するためのワイヤーで下段がアンテナだ。駐屯地の上から見た位置が下の画像。

1009(1).jpg

ダイポールアンテナの8の字指向性を考えた位置に鉄塔が立てられているのだろう。
これだけ、ほぼ自由空間に張られていると、ダイポールアンテナもさぞかし良好に働いていると思う。まったくうらやましい限りである。

1009(3).jpg

パラボラアンテナ・・・
あんなり興味がないけど撮っといた。

1009(4).jpg

最後に自衛隊の「尾張の湯」
足湯のサービスだ。寒いときなら飛び込んだかも知れないが、まだ残暑の中、遠慮しておいた。
守山駐屯地は年に3回一般に開放してくれるそうだ。今度はお花見の時だと思う。またお邪魔して、売店で限定品をゲットしたいものだ。
[ 2008/10/10 12:56 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

守山駐屯地の式典 その4

無機質な兵器を見て、かっこいい~っ!なんて言っていても仕方がないので、入り口でもらった案内図をもとに売店に行ってみた。売店はコンビニみたいな百均みたいな雰囲気なのだが、品物の半分くらいはいわゆる自衛隊限定品。装備小物からお菓子に至るまで、塀の外には決して正規には出回らない超レア物ばかりだ。

1008(1).jpg

そんな中で金鯱煎餅、これは自衛隊限定ではなく第10師団(守山自衛隊のことね)限定のお菓子。この1箱32枚入りと、バラ売りも買った。バラ品を家族で食べたが、なかなか美味だった。ちなみにこの1箱は近々愚妻の実家へQSYすることになっている。

1008(2).jpg

これは笑った。しかし売れ行きがよくて、見ている目の前でどんどん買われ、どんどん補充されていた。元気バッチリは眉つばだが、お土産にはウケるだろうなぁ。

1008(3).jpg

撃墜の「撃」、攻撃の「撃」の字のせんべい。うーん、専守防衛を忘れてしまいそう。

1008(4).jpg

幹部用食堂の外壁に貼ってあった金鯱くんのアップ。
[ 2008/10/09 20:41 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

守山駐屯地式典 その3

1006(7).jpg

まるでガンダムかなんかのシーンに出てくるようなミサイル車両。
ミサイルは4連装が左右に1基ずつあって、中央が照準用の望遠鏡と、同じく赤外線望遠鏡。

1006(8).jpg

説明要員の隊員のお兄さんに車の中を見せてもらった。
この写真は助手席のダッシュをあけて、オペレーションデストとモニタ、トリガを出したところ。
左側のモニタがワンアクションでノーマル望遠鏡と赤外線に切り替わる。画像はどこかと思ったら、駐屯地の外のマンションだった。トリガはゲーセンのマシンにそっくり・・・っていうか、こっちが本家本元だ。

1006(9).jpg

1006(11).jpg

こっちの写真は羽のついたロケットミサイル。
長蛇の列ができていたので、遠巻きに見ただけ。けっこう早いスピードで3次元に動く。あんなスピードで八木アンテナを振ったら、エレメントがどっかに飛んで行きそう。

1006(10).jpg

自走式ではなくて、牽引されて据え付けるようだ。
すっげー射程距離がありそうな感じだった。こんなのの近くにいたら鼓膜が破れそう!
そういえば売店に耳栓が売っていた。《明日に続く》
[ 2008/10/08 12:09 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

守山駐屯地式典 その2

ログペリ積んだトラックは公開されていないようだったので、そのまま進むとグラウンドに戦車、野戦砲、ランチャー、ヘリコプタなどが駐機、公開されていた。その中の戦車に近づいてみた。

1006(4).jpg

あいにくとミリタリーマニアではないので、この戦車「10戦-1」とペイントされているが、○○式○号とかの型式は知らない。こんな狭いのぞき窓から外を見るのは、どんな姿勢でいるのかと中を見たかったが、そこまではかなわなかった。よく見ると両サイドにシャッチー君ではないが、第10師団のマークである金鯱(シャチ)がペイントされていた。

1006(5).jpg

また後日掲載するが、第10師団グッズがいろいろと駐屯地内の売店で売られていて、この金鯱マーク入りの「お煎餅」を買ってきた。戦車の後方に回り込むとアルミの脚立が用意されていて、屋根に登れるようになっていた。そこでさっそく・・・

1006(6).jpg

なかなか結構なアングルで前方が見渡せた。
しかし湾岸戦争の時、至近距離からゲリラと勘違いして市民に向けて、この砲塔が急旋回して発砲されたシーンを見ていたから、手放しでは浮かれていられない。《明日に続く》
[ 2008/10/07 22:34 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

守山駐屯地式典

昨日は生憎の小雨模様の中ではあったが、守山区内にある陸上自衛隊守山駐屯地師団創立46周年記念行事に行ってきた。これは年3回ある師団の地域開放行事の一つで、日頃なかなか窺い知ることができない「塀の中」を見せてくれる行事だ。
守山駐屯地は今ではすっかり交通至便な町の中にある。市の中心部からは名鉄瀬戸線で、近郊からはガイドウェイバスで至近まで行くことが出来る。

1006(1).jpg

マイカーを留める都合で裏口から入った。衛兵は一人だけで、ここは気軽に会釈だけで入れたのだが、少し先に検問所があって、バッグの中身とボディチェックを受けた。空港のチェックよりも厳しかったかも。バックはすべてのポケットを開けるように言われた。こちらも悪ふざけで、これはメガネクリーナーのボトル、これはメジャー、これはUSBカードリーダ、etcと説明してやった。私のチェック時間が長いので同行の妻が呆れていた。

1006(2).jpg

中に入るや目の前にはどーんと特殊車両が並んでいた。
その中から2基のログペリアンテナを積んだ車両を発見した。どういう目的の車両かよくわからないが、荷台のコンテナの中も見たかったぞ。《明日に続く》

1006(3).jpg
[ 2008/10/06 21:09 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

牛丼屋のサカイ!?

少し前にどこかのポータルサイトで、焼肉屋さかいが牛丼屋を始めるというニュースを見た。たしか10月オープンだったから、もうそろそろかなと思い「焼肉屋さかい」のホームページから調べると「牛丼屋さかい」というページができていた。

その第一号店は北区黒川にできた名古屋黒川店で、事前にメニューなどをチェックしてから、お昼にあわせて出かけてみた。場所は黒川の大きな交差店から北へ一つ目の交差点南西角。吉野家やすき屋、松屋どこでも郊外型店舗は駐車場を持っているのでマイカーで出かけたのだが、パッと見には駐車場はなさげ。しかしよく見ると、申しわけ程度に小さな駐車場への案内板が掲げられ、左折50m 2台と書かれていた。2台!?とはマジかとあきれたが、ダメ元で行ってみたら、一台も駐っていなかった。
20081005.jpg

ここのシステムとして、お店の外の券売機でチケットを買うようになっていた。
偶然その時には誰も買っていなかったので、スムーズに買うことができたが、平日のお昼には妙なところで行列ができるだろうなと思う。チケットは半券をもぎとられ、残りが領収証ですと告げられた。注文したのは家族3人とも焼肉丼、並が450円、大盛りが600円と他店の牛丼よりも高い!

20081005(3).jpg

焼肉丼は作り置きの牛丼と違って、いちいち焼く手間がかかるので、丼が出されるのに少し時間がかかった。昼時のサラリーマンだと時計が気になったり、店舗経営から見ると客の回転が悪く感じたり、今ひとつの感がぬぐえなくもないのだが、一口食べて驚いた!
これは他店の牛丼の1.5倍の値段を払っても買いである!激安のB級グルメとしては花丸ものだ。肉はそれなりだが、焼肉のタレが本業の焼肉屋のタレをそのまま使っているのか、コクのあるタレにニンニクが溶け合わさり、辛子も適度に混ざっている。極端なことを言えば、白いご飯にこのタレを掛けただけでも、ドンブリメシが食べられそうな絶品のタレなのだ。
ただしニンニクの臭いはするので、午後から仕事がある人は、消臭剤を飲まないと厳しいかも知れない。
お店の外観はこんな感じ。
20081005(1).jpg

20081005(2).jpg

我が家からはちょっと遠いが、買い物のついでで昼にさしかかったら、また寄ってみようと思う。
[ 2008/10/05 19:40 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

小幡通信所

私の住んでいる名古屋市守山区には、陸上自衛隊守山駐屯地があって、そこには第10師団があり、海外へも度々派遣されている。その第10師団には第10通信大隊と第306基地通信中隊があって、駐屯地の敷地内には短波帯のアンテナも見られる。

実は守山区には、その駐屯地から直線距離にして1,700mほど北東に小幡通信所と呼称される施設と設備があった。名鉄・小幡駅から龍泉寺に向かって街道を北上し、緑ヶ丘と言う地名のところにそれはあった。ごく最近まで赤茶けた鉄塔が3基とワイヤーアンテナが鉄塔間に懸架されていた。それがふと車を運転中に見上げたら撤去されていた。ある意味では、近代歴史遺産だったのに残念なことをした。自宅に車を置き、デジカメを持って現地踏査してみた。

自宅を出てすぐに道端に栗のイガが落ちていた。見上げると栗が今を盛りとたんさん実っていた。
朝出勤して、夜帰宅するサラリーマンではそんなことすら知らなかった。
20081004(1).jpg

初秋の午後、のんびりと散歩がてらの調査だった。
以前はこの角度から鉄塔とワイヤーアンテナが商店や民家の屋根越しに見られたのだが、やはり何も見えない・・・
20081004(2).jpg

間道を入ってみた。途中、写真のゲートでもって進入を阻んでいる。しかしゲートには管理者名はおろか、進入禁止とも書かれていない。
20081004(4).jpg

表道路に戻り、敷地沿いに歩いていたら防衛庁の境界杭が目に付いた。
間違いなくここは旧守山通信所の跡地なのだ。
20081004(5).jpg

敷地は再び表道路から離れて小高い丘へと登っていった。
境界のフェンス越しに、まだ最近のものと思われるような、そこだけ雑草が生えていない場所を見つけた。ここが鉄塔の跡地なのだろうか?
20081004(6).jpg

虚しくなった。
文献から明らかにはできていないが、ここはラジオ放送の黎明期にNHK名古屋放送局の小幡受信所があった場所なのではないかと考えていた。東京放送局、大阪放送局からの電波を受信中継し、福井、金沢を監視するためのウェーブ空中線が張られていたそうだ。
まさに「夏草や兵どもの夢の跡」だ。
ススキの穂が夕日に輝いていた・・・
20081004(7).jpg

隣接している小幡緑地公園だけは、いつもと同じようにひっそりと水をたたえていた。
20081004(8).jpg

Googleで検索すると守山無線通信所という名称でヒットする施設があるが、これは今回調査の自衛隊の施設ではない。大昔に得意先の工場に営業で訪問したときによく眺めたものだ。各種Webマップで順次拡大して行くと、そこだけデータが無くなったり、それ以上の拡大を阻んだりする結界のようなところだ。遠くから見るだけは勝手だし、Webマップで上空からの写真を見るもの勝手だが、調子に乗って業務の妨害とならないよう注意したい。
[ 2008/10/04 22:13 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ