FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  2008年08月

久しぶりの青空

久しぶりの青空で、移動局も朝から聞こえていた。
感心するのは20年前、6年前にQSOした移動局が、いまだに現役で移動運用されていることだ。私も6m SSBで移動大好きだったが、もうそんなパワーはどこを探してもない。だから、20年以上変わらないそのライフスタイルにはただただ敬服するばかりだ。

過去ログの入力が終わったところで、今度はQSL受領確認を始めた。
実際のQSLカードを見ながら確認の入力をするのだ。なかにはQSOの該当ナシなどというものもある。しかし先方がカードに記入されたデータをみると納得。その多くは当方のモービル運用時のものだったからだ。当時モービル走行中のログは手帳か何かに書き取っていたとは思うが、本ちゃんのログノートには転記を怠っていたようだ。
他にも該当ナシがあった。それにも特徴があって、いわゆる記念局のたぐいだ。
記念局はQSLを一方的にビューローに送りますとアナウンスすることが多く、こちらからの発送を求められないので、ついついログに記入しなかったことがあったようだ。

机の引き出しには、なんと5~6年前の未開封のビューローからのQSLがある。
早めにQSL受取確認を進めないと、当時の方との2nd QSOの時に恥ずかしい思いをすることになる。

ビューローと言えば大昔のBCLブームの時には、BCLビューローがあった。
私は利用した経験が無いが、海外の放送局からはそれを好意的に思われないところもあった。経緯は失念したが、フィリピンのラジオ・ベリタス・アジアの神父さんから頂いた私信で、神父さんが困惑されていたのを思い出した。BCLファンの粗製濫造とも関係していたのだろう。
スポンサーサイト

ログ入力完了

長かった過去のQSO電子入力が完了した。
これでリアルタイムに検索と入力ができ、リピートQSOの失礼も少なくなる!?

朝がたから北海道が聞こえていた。釧路がスポット的に聞こえる珍しいオープンだった。
10時頃、2局とQSOして、そのうちの1局が1988年以来の2nd QSOだった。先方もたぶんハムログユーザーなのだろう。こちらが言う前に気が付いておられた。

E嬢から、おっと・・・お互いオジサン、オバサンになってしまったので、E女史かな、メールが届いて「大雨で大丈夫だった?」と心配してくれた。確かに全区避難指示がでていたけど、こちらは知らずに寝ていた人ばかりで、実被害のあった岡崎市とはかなり離れていて大丈夫と返事しておいた。

夕食は「がんこ炎」へ行った。
限定10品目半額セールをしていて割安感があった。息子がご飯を大盛り+中盛りと食べて、若いパワーがまぶしかった。

CPUクーラー

自局の送信音をモニタすると、低域にパソコンのファンの音をマイクで拾っている。
リニアアンプと間違えられるのはイヤだと言うわけではないが、音の品位の問題として、なんとかしたいと思った。

パソコンのファンは、CPU、フロントパネル、電源ボックス(兼リアパネル)、内蔵HDD、外付けHDDとたくさんのファンの寄り合いだ。このうち、CPUクーラーのファン交換がお遊びとしてはまことに好都合で面白い対象だ。会社帰りにショップに寄り、Ninja2というクーラー+ファンを購入した。

ninja2-400.jpg

高さが152mmと箱に書かれていたので躊躇したが、エイヤー!と買ってしまった。
私のケースはいわゆるトールタワーで内部空間だけは人一倍にある。この手の頭でっかちなクーラーの常で、478のソケットに装着するのが滅茶苦茶大変だった。たいてい、こう言う時には電解コンデンサをなぎ倒したり、メモリをバキッとやるのだが、私には珍しく無傷で装着完了。気になる実装後の高さも、サイドカバーに当たらない範囲で助かった。

私は今まで温度センサなるものを使ったことが無かったので、使用前と使用後の比較をどうしようかと考えた。いろいろと調べてみると使用しているインテルのマザボD865GBFには3ヶ所の温度センサが最初から内蔵されており、インテルからは専用のフリーソフトがダウンロードできたのだ。それで早速インストールして、交換前の状態をキャプチャした。

20080827(1).jpg

どこのあたりにセンサが仕込まれているのか、目視ではわからなかったが、いわゆるアイドリング状態で温度は62度、ファンの回転数は2730と表示された。これが高いのか低いのかよくわからないが、一般的に温度センサを買って来て、いい加減に置くよりはかなり高めに出ていると思う。で、Ninja2に換えてからのデータが次のキャプチャ。

20080827(2).jpg

温度は56度、回転数は981となっている。確かにCPUファン単独では耳障りなノイズは無くなった。しかし温度が劇的に下がったわけでもないので、当分の間はサイドパネルを取り去って使うことになる。
[ 2008/08/29 22:45 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

ああ失敗

昨夜よれよれになりながら修理が完了したパソコンが、今朝立ち上がらなかった。
症状は先日までと同じで、ファンがわずかに回ったと思ったら、パスンと電源が落ちる現象。

帰宅後にCMOSのバックアップ電池を見ると、電池ホルダー内でのがたつきが気になった。
そこで電池をロックしているツメを立てて、電池のホールドをよくさせたところ、昨夜と同じように正常に起動した。

壊れたと思い込んでいた元もとのマザボも、実は壊れていなくて、電池のリセットが必要なだけではないかと思い直し、面倒だったが基板を入れ換えてみた。これがビンゴ!ちゃんと正常に起動するようになった。PCには元々のマザボを使い、リペア用に買ったマザボは家庭内の他のPCのところに「お下がり」に出そうと思う。それにしても、もっと冷静に判断すればよかったのだが、パソコンの組立から随分遠ざかっていて、こんな基本的なCMOSクリアすら思いつかなかったとは情けない。
[ 2008/08/25 23:00 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

パソコン復旧

向かいのお宅にTVI調査に伺った。
お詫びを申し上げ、テレビを拝見した。5年以上経過のブラウン管式の中型テレビだった。
テレビを任意のチャンネルにして、自宅から20W程度のテストスピーチをリグ内蔵のボイスレコーダからSSBで送出する。復調はできないが、自局の送信音であることは明白だった。テレビの音量を下げきって「消音」と表示されても、テストスピーチは聞こえ続けた。
今度は送信出力を徐々に下げてテスト。5Wくらいなら、インターフェアの発生しないことが確認できた。
ここのご家庭では、ブースタ無し、壁コンセントから同軸ケーブルで最短距離たぶん1mくらいで接続されている。テレビにはゲーム機など外部入力が3系統と、シスコンを出力として音声が出ている。
2階の寝室のテレビは、あえてフルパワーで送信してみたが、ウンともスンとも出なかった。
したがって1階の居間のテレビ固有の問題か、ぶら下がっているケーブルが丁度1/4波長アンテナになっているか、そのあたりを来週末にでも検証、対策してみようと思う。

壊れてしまったパソコンの交換用パーツが届いた。
中古だが、マザーボードとCPU、CPUファンを交換した。
最初は壊れた時と同じ状態、つまりファンが少し回ってから止まってしまう現象だったが、CMOSバッテリの取り外しリセットをしたところ無事起動するようになった。
もともとのキッカケがCPUの上位モデルへの換装だったので、その速度アップも十分堪能でき、快適になった。もしかしたら、古いマザボも壊れたのではなく、バッテリのリセットで復旧するかも知れない!?

ブックオフで「0戦はやと」の復刻版上下2冊組を各800円、合計1600円でゲット。
若木書房版で全5巻のうち、3冊までは集めたが、残り2冊がなかなか安価に入手できなくてもやもやしていたが、これで大願成就!?
[ 2008/08/24 23:20 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

TVI発生!?

昼ごろ、向かいのお宅から電話が入り、TVIの発生を確認した。
先方のお宅に乗り込む前に、TDKのクランプフィルタを同軸ケーブル、電源ケーブルに挟み込んで、トランシーバーのマイクゲイン、コンプレッションレベルを下げテスト送信。自宅のテレビではウンともスンとも障害は出ない。その状態で、先方に電話して、再度同じボイスレコードを送出してみた。やはり聞こえるとのこと!
明日時間をいただいて症状を確認するしかないか・・・

夕食は久しぶりに松坂屋10Fで、ひつまぶしを食べてきた。
年に数回しか行けないが、このところ行くたびに値上げされている。それでもお客さんの列が半端でなくできているのは、ある意味すごいことだ。

ハムフェアの速報をつらつらと見ていたら、AORがペルセウスの日本代理店として出品していたこと。アイコムからIC-756PRO3の後継機とも言うべきIC-7600が出ていたことが目に付いた。

山田耕嗣氏

山田耕嗣氏ご逝去の報が飛び込んで来た。
昨夜のことのようだ。

実は氏とは多少の因縁があり、その縁がもとで「ラジオの製作」誌に、私の主宰していたBCLのクラブを取り上げていただいたことがあった。まだ私が大学生のころだから、随分昔のことだ。

ラジオライフ誌などで、時々見かけた写真は、老いを重ねられた様子だったが、まだ逝かれるような年でもなかったはずだ。実際にお会いしたことは一度も無く、当時はもっぱら手紙でのご指導だった。それに時々は封筒の中にカセットテープが入っていて、ラジオでよく聞いた、あの名調子が録音されていた。

「先生」とある種の畏怖感を持って呼ぶ人と、「あのセンセイ」と半ば似て非なる存在かのように言うOMもあったが、カリスマ的で、広告塔的で、憎めないお人柄だったと思う。晩年は東京を離れ、房総半島に移住し、周囲には工場もコンビニもないとラッパを吹いておられた。
謹んで冥福をお祈りする。
[ 2008/08/20 23:13 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

いやぁ~まいった!

過去のQSOの電子ログ化がはかどらないので、会社の昼休みに40局入力した。
絶対に1日100局入力は死守しないと、いつまでたっても終わらない。

注文しておいたPen4 3.2GHzが届いた。
それまで使っていたCel2.7GHzを慎重に取り外したつもりだったが、CPUのリリースキーをイジェクトしなくてもCPUがクーラーにくっついて外れた。イヤな予感が的中して、3.20Eに換装しても起動しなかった。さらに元に戻しても起動しなくなってしまった。
たぶんCPUソケットの接触不良だと思う。

QSOのデータはこれでもかというくらいにバックアップを取っているので、サブのPCで入力作業を継続したが、メールが今日のところは、Webアクセスで受信するのみしかできない。マザボを交換するくらいなら、せっかく買った3.20Eだが、これを生かすことばかりを考えると選択肢が狭くなるのでどうしようか思案のしどころだ。
[ 2008/08/18 23:35 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

夏休み 8日目

とうとう夏休みも最終日になってしまった。
朝の涼しいうちに庭の野菜に水遣りをした。キュウリはここのところの暑さで、ほとんどが立ち枯れしてしまった。水は欠かさなかったが、株の根元に藁でマルチをしていなかったので、暑さにやられたと反省しきり。

10時半から地区の防犯会に出席。
地区の犯罪件数がほとんど無かったため、各戸の関心も空き巣より、危険な交差点についてで活発な意見交換となった。

午後、区の郵便局までマイクが届いたことをネットで確認したうえで電話して、直接取りに行った。山口のFINE-AUDIOさんのマイクスタンドだ。厳密にはマイクではなく、マイクはハードオフで買った中国製のCM-2000というものを用意しておいてあった。そのマイクスタンドにマイクをセットし、トランシーバと接続して、マイクゲインと音質の調整をした。自分でモニタすると低域で、パソコンやリグのファンの音が結構気になったが、リグのボイスメモリで録音/送出するとそのあたりがカットされていて?、全然わからなかった。

20時頃から50MHzでCQを出して3局とQSOができた。
バックノイズに関してはどの局からも指摘がなかったので、許容範囲だったかと一安心。
平日はなかなかQRVする時間が無いかも知れないが、今度こそは細く長く続けようと思う。
[ 2008/08/17 23:44 ] 日記 | TB(0) | コメント(2)

夏休み 7日目

今日は長期休みの中の出社当番日。
別に当番を置くほど仕事があるわけではないけれど、不測の事態に備えてということで。
この日のために用意しておいた仕事のメニューをタタタッと片付けて、あとはひたすら過去の交信ログを入力していた。

ここまで2000交信ほど入力を完了したが、マイクが明日到着して、再開局するまでには到底全QSOの入力ができるわけがない!しばらくログの入力に専念したほうがよいか!?

たぶん土日はQRVして、平日に集中して、追いつくべく入力することになるだろう。
[ 2008/08/16 21:24 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

夏休み 6日目

朝5時に起きてアンテナの組立を完成させ、助っ人のOMさんがいらっしゃるのを待つ。
6時からタワー作業開始。予定通り8時には完了。
以前使っていたCL6DXはブームが垂れていやだったし、SS-96DXは細すぎて不安だった。
しかしこのCL6DXXは7elでありながら、ノーステーでほとんどブームの垂れ下がりが無く、設置後の満足度が高い仕上がりとなった。

50MHzはお盆休みだと言うのに2エリアは閑散としていて、移動局がちらほらだが、その相手局の1の固定局もなんとか聞き取れているので、そこそこの性能は出ていそうだ。

20080815.jpg

11時頃郵便配達があり、早くも局免が届いた。
8/6に電子申請して、10日かからずと到着するとは、昔を知る人間としては信じられないスピードだ。
コールサインも希望通り、昔からの元祖コールだ。この瞬間から「昔の名前で出ています」といける。
ただ一つ二つ間に合っていないのが、マイクロフォンの手配遅れと、JARL入会。JARLは次回QSL配達までに入会すればよいとして、マイクは昨日発注したばかり。まさかこんなに早く局免が下りるとは思わなかったから・・・
[ 2008/08/15 10:11 ] 日記 | TB(0) | コメント(2)

夏休み 5日目

昨日は長距離ドライブで疲れたはずなのに、朝はすんなりと起床。
注文しておいたパソコン用のメモリーが郵便で届いた。もう随分旧式のパソコンだが、今のメモリー512KB×2枚に加えて、1GB×2枚を増設して、合計3GBとした。
ついでにバージョンアップが打ち切られて久しいマザーボードのBIOSも、最終Verにアップしておいた。CPUは現状では2.7GHzだが、休み明けには3.20Eが届く予定だ。
いくら安くなっているとは言え、本体ごとの買い替えは無理なので、パフォーマンス向上のためささやかな努力をしているわけだ。

明朝、天気が良ければ、受信アンテナの残骸を下ろして、50MHz 7elのCL6DXXをあげる予定だ。
CL6DXXはすでに組み上げて準備OKだ。
むかし6elのCL6DXを2本持っていたが、7elほど造りがよくなかった。
クリエートは6elと7elで造りが大きく異なるようだ。
[ 2008/08/14 19:37 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

夏休み 4日目

まったく思い付きだったが、神戸まで家族旅行に行ってきた。
往復マイカー運転の日帰り強行軍で、ヘロヘロに疲れたが充実した旅行となった。

朝5時過ぎに起きて交通情報をチェックすると、関ヶ原付近で事故渋滞が20km以上発生していた。そこで名神を諦めて、東名阪+新名神で行ったが、草津から先もとんでもない渋滞の情報が入っていて、下に下りたり、阪神に乗ったり、降りたりで、神戸に着いたのは昼の12時になっていた。

神戸といえば日本三大中華街の一つ南京町だということで、散策しながらお店を決めた。
中央の広場近くの本格的広東料理「楽園」に入った。
注文したのは入り口に大きく写真掲載されていた「限定15食 三色御膳」
大きなエビはプリプリしてて、尻尾の先までカリカリと揚げられてて絶品だった。

20080813(1).jpg

次に向かったのは松尾稲荷神社のビリケンさん。
カーナビが無かったら絶対にわからないような、住宅街と準工業地帯の混ざったところにひっそりと松尾稲荷神社さんはあった。イチロー選手も活躍を祈願されたと言う。これで不肖の息子の受験も成就か!? 左手にお供えされた「おあげ」がとてもユーモラスなビリケンさん。

20080813(2).jpg

次は北野・異人館街に向かった。
目指す先は定番ながら、風見鶏の館(旧トーマス住宅)と、うろこの家。
1995年の阪神・淡路大震災で受けた被害が気になりつつも、なかなか再訪できなかった無念が晴らされた。この風見鶏の館では、屋根上の暖炉の煙突が付け根から折れたらしい。裏庭に旧の煙突が逆さまに展示?されていた。
後で書くが、20年ほど前にE嬢と訪れた際には無かった?エアコンが館内を爽快にしてくれていたのはありがたかった。

20080813(3).jpg

うろこの家も大震災で建物の1/3ほどを失った。
いま隣接して建っているうろこ美術館は、その消失した部分を含めて再現された建物だが、うろこ1枚をとっても、遠目にはわからないけど、雰囲気を似せつつも違うものだ。実は20年ほど前に見たときに、このシンメトリックな建物にすっかり魅了させられ、10ほど前に我が家を新築したときに、密かにイメージさせてもらった。

20080813(4).jpg

次に向かったのはポートタワー。
タワー自体は珍しくもなんとも無いので、すぐ近くにあったKiss FMの看板の写真を撮った。沖縄に旅行したときには、ホテルから電話でアポ入れて、局の番宣ストラップをもらったが、今回はこの写真だけ。

20080813(5).jpg

タワーから降りてきたら17時を回っていたが、六甲山の夜景の時間までには相当ある。
しかし家族の疲労も考えると夜景にこだわるのも得策ではないので、今回は昼間の眺望と山頂の涼感だけ味わうことにした。遠く和歌山県まで望見出来るのは20年前と同じだった。

20080813(6).jpg

20数年年前の秋、私とE嬢は、この日と同じように異人館街で買い物と食事を楽しみ、夕方から六甲山に上がってきた。山頂から見た100万ドルの夜景はまさに絶景だった。アリの行列のように小さく見える電車の明かり、遠く紀伊半島にまでまわりこむ海岸線。少し肌寒かったので二人寄り添い、肩に回した手にぬくもりが感じられた。そのE嬢とは、その後、別々の道を歩んだが、いまだに年賀状の交換はしていて、今回の神戸行きの前日に出したメールにも返信があって、六甲デートのことを覚えてくれていた。そして今度は名古屋で逢いたいとも綴られていた。

こんな想い出にひたりながら神戸を後にした。
帰りは交通量は多かったものの、渋滞はなく、スムーズに帰着できた。
[ 2008/08/13 23:30 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

夏休み 3日目

少し夜更かしが過ぎるのか、早起きが全然できない。
9時過ぎてから、腰ベルトと安全ベルトつけてタワーに上がろうとしたが、上がる前から汗が落ちてきて断念した。

総務省から、アマ無線の再開局申請が審査完了したから、お金払ってねメールが届いた。
早速インターネットバンキングを使って電子納付を済ませた。メールには免許状を郵送して欲しい人は、返信用の封筒を送ってねと書かれていたから、これも準備して、あとで直接持って行こうと思う。

で、申請先の総通に行き、陸上課でお願いして帰ろうとしたら、背中から呼び止める声がした。
てっきり不備があったかときびすを返したら、声の主は旧知のIさんだった。実は行きのエレベータの中で、家内に対して、Iさんはここに勤めているんだよと言ったばかりだったのだ。
しかしまさか私が訪ねた課にいらっしゃったとは、言った私の方が驚いた。Iさんと上階の自販機コーナーに行き、ペルセウスのことなど短時間ではあったが、久しぶりに楽しくお喋りが出来た。Iさんには、勤務中に中座させて申し訳ないことをした。
[ 2008/08/12 11:22 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

夏休み 2日目

昨夜Yahooで天気予報を確かめたら、午前中は雨だと出ていた。
それを信じて遅寝を決め込んだら、なんと雲ひとつ無い快晴。だまされたが、もう暑くなっているのでタワーに登るのは諦めた。台風の進路になっているような非常事態なら、タワーに登りもするが、暑い最中に登ってめまいでも起こしたらヤバイ。

9時過ぎから別の受信アンテナを使って50MHzをのぞいてみた。
IC-756PRO2のスコープに大きな山があったので「どこの移動か?」と思ったら、韓国のDS2KGJ Shinさんだった。ShinさんはQRZ.comにも写真が出ていて、定型の日本語ながら流暢に話されていた。そう言えばShinさんもIC-756PRO2と5el Yagiをお使いとか。
DS2KGJは9時半過ぎにフェードアウトしたので、インターネットラジオに切り換えた。

私はタイあたりの田舎音楽が好きで、こんなところを聞いている。
MCOT ลูกทุ่ง
私的にはとてもリラックスできてなごめる。

しかし暑い!
あまりの暑さに?パソコンが何度もフリーズしてしまう。
仕方が無いので、左右のスライドパネルを取り払い、5インチベイのDVD、HDD×2の合計3基が密着していたのを、1段おきに離してみた。まだ不安定だが、それでも相当温度が下がったので、よしとしよう。
[ 2008/08/11 09:34 ] 日記 | TB(0) | コメント(0)

夏休み1日目

今日は5時半に目が覚めたが、昨日までの疲労の蓄積で、体が始動するまでに随分時間が掛かってしまった。それでも6時少し前に屋外に出た。たしかにこの時間なら全然暑くないので、屋外作業にはもってこいだ。

あらかじめフルダウンさせておいた受信アンテナの下辺パイプエレメントを撤去した。
このアンテナは全周30数メートルのループ型で、上下辺はアルミパイプで構成している。
左右の垂直エレメントは2mmのステンレスワイヤになっていて、下辺撤去後はそれがフリーになって風で揺れている。下辺はけっこう頑丈に作っていたので、解体にも思いのほか時間が掛かり、いつしか日差しが暑く感じられるようになって、アンテナ撤去作業初日は終了とした。

今日はメール会員になっているグッドウィルから、夏休みのバーゲンの案内が来ていたので、家内のお目当てでDVD-Rを買いに行った。先着30名様とのことで9時から並んだが、非情にも少し前で整理券が完売となってしまった。久しぶりの都会村(showさん流)のバーゲンに勘が鈍っていたようだ。せっかくなのでグッドウィルの館内をぶらついて、ローエンド無印安かろうの光学式マウスを1個買って帰った。

我が家では液晶モニタが1台余っていて、ふとデュアルモニタにしたくなった。
帰宅後パソコンの背面をよく見たら、RADEONのビデオカードは2出力になっていた!
今まではずっとモニタが1台だったので、ただ単に1出力しか使っていなかったのだ。
それで2出力とも接続して、WIN-XPの画面の設定をしてやったら、あらま見事にデュアルモニタが実現できて、便利なことこの上なし。

そうそう、今日小幡駅の近くで、ポケモン電車をバッチリ見た!
[ 2008/08/10 21:49 ] 日記 | TB(0) | コメント(2)

アマ局 再開局準備(4)

明日から会社は夏季休暇に入る。
8月17日の日曜日までの8連休だ! もっとも8/16(土)は当番出社だし、いつ呼び出しがあるとも限らないが。

今朝自宅駐車場でヘビに遭遇した。
1mほどの青大将の若い個体だと思う。我が家は緑豊富な丘陵地帯の山あいだが、近年とんとヘビを見る機会が少なくなった。場所は違うが、小学生の頃はヘビを見つけるや、木切れで首根っこを押さえつけて、ヘビを素手でつかまえたものだが、もう気持ち悪くてそんなことはやれなくなった。

ログの入力は900QSOを超え、明日には最初の1冊が完了する。
入力してて驚いたのは20年も前のQSOなのに、コールサインを見て名前が浮かぶ人が何人もいたことだ。今なら昨日のことも怪しいのに、昔のことは結構覚えている。

明日からはタワーに残っている受信用のワイヤーアンテナを撤去する。
7時を過ぎると暑くてやってられないと思うので、6時台にやりたいが疲れているので起きられるかが心配。

アマ局 再開局準備(3)

本日、総通より電子申請に必要なIDと仮パスワードが郵送されてきた。
早速ログインして、必要事項を入力。念のためオンラインでの簡易チェックを受けてみたが、入力のミスは無かった。

こんな簡単なことなのに、高価なJARLの申請書を買ったり、わざわざ申請書に手書きして高い申請料金を払うことがバカバカしく思える。申請者もお役所も楽ができ、その上、申請料金が紙ベースよりも格安なので、どんどん利用しなければ損なのだろう。

過去ログのPCへの入力も好調だ。
平日でも100QSOの入力をキープできている。さらにがんばろう!

アマ局 再開局準備(2)

どこをどう探しても、過去の交信ログのフロッピーやPCデータが見つからない。
数年前までは、大事なフロッピーを目立つようにPCの上に置いておいたのだが、どこに仕舞ったのかもわからないほど、無線への情熱が失せていたようだ。

時間ばかり経過するので見切りをつけることにした。
HAMLOG.COMから最新版のTurbo HAMLOG 5.10bをダウンロードした。
私の運用スタイルは国内メインなので、このHAMLOGが今まで使ったソフトの中でもっとも手に馴染んでいる。今日は1986年を300QSOほど入力した。毎日根気良く入力して再開局に備えたいと思う。

アマ局 再開局準備(1)

久しぶりにアマチュア無線を再開しようと思う。
ログによれば、前回は2003年にQRTしている。当然のことながら、局免は失効しているので、再開局の手続きが必要だ。現在では電子申請ができるらしい。本日、早速総務省のサイトからIDとパスワードをもらう手続きをした。

準備をしていて思い出したのだが、2003年当時、大切なパソコンでのログをハードディスクのクラッシュによって失っていた。それが前回QRTした大きな理由だったと思う。

再開局の許可が降りるのには約3週間くらい掛かるらしい。
その間にTurbo HAM LOGの入力をイチからやって、追いつけるかわからないが、PCで過去ログを見られるのと、見られないのとでは大違いなので、ぼちぼちと始めようと思う。
FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ