FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  七福神巡り

大名古屋七七福神まとめ

大名古屋七七福神スタンプ展 表紙
【大名古屋七七福神 集印帖】

大名古屋七七福神の集印帖をもとに戦前の名古屋における七福神巡りの
一端をひもといてきました。ここで「まとめ」としてシリーズを締めくくりたいと思います。



大名古屋七七福神スタンプ展主催の印
【名古屋趣味のスタンプ会】

この集印帖(スタンプ帳)には書籍物にあるような発行年月日や発行者の名称、印は
まったくありません。もしかしたら帳面自体は普通の市販の汎用品を流用していたのかも
しれません。あるいはこのスタンプ帳は公式のものなのか、個人が購入して押し歩いた
ものなのかも定かではありません。
ともあれ、主催者はこのスタンプから「名古屋趣味のスタンプ会」とみてよろしいかと思います。

七七福神なのですから、全部まわると49のスタンプが押されていることになりますが、
数えてみると確かに49個のスタンプがありますが、次のような事情により49か所には
なっていませんでした。

東郊七福神の福禄寿の位置には弁財天が押されていてマイナス1枚。
宝生七福神の寿老人の位置には熱田七福神の宝船が押されてマイナス1枚。
蓬莱七福神の寿老人の位置には名古屋趣味のスタンプ会が押されてマイナス1枚
合計3枚が欠印となっています。

逆に、熱田七福神は宝船も押されていて番外が1枚プラスになっています。



七七福神連合会納経
【七七福神連合会納経】

欠印の状態にもかかわらず、「○○寺のスタンプが無い」と判断できたのは、
実は上掲画像の別の資料があったからです。
タイトルを「七七福神連合会納経」という和とじのもので、各寺院のご住職によって
あらかじめコース名、七福神名、所在地名、山号、寺院名などが1ページに
1寺院ずつ揮毫されたものです。
これを参照することで、スタンプの欠印寺院名を補完することが可能となりました。

またこの七七福神連合会納経は書籍としての体裁がとられていて、そこには
昭和10年発行、発行者は八角堂法蔵寺七七福神連合会常務・大澤眞應師のお名前、
印刷所および頒布所・東洋巌新社、後援・新愛知新聞社と書かれています。

愛知学院大学教養部紀要 61巻2号に収録の「名古屋の寺院に関する木版資料に
ついて(12)
」には次のように書かれています。

『さらに翌年3月(註:昭和10年3月)には、印刷所の東洋巌新社(中区矢場町)から
納経帳の『大名古屋八十八ケ所御納経』が発行された。この納経帳は札所寺院の住職に
よって番号、本尊、所在地、山号、寺号が揮毫されており、番外に大名古屋三大師の
寺院も加わっている。
 一方、納経帳とともに札所でスタンプを押印するスタンプ帳も発行されていた。
ただし、その発行年月日は明らかでない。「大名古屋八十八ケ所遍路スタンプ」と
題する折本帳となっており、札所の遍路スタンプがカラフルなカラーで押印されている
(後略)』

従いまして、納経帳は「大名古屋八十八ケ所納経帳」が先行販売され、その半年後くらいに
「大名古屋七七福神連合会納経帳」が発行されただろうことがわかります。
昭和9年から10年頃の新愛知新聞を丹念に読めば、広告・宣伝も含めてもっと
わかりそうですが、それはまたの機会にいたします。

スポンサーサイト



[ 2020/11/10 12:00 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(2)

蓬莱七福神

蓬莱七福神スタンプ

【大名古屋七七福神 蓬莱七福神】

大名古屋七七福神巡りの最後は、わが町守山区の蓬莱七福神です。
蓬莱七福神のスタンプの特徴は、上が尖った栗の実のような形の中に、
七福神ゆかりの品物がモチーフであしらわれています。

七七福神の他のスタンプには無かった大きな特徴は、蓬莱七福神の名称が
角印で入っているところです。

長命寺さんと龍泉寺さんのスタンプが押されていなかったのはなんとも
残念なことです。
[ 2020/11/09 12:00 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

金城七福神

金城七福神スタンプ

【大名古屋七七福神 金城七福神】

金城七福神、その名の通り名古屋城地区の七福神巡りになります。
このスタンプ当時、昭和10年ごろはまだ名古屋市に編入されておらず、
西春日井郡の村々だったところもあります。

スタンプは基本的に真ん丸で、右上のごく一部に名古屋城天守閣の金鯱が
枠から飛び出ている配置になっています。また上から三分の一ほどを占める
名古屋城は色の違いだけで、七福神すべてに共通するデザインになっています。

特異なのは七福神のお姿、ご尊顔が一つもなく、すべてシンボル的なお持物を
左に配していることです。
[ 2020/11/08 14:36 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

呼続七福神

呼続七福神スタンプ

【大名古屋七七福神 呼続七福神】

名古屋市南部の呼続七福神のスタンプは真ん丸で、他の七福神コースの
ような一部が枠からはみ出るデザインにはなっていません。

円形の中心部は楕円に窓を開け、七福神をほぼ立像で描いています。
今回はスタンプの切り抜きを真円で行い、隣から覆いかぶさって押印
されている部分はそのまま残して並べてみました。

スタンプの背景の紙の色が黄ばんでいるのは、スタンプ帖自体が戦前のもので
いわゆる古色化しているからです。その当時はスタンプ帖とはいわず集印帖という
名称が一般的だったかと思われます。
[ 2020/11/07 15:27 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

熱田七福神

熱田七福神スタンプ

【大名古屋七七福神 熱田七福神】

非常に特徴のあるスタンプです。
蓮型の枠を宝剣が貫いて、左右に勾玉を配しています。
真ん中に丸窓をあけて、そこに笑顔の七福神のお顔です。

七福神なのに八つのスタンプなのですが、下段左端は宝船になっています。
言わば番外別格あつかいですね。
守山区だと龍泉寺さまがこれに相当します。
[ 2020/11/06 21:45 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

宝生七福神

宝生七福神スタンプ

【大名古屋七七福神 宝生七福神】

大名古屋七七福神のスタンプはジグザグに、一部が重なりながら押されています。
そんなわけで、ここに画像を掲載しているスタンプも日食のように一部欠けの状態に
なっています。

今回は宝生七福神です。
中区から中村区のコースのようです。
寿老人のページにはなぜか押されていなかったので、これまたコンプリかなわずと
なってしまいました。

宝生七福神のスタンプはクリの実のような、天頂部がツンと尖った形をしています。
そしてどこか一か所を円周部からはみ出させるデザインも共通しています。
七福神は特徴的なお持物に重ねてほぼ全身を描いています。
[ 2020/11/04 22:36 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

東郊七福神

東郊七福神スタンプ

【大名古屋七七福神 東郊七福神】

スタンプ帖の右端下段に位置します。
「東郊」の町名は今でも昭和区に東郊通として残っています。

東郊七福神のスタンプだけを並べてみると、基本的には円形なのですが、
ごく一部を円周からはみ出すデザインになっていることがわかります。

緑色のスタンプが薄く不鮮明なのは開運七福神と同じ傾向にあります。
おそらくスタンプ帖を作った時の、緑色のスタンプ台がインク切れでそう
なっていたのでしょう。

東郊七福神の福禄寿に相当するスタンプは、弁財天のスタンプが
福禄寿のページにも押されていたため採集不能となっています。
もしかしたら、このスタンプ帖は押印ミスのため売り物にならなくて
死蔵されていたものなのかも知れません。
[ 2020/11/03 16:16 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

開運七福神

開運七福神スタンプ

【大名古屋七七福神 開運七福神】

大名古屋七七福神スタンプ帖の右上筆頭は決まって開運七福神のスタンプに
なっていました。名古屋におけるコースもほぼ中心部を担っていて、もしかしたら
七七福神のなかではもっとも早くにコース設定されていたのかも知れませんね。

スタンプは大名古屋七七福神の中では極めて異色の小判型をしていて、意匠は
中心部を長方形に窓開けしたところに七福神の代表的な全体像をあしらっています。

弁財天のスタンプは原色は緑色っぽく、かなり薄く、かつ、かすれていたので
私のウデではこれが精いっぱいの復元です。

現在の名古屋には「なごや七福神」が真言宗のお寺さんで構成されていますが、
「開運七福神」はそこには一つも入ってはいません。
[ 2020/10/31 12:40 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

大名古屋七七福神(8)

大名古屋七七福神スタンプ展 寿老人

【大名古屋七七福神 寿老人】

このスタンプ帖の最終ページは寿老人です。
このページもよく見るとスタンプの押し間違いがあるようです。本来なら見開きページの
左端は蓬莱七福神のスタンプなのですが、なぜかそこには主催者印のようなスタンプが
押されています。

それでは順番に見てゆきましょう。

・開運七福神 八角堂法蔵寺 中区水主町→現、中村区名駅南二丁目3番18号
・東郊七福神 太平寺 中区広路町川名→現、昭和区川名本町4丁目24−7
・宝生七福神 スタンプなし
・熱田七福神 実相院 中道→現、熱田区伝馬1丁目4−16、ただし宝船
・呼続七福神 龍泉寺 南区瑞穂町井戸田→現、瑞穂区井戸田町4丁目90番
・金城七福神 成福寺 下飯田町→現、北区 瑠璃光町1丁目8
・蓬莱七福神 スタンプなし

スタンプが無いのは蓬莱七福神だけかと思っていたら、宝生七福神も押印されて
いませんでした。さらに熱田七福神は寿老人のスタンプが無い代わりに番外
別格宝船のスタンプになっています。
まあ、いろいろとあったのでしょうね。
[ 2020/10/29 20:42 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

大名古屋七七福神(7)

大名古屋七七福神スタンプ展 布袋和尚

【大名古屋七七福神 布袋天】

この大名古屋七七福神シリーズの記事を立ち上げるきっかけとなったのは、
蓬莱七福神の布袋尊天・東寺別院の記事からでした。
インターネットで検索する範囲内では大名古屋七七福神の情報が得られな
かったので、私の手持ちの資料でご紹介しようと思い立ちました。

・開運七福神 福泉寺 西区桶屋町→現、中区錦2丁目9
・東郊七福神 善昌寺 中区広路町石仏→現、昭和区石仏町1-80-2
・宝生七福神 長円寺 中村町→現、中村区中村町加藤屋敷3
・熱田七福神 福寿院 田中町→現、熱田区白鳥3丁目6−8
・呼続七福神 成道寺 南区呼続町→現、南区鳥栖2丁目15−22
・金城七福神 六通寺 東大曽根町→現、北区大曽根1丁目30−26
・蓬莱七福神 東寺名古屋別院→現、所在なし

スタンプ帖の真ん中の赤い布袋様は、呼続七福神の芳樹山成道寺さまなのですが、
そのようにはまったく読めなくて苦労しました。山号の「芳」は大丈夫でしたが
二文字目の「樹」に相当する文字は公文書館の学芸員さんに助けていただきました。
寺名の「成」「道」もてんで歯が立ちませんでした。
学芸員さん、ありがとうございました。
[ 2020/10/28 19:50 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

大名古屋七七福神(6)

大名古屋七七福神スタンプ展 弁財天

【大名古屋七七福神 弁財天】

七福神巡りも後半に入りました。
本日は弁財天さまです。スタンプを見ると、お持物である琵琶が3か所と最も多く、
ついで琵琶を弾かれているいるお姿が2か所と、例の小判型のスタンプもたぶん
同じかも知れません。にこやかなお顔は熱田七福神に共通のスタンプなのだと
わかってきました。

それでは、七七福神を見てゆきましょう。

・開運七福神 七寺 名古屋市門前町→現、中区大須2丁目28
・東郊七福神 不動院 東区千種町中道→現、不明
・宝生七福神 龍潭寺 野田町→現、中川区野田3丁目187
・熱田七福神 弥ろく院 幡屋町菖蒲池→現、熱田区旗屋2丁目25−13 弥勒院
・呼続七福神 白毫寺 南区呼続町→現、南区岩戸町7−19
・金城七福神 西来寺 西区田幡町→現、北区金城3丁目9-33
・蓬莱七福神 観音寺 松河戸→現、春日井市松河戸町824 東風記念館のところ

東郊七福神の不動院さまはわかりませんでした。
東区千種町中道は現在の千種三丁目にすっぽりと入るそうで、そこに現存する
寺院は吹上寺さまと永昌院さまなのですが、決め手に欠きました。

蓬莱七福神の観音寺さまは、松河戸なので瀬戸電の沿線事業と考えると
現代の感覚だと随分距離がありますね。むしろ、勝川からのほうが近いような
気もしますが。
[ 2020/10/27 21:23 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

大名古屋七七福神(5)

大名古屋七七福神スタンプ展 福禄寿

【大名古屋七七福神 福禄寿】

スタンプ帖の次のページに進みます。
今回は福禄寿さまです。
何回かにわたって眺めていると、七福神巡りのコースによって、スタンプの統一性が
見えてきました。とくに開運七福神コースのスタンプは縦長小判型は見事に統一
されていますね。

それでは福禄寿に相当するお寺をいつものように見てゆきましょう。

・開運七福神 高顕寺 中区下日置町→現、中区橘1-3-23
・東郊七福神 弁財天様のスタンプが押してありますが正しくは
       浄元寺 中区御器所町→現、昭和区村雲町14−17
・宝生七福神 観音堂 東宿→現、中村区東宿町2丁目 観音禅寺
・熱田七福神 蓮花院 大瀬子町中瀬子→現、瑞穂区前田町1-20
・呼続七福神 法泉寺 南区呼続町→現、南区呼続2丁目1−21
・金城七福神 乗円寺 萩野下中切→現、北区中切町2丁目61
・蓬莱七福神 法輪寺 大森→現、守山区大森3丁目

今回は東郊七福神で思いもよらないことに弁天様のスタンプが押してありました。
もしかしたらと思って翌日予定の弁天様のページをめくりましたが、
まったく同じスタンプでした。東郊七福神の福禄寿スタンプは幻となりました。
[ 2020/10/26 21:20 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

大名古屋七七福神(4)

大名古屋七七福神スタンプ展 毘沙門天

【大名古屋七七福神 毘沙門天】

スタンプ帖の次のページは毘沙門天さまになっています。
毘沙門天さまは古代インドの仏神で、別名多聞天さまのほうが通りがよいかも知れません。
私たちがよく目にするお姿は片手に仏塔を持っていらっしゃる形で、この仏塔の中には
高僧が何人かいらっしゃって、毘沙門天さまに意見を具申されるとか聞きました。
ゆえに独断専行ではなく、多くの意見を聞く天の神さまで多聞天さまなのだとか。

今回のページから読み取れる毘沙門天さまに対比されるお寺さんは次の通りです。

・開運七福神 法応寺 中区白川町→現、千種区青柳町6丁目25
・東郊七福神 松林寺 東区田代町→現、千種区丸山町1丁目38番地 
・宝生七福神 弘法堂 横井山→現、中村区横井山緑地公園山頂
・熱田七福神 喜見寺 曽福女→現、熱田区神宮2丁目7−2
・呼続七福神 笠覆寺 南区笠寺町→現、南区笠寺町上新町83(笠寺観音)
・金城七福神 新福寺 庄内町→現、西区名塚町2丁目60番地
・蓬莱七福神 宝勝寺 尾張国守山→現、守山区市場4

他のお寺さんと同様に戦前と現在とでは、お寺さんの所在地が変わることが
ままあるようです。戦災、伊勢湾台風、区画整理などでしょうか。

毘沙門天さまのスタンプはシンボルである宝塔をあしらったものと、
お姿を描いたものがともに3件で、残り1件がお顔となっています。
また開運七福神コースはほかと同様に縦長の小判型となっています。
多く、
[ 2020/10/25 12:05 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

大名古屋七七福神(3)

大名古屋七七福神スタンプ展 大黒天
【大名古屋七七福神 大黒天】

序列の二位は大黒天さまだそうです。
昔むかし歌った「大黒様」は調べてみると、明治38年の文部省唱歌なのですね。

大黒様のページにも7か所のスタンプが押されています。
右上の開運七福神は前回ご紹介の恵比寿様と同じで小判型をしています。
それでは七七福神を詳細に読み取ってゆきましょう。

・開運七福神 本遠寺別院 東区桜町3丁目→現、中区錦3丁目(ただし、所在なし)
・東郊七福神 光正院 東区千種町元古井→現、千種区今池1丁目5−26
・宝生七福神 観音堂 中区牧野町→現、中村区太閤5丁目2−10
・熱田七福神 大薬師 熱田区高蔵町→現、熱田区高蔵町
・呼続七福神 清水閣 南区呼続町→現、南区呼続4丁目13−18 長楽寺
・金城七福神 大黒殿 西志賀町→現、北区元志賀町2丁目127 霊源寺
・蓬莱七福神 長慶寺 小幡→現、守山区小幡中2-24-45

スタンプの意匠は、俵の上に乗った代表的な二つ、大黒様のシンボル的な
お持物である打ち出の小づちが4、ニコヤカなお顔が一つとなっています。

今回の大黒様に相当するお寺は、すでにその場に無かったり、スタンプの寺名と
異なっていましたので、少し不正確なところがあるかも知れません。
[ 2020/10/22 21:01 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

大名古屋七七福神(2)

大名古屋七七福神スタンプ展 恵比寿
【大名古屋七七福神 恵比寿】

大名古屋七七福神スタンプ展のスタンプ帖の表紙をめくると、最初の七福神様は恵比寿さまから
始まっています。七福神の神々の並び順は諸説があるようですが、現代版の七福神でも恵比寿天を
序列一位にしているケースが多くあります。

それぞれの七福神巡りで恵比寿天に対比させているのは次のお寺です。

・開運七福神 蔵福寺(ぞうふくじ)南区熱田市場町→現、熱田区神宮2丁目11−12
・東郊七福神 龍興寺(りゅうこうじ)中区御器所町→現、昭和区御器所3丁目1−29
・宝生七福神 光明寺(こうみょうじ)中村区岩塚町→現、中村区岩塚町郷中90
・熱田七福神 等覚院(とうかくいん)熱田区大瀬子町→現、熱田区大瀬子町820
・呼続七福神 東宝寺(とうほうじ)南区西桜町→現、南区西桜町98
・金城七福神 松音寺(しょうおんじ)萩野村→現、北区光音寺町2丁目93
・蓬莱七福神 良福寺(りょうふくじ)印場→現、尾張旭市印場元町1丁目15−19

スタンプのデザインを見比べますと、恵比寿さまはタイを釣っている座像が多いことから、
スタンプにも鯛をあしらったものが3点と一番多く、次いでニコヤカなお顔が2点、
座像に近いものが2点となっています。
[ 2020/10/21 22:34 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)

大名古屋七七福神(1)

大名古屋七七福神スタンプ展 表紙

大名古屋七七福神スタンプ展 寿老人


【大名古屋七七福神スタンプ展スタンプ帖】

関連記事 [ 蓬莱七福神 ] を含む記事

前記事である「東寺別院」にて蓬莱七福神について触れましたが、昭和初期から戦前までの間
交通網の発達と、その沿線への集客増加を狙って、手軽な庶民信仰的な娯楽である七福神巡りが
各地で流行したようです。

今回は瀬戸電の沿線での蓬莱七福神巡りから少し視野を拡げ、当時の名古屋市における七福神巡りを
眺めてみたいと思います。

上の画像は当時の「大名古屋七七福神」のスタンプ帖です。
どのページ、つまりどの七福神からご紹介すべきなのか迷いましたが、今回は表紙と最終ページを
掲載いたします。

まず名称から。
単に七福神ではなくて「七七福神スタンプ帖」であることにご注目ください。
つまり七福神巡りのコースが当時の名古屋に七つあったことに由来します。
瀬戸電沿線の蓬莱七福神巡りはその一つだったのですね。

スタンプ帖全体から読み取れる七福神巡りの七コースは次の通りです。
上の画像で右から、
・開運七福神
・東郊七福神
・宝生七福神
・熱田七福神
・呼続七福神
・金城七福神
・蓬莱七福神
このページだけでは読み取れませんので、他のページを併せて判読しました。
またこのページに限っては蓬莱七福神のスタンプがないのも引っ掛かります。


大名古屋七七福神スタンプ展主催の印

【主催のスタンプ】
今のところこのスタンプ帖の出所、由来はわかりませんが、大名古屋七七福神スタンプ展
という名称の入ったスタンプが最終ページの寿老人に押印されていることから、たとえば
松坂屋あたりでそういう催事があり、そこでの即売品として頒布されていた可能性もあると
思います。

主催者のスタンプには反時計回りで文字が入っていて、前述の「大名古屋七七福神
スタンプ展」に加えて、少し小さな文字で「名古屋趣味のスタンプ会」と彫られているのが
読み取れます。
次回からはほかのページを順次眺めてみたいと思います。

文中の文字はすべて新字体に置き換えてあります。

[ 2020/10/18 10:31 ] 七福神巡り | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...