FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  仏像

恵那峡弁財天(2)

恵那峡弁財天20191027(2)
【現地にある解説パネル】

 このパネルには次のように書かれています。
「大井ダムができる前、この弁天島は木曽川中心部に向かう小高い山だったとされる。
弁財天はこの山に江戸時代中期頃に祭祀されたといわれる。その後、大井ダムの
開発に伴い現在のように小島の形になり、幾多の護岸工事によって守られ現在に
至っている。現在も河川の治水や音楽、弁財、福智、延寿、除災、得勝を司られて
いるといわれる。」


勝川勝満山大師殿絵葉書4枚
【勝川勝満山大師殿絵葉書4枚】

 この画像は昭和初期に勝川駅からほど近いところに大仏様が建立されたときの
絵葉書です。弘法大師と不動明王それに弁財天の3像と、全体の様子の4枚組です。
かっては田畑の中でよく目だったことでしょうが、現在では高い建物が多く、大仏様と
いえども下調べをしないで闇雲に探しても見つけるのは容易ではありません。
 さて、この中の弁財天さまのお話です。
現在のお寺には弘法大師と不動明王は存在していますが、弁財天だけはどれだけ
探しても見つかりません。絵葉書をよく見ても背景が微妙に違うので、少なくとも
並んで建立されていたのではなかったようです。


勝川勝満山大師殿一願成就弁財天
【4枚組絵葉書から弁財天のみ】

 私はこの4枚組の絵葉書を数年前に入手していました。それはただ単に郷土史の
関連の収集であって、自分のテリトリー外まで手を伸ばそうという野心があった訳
ではありません。私も入手した時にチラっと一瞥したのみで、そのままアルバムに
保管したほどですから。
 それが約1年前、お若いけれども気鋭のコンクリート像研究家の書かれた、勝川駅前
勝川勝満山大師殿に関するネット記事を拝見して、とっさに私の保有している
絵葉書のことだと直感し、連絡をとらせていただいたのが今回の恵那峡行きの
動機につながっています。

つづく
スポンサーサイト



[ 2019/11/03 08:50 ] 仏像 | TB(0) | コメント(0)

恵那峡弁財天(1)

map20191027(1).jpg
【恵那峡の位置】

 風光明媚なダム湖に弁財天様がいらっしゃるとのことで拝観しに行きました。
2019年10月27日(日)第48回恵那納涼水上花火大会との両鑑賞でのことでした。
恵那峡は名古屋住みの立場では、恵那峡ランドの名称としてときどき見聞きする
程度で実は知っていることはあまりありません。
一つには中央道、国道19号線、JR中央本線から離れていて、少なくとも車窓から
見られるというものではないのですから。

 わが家では子供が生まれる前後に観覧車のある遊園地に来たことがありましたが、
峡谷にまたがる橋の雄大なこと、わずかな距離が有料であったことを覚えている
くらいで弁財天様については覚えていないし、だいいちダム湖の湖面まで近寄っても
いないはず。今回はそんな恵那峡の弁財天様のお話です。

弁天島20191027(1)
【恵那峡の弁天島】

 恵那峡の観覧車の対岸にさざなみ公園と名付けられた遊覧船乗り場があります。
その一角に弁財天様をお祀りした弁天島があり、小さな橋で陸とつながっています。
大井ダムのダム湖は満々と水をたたえ、湖面はわずかにさざなみがあり、文字通り
「さざなみ公園」の趣でした。


恵那峡弁財天20191027
【恵那峡弁天島の弁財天様】

 そしてこちらがお目当ての弁財天様です。
インドにルーツがあるとされる日本古来からの弁財天さまではなく、江戸期以降の
七福神信仰の中に描かれている天女が楽器を奏でているスタイルです。
また水の神としてお祀りされていることが多い龍神を従えているのも比較的新しい
お姿です。


恵那峡弁財天20191027(2)
【現地にある案内パネル】

 弁財天さまのかたわらに簡単なご案内のパネルが設置されています。

つづく
[ 2019/11/02 08:24 ] 仏像 | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...