わが町 守山区 TOP  >  ループアンテナ

1月4日(日)

同軸ケーブル約25mを使った巨大ループアンテナの動作がうまく行かなかったので、それは放り出しておいて、次のループアンテナに取り組みました。と言っても、前に使っていたものを引っ張り出しただけなんですが。

20090104(1).jpgシステムの名前は、Wellbrook ALA1530S Screened Loopといいます。
化石師匠との会話の中で、ALA1530Sのシールドループ用ユニットを単品でいいので、Wellbrookに作ってもらえないかなぁと言う提案を受けて、オーナーのAndyさんに交渉して作ってもらいました。
その時に作ってもらったのは化石師匠と私の分だけでしたが、後日NGOさんも独自に手配されて入手されたとのことです。
この屋外ユニットには、同軸ケーブルを素材としたシールドループを接続するためのBNCコネクタが2個と、出力用のBNCコネクタが1個ついています。増幅はアンテナ直下の屋外ユニットと、室内のアンテナI/Fの2段で行われます。何も対策をしないと、このすさまじい2段増幅のために、都市部でのDXingはスーパーローカル局による相互変調の嵐で聞こえたものではありません。

ネガティブな対策は、このシステムを月曜早朝のみに使うと割り切ることです。
中波バンドに超強力局さえ無くなれば相互変調が発生しない理屈です。

もう一つの対策は室内ユニットを増幅無しのもの、例えばALA1530ノーマルのユニットに交換して、2段増幅から一段にすることです。これは室内だけの変更作業ですので、月曜早朝を迎えて「ここ一番!」と言うときには元に戻せるメリットがあります。

さて、今回の私のシステムは、素材には同軸ケーブルS-5C-2Vを約12m使い、それを▽逆三角形にして展張しました。▽の上辺はグラスファイバー工研の4mロッドを1本使い、二つの斜辺はサポートなしで、そのまま給電部に導いています。この状態でフルゲインにして、在名古屋ローカル各局はおおむねS=9+40-50dBに達して、PERSEUSの画面には見たことが無かった「ADC CLIP」の赤文字の警告が表示されました。つまりADコンバータが飽和してクリップしているよと言う意味です。ここまでは想定どおりです。

20090104(2).jpgさて、どうしたものかと考えて、ふと昔いたずらでシールドループにクランプコアをパッチンしたら利得が低下したことを思い出して、左右均等にクランプしてゆきました。その結果、確実に利得を下げることができ、ほぼ稀にしかワーニングが表示されないレベルにまでコントロールすることが出来ました。その時のクランプコアの数は左右とも5個ずつでした。

私はいかに音がピュアに聞こえるかがループアンテナ成否のカギだと思っております。
Sメータが景気良く触れるだけで、ノイズしか拾わないアンテナなんぞは何の役にも立ちません。その判定にはいつも1620kHzの路側を聞くことにしています。このアンテナはノイズっぽいところはありますが、音的にはまずまず合格点だと思います。
スポンサーサイト

ΔLOOP6の自作

1da1e.jpg


下の写真のセットを作っていて、006P用の電池ボックスのフィーリングがイマイチでした。ふと以前作った影山さんの、ΔLOOP6の時を思い出しました。この時も確か同じ電池ボックスを使っていて、電池の収まりの悪いボックスだなとイヤな思いをしたからです。

ところで私が「ΔLOOP6」を製作って?、本当に作っていますよ。判断をするには作らないことには始まりませんからね。
FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ